こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

青色事業専従者と配偶者控除

個人事業主です。
深く考えずに、取り敢えず配偶者を青色事業専従者給与に関する届出書にて、給与を支払う届出をしてしまいました。
青色事業専従者は配偶者控除の対象外ですが、実際に対象外になるのはいつのタイミングでしょうか?
・青色事業専従者給与に関する届出書を提出した時点
・実際に給与を支払った時点
言い換えますと、確定申告に配偶者控除38万円を計上したいのですが、できるでしょうか?
昨年11月に届出をしましたが、実際に給与は支払っていません(支払っていないことにします)。
給与支払事務所等の開設届出書も11月から給与支払開始となるように提出しています。
また、源泉徴収の対象外となるように、届出書の給与は80,000円/月としています。

宜しくご教示のほど、お願いいたします。

投稿日時 - 2010-02-07 18:54:42

QNo.5657089

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

>実際に対象外になるのはいつのタイミングでしょうか…

去年の大晦日。
扶養控除や配偶者控除は、毎年 12月 31日の現況で判断します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

>実際に給与は支払っていません(支払っていないことにします…

それなら問題ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2010-02-07 20:04:30

お礼

mukaiyamaさん。早速の回答、有難うございます!
そのものズバリのリンクを有難うございます。とても助かりました。

タックスアンサーの検索をしてはいたのですが、見落としですね。
お手数お掛けしました。
有難うございました。

投稿日時 - 2010-02-07 20:24:22

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-