こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

米国の連続TVドラマの 「ザ・インターネット」について。

質問:『何故、連続TVドラマ版の「ザ・インターネット」はDVD化(日本語吹き替え・字幕を問わず)されていないのでしょうか?』



解説
この作品には映画版も有って、日本で映画公開されたのは1995年(?)です。映画・ドラマ共、サスペンスとアクションと両方の要素があります。
(ストーリーについては割愛致します。ストーリーはWikipedia等に出ていますので、そちらをお読み頂けると有難いです。)
映画版では米国の女優・サンドラ ブロックが主演をしています。

映画が日本で公開された2年後の1997年には、米国にてTVドラマ版が製作されたようです。TVドラマ版の配役は映画版の配役と全く違っていました。
そのTVドラマ版は日本語吹き替えがなされ、2002年の10月辺りから翌年・2003年3月迄(?)日本でも放送されたのです。放送局はテレビ朝日系列で、放送時間は深夜。

映画版のDVDは店頭にも出回っていて、簡単に手に入れることが出来ます。
然し、TVドラマ版のDVDは店頭に無い様子。更には、何故かWikipediaや放送元のテレビ朝日、通販サイトでも(…というより [ネット上で日本語で表示されるページ全てにおいて] と言っても良い程)、TVドラマ版についての情報は一切扱われていないのです。「ザ・インターネット」のTVドラマ版は最初から存在しないかの様に。
出てくるのは映画版の情報だけ。

ここで、再度 私の質問の提示です。
質問:『何故、連続TVドラマ版の「ザ・インターネット」はDVD化(日本語吹き替え・字幕を問わず)されていないのでしょうか?』


此処迄読んで下さって有難う御座います。
皆様からの情報を御待ちしております。

投稿日時 - 2010-03-14 18:03:03

QNo.5751484

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

流れを作りそこなってしまったからではないでしょうか。
LOSTやHEROSのようなフィクションの要素が多いものは、少々年月が経っても違和感なく見ることができます。CSI:やBONESのように専門性が高いものは、少々陳腐化しても一般の視聴者は気に留めずに見ます。
しかし、ネットが一般化してしまった今では、少し前の手法を用いたドラマは受け入れにくい部分があると思います。公開当時は新鮮だった映画版(日本にはまだSOHOが少ない時代でした)も、今見ると盛り上がりに欠けるような…。
私は映画版しか知りませんので、放映されれば是非見たいと思いますが。

Wikipediaで取り上げられていないのは、やはりドラマの知名度が高くないせいでしょう。映画版の内容説明もあまり詳しくありませんし、熱心なファンが練り上げて作ったページではないように見えます。
わざと無視しているのではないと思いますよ。

なお、TVシリーズは1998年に製作されており、主演はブルック・ラングトン。昨年8月からつい最近まで三重テレビで放映していたようです。
allcinemaでは少しだけ解説で触れています。
http://www.sonypictures.jp/tv/shows/thenet-tvseries/index.html
http://www.page.sannet.ne.jp/cannon/each_i/internet.html
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=28595

投稿日時 - 2010-03-14 18:43:22

お礼

回答有難う御座います!

これです! 私が探してたのは!
よく見付けられましたね。

DVD化されないのもWikipediaで扱われてないのも、知名度が高くない為なんですね。

ブームという流れだとか、視聴率や人気度等を比べたら、
番組宣伝にも力を入れていた「CSI」シリーズや「24」シリーズの様なメジャーな作品に軍配が上がるのかな。

「ザ・インターネット(TVシリーズ)」が製作されたのは1998年なのですね。

この情報探し出すの大変だったでしょうけど、
色々と、調べて下さって有難う御座います!

投稿日時 - 2010-03-14 21:20:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-