こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ネット右翼の様にネットと右翼という言葉を結び付け一つの語とした外国語はありますか

現在日本ではネット右翼と言う言葉が、特にインターネットの中で非常によく使われている様に思います。そして大概ネガティブな意味で使われています。それに比べてネット左翼と言う言葉はあまり頻繁には使われません。ためしにGoogleで検索にかけてみたところ以下のような結果が出ました。

ネット右翼 887,000 件

ネット左翼 671,000 件

これだけではそれほど差がないように見えますが、ネット左翼のほうは、ネットと左翼という言葉が文章中に含まれているが故に出てきたものも多くありました。さらに同様の意味で使われている以下の言葉に対しては明らかな差が出ました。

ネトウヨ 2,590,000 件

ネトサヨ  6,080 件

Wikipedia にも、ネット右翼という項目はあるのにネット左翼はありません。また、マスコミや知識人が時折ネット右翼を取り上げるのに対してネットで左翼活動している人々の事をネット左翼と称して取り上げるのはあまり見た事が有りません。

右翼と左翼はそれ自体としては政治的な立場を表してるに過ぎないので価値判断としては中立な言葉です。言葉の使われ方の頻度にこの様な差が出るのは不自然な印象を受けます。そもそもインターネットで使われる場合わざわざネットという言葉を付けなくてただの右翼でいいような気もします。インターネットを使って宣伝活動を行っている団体にとりたてて右翼が多いとも思えませんし、右翼がインターネットを使ったからといってことさら特殊な扱いをする必要があるのでしょうか。

また、ごく一般的な愛国的意見を表明している人に対して、その意見に反対する立場の人による否定的なレッテル貼りとしてもこの言葉はよく使われます。右翼的な立場の人が左翼的な意見の相手を非難する場合にはネット左翼という言葉はあまり使いません。もっと直接的な否定の意味を含んだ言い方をします。これはおそらく左翼より右翼のほうがネガティブな意味に捉えられているからです。ネット左翼ではそれ自体ネットにいる左翼という意味しかなく、否定のレッテル張りとしては、左翼が悪い物であるという認識を共有していない限りは、成り立たないからです。逆に言えば右翼が悪い物だという認識は広く普及しているとも言えます。しかし共産主義国家があれほどの悲劇をもたらしたあげくそのほとんどが崩壊してしまった事を考えるとこの状況は現実を反映していないように思えます。

右翼がインターネットにいるという事で何か特別な存在になるのでなければネット右翼という言葉が発生する必然性は無いはずです。これは、その存在自体がそうなのか、それとも、その言葉を使う側の認識がそうなのか、両面から考える必要があります。その様な事を考えていて、ふと、外国ではどうなのかという疑問が浮かびました。Wikipedia ではネット右翼という言葉の外国の項目はフランス語と韓国語にしかなく、フランス語版にはそのまま Netto uyoku という項目になっており、韓国においても同様でした。内容についてはあくまで日本のネット右翼についての説明のようでした。この様な事を考え合わせると、右翼をネットにいるという事だけで特別の存在として扱っているのは、もしかして日本だけなのかもしれません。

この事を分析するのに外国の状況を広く調べる必要があります。外国で、インターネットという意味の言葉と右翼という意味の言葉をくっつけて一つの言葉としているような語はあるのでしょうか。もしあれば、それはどこの国で、どのような使われ方をしているのでしょうか。あるいは無いと言う情報でもかまいません。たとえば、フランスにはそれに相当するような言葉は無い、というような。ご存知の方がいらっしゃいましたらぜひお教え頂きたいと思います。宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-03-31 20:16:31

QNo.5793173

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

私はこの質問、「ネット右翼の様にネットと右翼という言葉を結び付け一つの語とした外国語はありますか」にもっと本質的なアプローチで言語学を大学で学んだ人間として答えていきたいと思います。
「ネット」と「右翼」ですよね。これは形態論でcompoundingといいます。二つの単語を結合させて新しい一語をつくる語形成です。日本語で言っても、この場合、右翼が主辞、つまりメインですね。これをrightheadednessといいます。ネットとはインターネットのことで、右翼は政治的に国粋的であることを意味します。本質的に言うならば、外国語にこのような語形成はありえます。ごく自然な事でしょ。ドイツでインターネットでネオナチが集中的に行動をしているのならば、こういう造語が生まれてもおかしくありません。英語で言うなら、cyber-naziのようにハイフンを使って、新しい一語を作るというのはよくやることです。ネットをいろいろな言葉でパラフレーズしてみる、右翼を違う表現でいってみる、そんなことをすれば無数の語形成ができるでしょう。ですから外国語でネトウヨのような表現が生まれるのは考えられることです。
 もうひとつの質問のなぜネット右翼は頻繁的に使われるのに、ネット左翼は比較的使われないのかは、データ的に見れば、やはりネット右翼のほうが多く使われているので、必然性があるのかと思います。
理論的に考えてみれば、左翼の勢力が後退したからでしょう。ソ連が崩壊し、中国の社会主義経済を放棄したことを見れば、それは理解できます。つまり理論としての左翼は弱いわけです。それに対して、右翼といえば、世界各地でナショナリズムの嵐が吹いているわけです。国粋勢力は血気盛んなわけです。日本でも以前からみれば少し衰えましたが(民主政権によって)、左翼から見れば強いわけで、それゆえネット右翼の出現頻度がたかいのは理解できるところです。
以上でいかがでしょうか。

投稿日時 - 2010-04-24 04:19:07

補足

回答どうもありがとうございます。
言語学的にそれらの造語がありえるというのは私もそう思います。私の疑問をもう少し詳細に述べてみます。

言葉というのはその対象となる物を十分表現する為、様々な物を組み合わせて作るという事は、仰るとおりいくらでも出来ると思います。
しかしそれが多くの人々に使われていないのであれば、あくまで便宜的に組み合わせた単なる説明に過ぎず、一つの言葉として認識されているとはいえないのではないでしょうか。この場合の一つの言葉とは文法的に一つの単語として扱われるという意味ではなく、一定数の人々が互いに共通の認識や価値観を持ち、その文脈で共通した使用の仕方をする物と考えます。例えば

テレ・ビジョン=テレビ
パーソナル・コンピューター=パソコン

といった感じで完全に一つの語として定着してる物の事です。
google検索において、ネトウヨが2,590,000件という膨大な数出てくるのをみると、既にこの言葉はそのような物になっているのではないかということです。
(ちなみに右翼が3,290,000 件で、左翼が2,920,000 件でした)

このような観点から言ってネット右翼という言葉が日本と同様に定着している国や地域はあるのだろうかというのが私の疑問の本質です。

あと、左翼の勢力が衰退したというご指摘は仰るとおり確かにそういった側面もあります。しかし近代の政治思想史の流れで見ると必ずしもそうではなく、むしろ一層強力になって来ていると見ることもできます。共産主義は民主主義の発展形態の一つに過ぎないのであって、例えばアメリカなどは自由や平等、人権といった価値観で社会システムを実験的なまでに推し進めようとする点から見ると明らかに左翼国家です。日本においても「改革」という言葉が引っ切り無しに、しかも必ず肯定的な意味で使われているのを見ると明らかに左翼の勢力は増しているようにみえます。

>日本でも以前からみれば少し衰えましたが(民主政権によって)、左翼から見れば強いわけで、それゆえネット右翼の出現頻度がたかいのは理解できるところです。

このご指摘に対して、多少関連があるかもしれない私の考えを述べてみたいと思います。

ネット右翼という言葉は思想的に中道な一般人が使うのではなく、おそらくそれに対立する思想の人々が主に使っているのではないかという印象を持っています。
以前いただいた回答に対する補足でも少し述べましたが、日本においては右翼という言葉自体に左翼よりもネガティブなイメージがあります。戦後の様々な事情によりそうなったのだと思いますが(2.26事件を起こした青年将校たちは当時、革新将校という今から見ればまるで逆の意味の言葉で呼ばれていました)最近良く感じるのは、テレビなどの大手メディアとインターネット上で見られる政治思想上の言説にある大きな乖離です。単純化して言えば

大手メディア(大手新聞、テレビ)=左翼
インターネット(ブログ、掲示板)=右翼

という事です。
あくまで仮説ですが、インターネットというのは今まで無かった全く新しい物なので、その中に大手メディアが排除してきた言説があふれ出した事により新しい概念としてのネット右翼という言葉を必要としたのではないかという事です。
ただ、これは諸外国と比較して考察しないとなかなか答えは出せないと思います。
そう言った事からも、引き続きこの件に関する新しい情報や知見が御座いましたらどうか御教授下さいます様、宜しくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2010-05-29 22:45:35

お礼

返事が大変遅くなってしまい、どうも済みませんでした。
専門的な知見からの丁寧な回答、どうも有難う御座いました。

投稿日時 - 2010-05-29 22:56:11

ANo.1

ドイツ語単語をを組合せいろいろと検索してみましたがこれと言った
語は見つかりませんでした。

ドイツ語は造語能力の極めて高い言語で、例えば
sauer 酸っぱい、Stoff 素材、Mangel 欠乏、Erscheinung 現象 から
Sauerstoff 酸素、Sauerstoffmangel 酸素欠乏、
Sauerstoffmangelerscheinung 酸素欠乏状態 と言う具合に
いくらでも造語できます。

しかし、ネット右翼の場合は
ネット=Internet, Web, Net, Netz 他、右翼= Recht(e), Nazi 他で
組合わせて見つかったものは
Internetrecht(e) 等で、この場合の Recht は権利でインターネット
上での権利と言う意味で使われています(英語のrightも権利です)。

唯一近い表現として
Cyber-Rechte サイバー右翼が有りましたが、これもCyber-Racism
と同じように‐で結んでいる点から一般的では無いようです。
Cyberrecht(e) と書いて権利を表している人が多いようでが、これも
定着している表現では無いようです。
http://www.sueddeutsche.de/politik/955/481427/text/

IRCという略号も有りましたが、これはInternet Rechtsradikalen Chat
の意味でInternet Relay Chatをもじって揶揄したものでした。
http://www.stupidedia.org/stupi/IRC

スラングには有るかも知れません。現地に住んでいる方々の意見を
待ちたいものです。

投稿日時 - 2010-04-02 21:07:06

補足

実はこれと同様の質問を以前別のサイトでした事があるのですが、その時解答に Neo-Nazi が相当するのでないかとの意見が寄せられました。私の質問は

「ネット右翼に相当する言葉の外国語で、ネット上の右翼、とか、ネットにいる右翼、とかではなく日本のように一つの単語として使われている外国語はないか」

という物で、私としては Neo-Nazi という答えが返ってくるのは想像しておりませんでした。この言葉にはどこにもインターネットという意味も右翼という意味も無いからです。

drmuraberg様もやはり、右翼= Recht(e), Nazi としておられますが、もちろん何がしかの関連性がありそうな言葉を組み合わせて調べるという事は非常に有益な調べ方なのでこの事を否定する物ではありませんが、右翼以外の言葉でナチが筆頭に上がってくる所にどうも私は違和感を覚えてしまいます。おそらくドイツにおいて、右翼=ナチという認識が一般にあるのでしょうが、それはその様なケースも有るという事に過ぎないのではないでしょうか。つまり、本質としては左翼=ナチでも構わないのではないかという事です。辞書で見るとナチズムNazismus は Nationalsozialismus で国家社会主義のことです。しばしば全体主義国粋主義者を指して使われますが、これは左翼であっても当てはまります。Wikipedia を参考にする限りですが、ネオナチと呼ばれる人々はヨーロッパに広く分布してる様で、ロシアなどにもいるのですが、そのような人は旧ソ連時代の共産主義と結び付いているという事です。

また、Nszi は現実に存在した物であり具体的なモデルがあるのに対して右翼というのは近現代における政治思想的観念です。元々フランス革命時の議席位置から来た言葉で、それが転じて、進歩思想により、民主主義のより進歩的な方向性を左翼、その反対を右翼として捉える様になりました。民主主義の発展が何故全体主義なのかという疑問を持つ方もいるでしようが、民主主義の自由の観念を人間性の開放と捉える時、全くの放縦や放蕩すなわち無秩序と捉える事が出来ると同時に、有り得べき人間の姿、つまり真の人間性というものを考え、それを実現する事こそが真の解放なのである、という考え方も成り立ちます。単純化して言えば、前者の代表がアメリカであり、後者が旧ソ連です。

ただ、日本とドイツが共に第二次大戦の敗戦国である点で日本の右翼がドイツのナチに準えて捉えられるというのは解るような気もします。つまり占領中権力者であった戦勝国側により敗戦国を悪としてその旧体制を否定する体制が戦後作られた。現代の政治思想が民主主義を主軸としている以上、枢軸国も民主主義(ヒトラーも選挙で正当に選ばれている)に変わりなく、進歩思想的な発展軸上に位置付けて考えれば、戦勝国側が正義、正当であるとするなら連合国側のほうがより進んだ民主主義国即ち左という事になり敗戦国側は遅れた民主主義即ち右翼だったという事になります。

                    右翼            左翼
現代政治思想軸(民主主義) -----------------------------→進歩
                   (枢軸国)          (連合国)
                    日本            アメリカ
                    ドイツ           イギリス
                    イタリア          フランス
                                   ソ連
                                   中華民国

ただ、ナチが民族絶滅政策を実行したが故に否定的に見られているのに対して、その様な事をしていない日本の右翼を同列に見立てるのは無理があるようにも思えます。また、同様に敗戦国であるイタリアではどうなのかという疑問もあります。日本にはナチに相当する具体的な物が無いから政治観念である右翼がそこに当てはめられたといった所かもしれません。日本で右翼という言葉が左翼に比べてこれほどネガティブなイメージで捉えられているのは、そういったところに遠因があるかも知れません。それが何故ネットという言葉と結び付いて「ネット右翼」という観念になって出てきたのか。そのへんの事をこれらを参考にさせていただいた上で今後より深く考えて行きたいと思います。

投稿日時 - 2010-04-03 15:57:05

お礼

わざわざ調べて下さって有難うございます。

Cyber-RechteやIRCといった大変参考になる情報を与えてくださった事に感謝いたします。

ドイツでは少なくとも一般的に使われているとは言い難い様ですね。

また何か新しい事が解りましたらどうかご教授下さいますよう宜しくお願いいたします。この度は本当に有難うございました。

投稿日時 - 2010-04-03 16:01:03

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-