こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人事業主が報酬が10%引きになった際の処理の仕方

在宅で翻訳の仕事をしていますが、先日依頼主からの入金が所得税を抜いた10%びきの値段で振り込まれました。

その際に、領収書はどのように発行するとよいのでしょうか?
うけとった金額を記入?それとも、10%のTAXをひく前の金額?

また、確定申告の際は、どのようにすればよいのでしょうか?

源泉徴収票はもらったほうがいいのでしょうか??

会計には全然くわしくなく、確定申告も今年で2回目です。
わかりやすく教えていただければと思います。
何も知らなくすみません。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-03-03 00:51:38

QNo.5720424

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

源泉所得税がひかれている場合には、あなたの税金をその会社が先払いしてくれているだけで、報酬が割り引かれたわけではありません。
ですから仮に依頼料が100,000円で手取りが90,000円だった場合でも、売上はあくまでも100,000円です。仕訳としては

<借方>
現金預金 90,000(入金額)
事業主貸 10,000(源泉徴収された分、個人として納める税金が少なくなるため)
<貸方>
売上 100,000

となります。これに基づいて確定申告をしますが、あくまで売上は源泉徴収前の金額であり、源泉徴収された金額は申告の際に納める税金から差し引かれます。

源泉徴収を受けたものについては、その内容のわかる書類を受け取る権利があります。経理処理の都合もあるので、必ずもらうべきです。なお、「源泉徴収票」というのは給料に使うものであって、報酬料金の場合には「支払調書」といいます。

領収書の書き方については↓を参考に。
http://oshiete.coneco.net/qa5680148.html

投稿日時 - 2010-03-03 01:10:10

お礼

会計の知識が全くない私にも、とってもわかりやすかったです!!!!!!

早速実行してみます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-03-03 08:54:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-