こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

確定申告。税理士さんと考えが合わない?

確定申告。税理士さんと考えが合わない?
土地を売却し収入がありました。確定申告を知人を通して紹介してもらった税理士さんにお願いしたのですが、思っていた納税額よりはるかに多く困惑しています。土地売却前に何社かの不動産会社に相談した際、その顧問の税理士の方に試算をしたものを提示してくれ、どれも同じ位の額だったのでその位だろうと思っていたのですが、お願いした税理士の方は考え方が違うらしく数百万も違っています…。他での試算がこういう計算でこの位だったと説明してもこれが正しいと言い切ります。私も税制には詳しくありませんが、どう考えても納得いかない部分があり了承できません。今更、別の税理士さんに相談し変えるか、税務署へ相談に行ったほうがいいのか、どうすればいいのかわからなくなってきました。百万の違いは大きいです。皆さんならどうしますか?何か良い方法はありませんでしょうか。アドバイスをいただければ幸いです。
(土地を売却した際に仲介に入った不動産業者とはトラブルがありとても怖い思いをしたので、一切連絡をとっておりません)

投稿日時 - 2010-02-19 19:50:22

QNo.5690086

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

土地の売却なので譲渡所得の分離課税の計算になり、最終的には総合課税とあわせて税額の計算になります。

数百万円の試算との差ということですが、売却額や取得費、費用がそんなに異なるはずは無いので、長期譲渡では地方税とあわせて課税額の20%の税率ですから、概算で計算できるでしょう。

何社かの不動産会社と言う書きぶりから、マンションか分譲用地の売却のようです。
差額の要因として可能性は、
・たとえば売却が優良宅地の適用があれば2000万円に対しては14%の税率になることから、120万円の税額が安くなること。
不動産業者とトラブルがあったと言う事で、この証明をもらっていないことはありませんか。

・これだけでは数百万円にはなりません。計算の根拠を簡単に説明してもらいましょう。税制に詳しくなくても聞けばこの税理士の算定の方法は理解できるでしょう。
売る前の試算とでは何か資料が足りないのかも知れません。
それで納得いかなければ、何が違うのかだけでもセカンドオピニオンとしてお願いしてみるのも方法かと。

投稿日時 - 2010-02-20 12:10:19

ANo.2

資産系税理士です。

ある程度の規模での売却の様子。
この場合は専門の税理士に、事前にシミュレーションを依頼されれば良かったですね。

もしかすると依頼された税理士さんは不動産税務に通暁していないのかも知れません。
今の税制、特に資産系の特殊な譲渡等は専門でないと難しい部分も多いです。

どういう経緯でその方に依頼されたのかわかりませんが、それだけ違うなら別の税理士に相談されては如何でしょうか。

今の税理士さんへの報酬はムダになりますが…。
又は二重手間になるかも知れませんが…。

投稿日時 - 2010-02-19 20:07:08

ANo.1

税務署がいいでしょう

投稿日時 - 2010-02-19 19:57:37

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-