こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私は非常に気が小さく、人からきつく言われたり、自分を否定されるような事

私は非常に気が小さく、人からきつく言われたり、自分を否定されるような事を言われると、すぐ、へこみます。気が強くなる、つまりメンタルがタフになる方法はありますか?

投稿日時 - 2010-03-20 20:43:45

QNo.5766866

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

最初はなかなか慣れないかもしれませんが、
本当に自分の責任や関係のでないことで、
責められたり否定されたりしたら、
「はいはい」と受け流す訓練や
「この人は器の小さい人なんだな。反面教師!」と、
とにかく、受け止めないようにしてみることです。
これはなかなか最初は難しいかもしれませんが、
とにかくやってみましょう。
相手は自分に否があることを前提で言ってきますが、
「やってしまった!」とすぐに自ら思ったことでなければ、
とりあえず、「すみません」と言っておいて、
後から本当に自分に否があるかどうか考えましょう。

他には、へこんだときになんでも相談できる、
すぐにへこむ自分の性格をわかってくれる友人を持って
相談することも大きな解決策ですね。
これはイコールメンタルタフではありませんが、
後ろ盾があると大きな力になります。

最後に、すでに回答されていますが、
運動はいいですよ。
ジムに通うのもいいですし、家の周りを走ったり、縄跳びをしたりでもいいですので、
有酸素運動で汗を流してみてください。
きつい運動をした後は、なんかすっきりしますよ。
だまされたと思って、嫌なことがあった日は体をきついくらいまで動かしてみてください。

投稿日時 - 2010-03-21 00:25:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

気が小さいことを嘆いてらっしゃいますが、気が大きいからとか気が強いからいいというものでもありません。
むしろ気が小さい人も大きい人もいるからこそ、豊かな個性の花が咲き乱れて、社会という花園の賑わいを見せているのだと思います。
あなたのように自分がへこむことが多い人は、同じような人の気持ちがわかりもするし、そういう意味で、自分の受けた傷を人への優しさに変えられるのです。傷や痛みがわからない人では、人への細やかな愛情も生まれないのです。
北斗の拳ではありませんが、自分が傷付けば傷つくほど、大きな愛を纏うことができるのです。
そういう意味で私は、願わくは人一倍傷つきたいと常々思っているところでもあります。
本当に強い人間は、痛みや傷を受け入れることのできる人間であって、痛みを平然と耐えられる人間は、強いかもしれませんが、愛は成長しないでしょう。
痛みや傷を耐えていく生きかたが強いのではなく、痛みは痛みとして受け入れながら、その傷を受けることから逃げたり避けたりしない覚悟ができる者こそが強いといえるのでは。愛というおまけつきでね。
そういう意味で、弱い者が強く、強いものが弱いという真理があるのです。

投稿日時 - 2010-03-21 14:07:35

ANo.5

自分の心の大きさと身体の大きさとバランスが取れている人はまずいないから安心してください。みんなそのように振舞っているだけです。

学者や理屈っぽい人は頭でっかちと言うでしょう。理論ばかりで実践が伴ってないからです。のみの心臓といわれる人もいますが、実際に心臓の大きさがのみくらいしかなかったら血液が全身に循環させることができないのでこれは心を指す比喩とわかります。東洋心理学です。

メンタル、心は強化できますよ。心強化法がありますのでそこで精神を望むところまで鍛え上げることができます。東洋心理学による心を鍛える塾ですね。

投稿日時 - 2010-03-21 08:08:25

>>気が強くなる、つまりメンタルがタフになる方法はありますか?

気が強くなる事はありません。
それはあなたが本来持っている、性質・性格だからです。

しかし、「気が小さい事」を「受容」出来たときに、何らかの変化が起こります。
まあ、類した事は色々と言われていますね。

が、この「受容」と言うのが中々難しい。

自分で「気が小さい」と言ったり、書いたりすること、した事が「受容」ではないですが、言ったり、書いたりした事が「受容」と勘違いしてしまう事がとても多いです。

コツさえ掴めれば「受容」など簡単ですし、性格改造?などの難行の取り組む必要もなく、楽に生きて行けます。

しかし「受容」は単純なだけにコツを掴むのが難しい。
課題はそれだけです。

投稿日時 - 2010-03-21 07:02:44

ANo.3

傷つきやすいにも探せば人それぞれに原因があると思います。
それを探し出して、傷ついたときにどう対処するかを考えることが大切だと思います。
自分に自信がない、あるいは自信過剰すぎる人は傷つきやすそうです。どっちも表裏一体って気がしますが。
適正な自信を得るには、ありのままの自分を受け入れる、ありのままの自分を恥じたり隠したり、否定したりしないことだと思います。
あと傷つかないことを前提に物事をやろうすると、傷ついたときの衝撃が大きかったように思います。傷つくことを異常に恐れすぎるというか。
人にキツイこと言われたからって取って食われやしない、周りもそんなに見ていない、と私は思うようにしました。

投稿日時 - 2010-03-21 04:38:23

体力的に強くなると自信がつき気持ちも強くなれます。

あなたは気が弱いのです。気が小さい=弱いではありません。
気が強くて気が小さい人が一番凶暴です。

投稿日時 - 2010-03-20 20:52:43

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-