こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

白色申告とはどういう人がしているのですか?

私はIT関係で個人事業主として起業しようと思っている者です。
少し調べたところ、「個人事業の開廃業等届出手続」と「所得税の青色申告承認申請手続」を税務所に提出すればよいのですね?「青色申告」をすれば65万円までは税金がかからないこと、その代わり色々面倒な手続きが必要だということは分かりました。
それに対して「白色申告」というのがあるそうですが、これはどういう人が行っており、またどういうメリットがあるのでしょうか?
類似の質問もあるかと思いますが、質問内容が古くなっており、新会社法が施工されたこともありますのでお分かりの方、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2010-02-06 20:02:39

QNo.5654453

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

白色は、多くの自営業者が行っていると思います。
青にするか白にするかは個人の自由です。
売上げ(所得)が多くなる場合は、青色の方が控除枠が大きいので、それがメリットになるくらいでしょう。

青でも白でも控除可能な経費に違いは無いので、帳簿が面倒と思うなら白色でも全く問題無いですよ。
時期が来たら青色に変更する事も可能ですし。

>新会社法が施工されたこともありますので

会社(法人登記)の場合は、個人事業とは異なるので白も青もありません。
正しい納税申告が必要です。

投稿日時 - 2010-02-06 21:22:58

お礼

ご回答有難うございます。下の方とは逆に、白色から青色に変更することも可能なのですね。下の方にもお伺いしておりますが、最初の事業主登録のときに「白色申請」で登録申請することは可能なのでしょうか?
どのサイトを見ても、個人事業主で起業するときは、「個人事業の開廃業等届出手続」と「所得税の青色申告承認申請手続」を提出する、と書いてあるものですから・・・。
もしご存知でしたらご教示くださいませ。

投稿日時 - 2010-02-07 10:04:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.6

>最初の事業主登録のときに「白色申請」で登録申請することは可能なのでしょうか?

全て書類上の事ですから、難しく考える事はありません。
不明な点は税務署に電話すれば丁寧に教えてくれますよ。
そして、相手は役所ですから必要な書類が不足すればそれに応じた処理がされるだけです。
必ず必要な書類が不足するなら再提出等の依頼がありますし、不要なら手続きにミスは無いものとして連絡は来ません。

>どのサイトを見ても、個人事業主で起業するときは

正しく納税義務を果たしてもらうための基本的な記述なので、白色申告を行うなら気にしなくても良いでしょう。

開業届と一緒に「所得税の青色申告承認申請書」を提出した場合は、青色申告で行う事になります。
また、2つの書類をセットで提出する義務はありません。

青色申告承認申請書が未提出の場合、勝手に青色申告に変更されるような事もありません。
青色申告の廃止届けも用意されているので、必要に応じて廃止しても良いでしょう。(廃止後、青色に戻す場合は期間制限等を受けます。)

投稿日時 - 2010-02-07 10:37:13

お礼

早速のご丁寧な回答有難うございます。結局青色でも白色でも起業することは可能なのですね。税務署というと何か怖くて不親切なイメージがあったのでビビっていましたが、分からないことは素直に聞いてみます。有難うございました。

投稿日時 - 2010-02-07 10:59:48

こんばんは。記帳代行のKSKです。

多くの回答者様の言う通りなので別の視点からというか経験談からですが、申告する事業以外でヤバイことをしている人などは白ですね。
いつ来るか分からない税務調査ですが、余計な証拠を残さないため等さまざまです。

投稿日時 - 2010-02-07 01:42:31

お礼

ご回答有難うございます。なるほど、ヤバイことをやっている人は白色というのは分かります。税務調査というのはいきなり家にやってきて家宅捜索など受けるものなのでしょうか?相当稼いでいたり恨みを買ったりして誰かが税務署にタレこんだりした場合のことだと思いますが。
無論私は脱税する気などは全くありませんが…。

投稿日時 - 2010-02-07 10:08:03

ANo.3

白と青は
主に帳簿の付け方と、控除の種類と額が違いますが、やる内容は同じで簡単かちょっと難しいかだけの差です
白の帳簿は家計簿のようで簡単です
一方青色は数年前からそれを選ぶには複式帳簿を求められるはずなので、えっ?と感じるかもしれませんが、申告だけの帳簿作成なら、ある一定の法則さえ掴んでしまえば慣れの問題で解決しますし、青色の確定申告でさえ自分でできます
最初青色にして、どうしてもダメだと思ったら白に変更できますから、悩まなくても平気ですよ

投稿日時 - 2010-02-06 20:57:24

お礼

ご回答有難うございます。青から白に変更することができるのですか!新たな疑問なのですが、最初の開業手続きのとき、最初から「白色申告」で登録することは可能なのでしょうか?なにぶん初年度から65万円もの利益が出るとは到底思えないものですから。
税務署に聞けばいいだけのことですが、もしご存知でしたらお願いします。

投稿日時 - 2010-02-07 10:01:25

ANo.2

個人事業と会社法は無関係です。
私は超零細個人事業を営んでおります、白色申告です。
青色申告では経理の知識がある、あるいは税理士を頼まなければ確定申告が出来なさそうです。
一方白色申告の場合は収支さえきちんと記帳してあれば自分で確定申告が出来ます。
ネット上で簡単に作成できますから手軽です、経理の知識も不要です。
事業利益が僅かなので白色で充分なのです。
つまり白色申告は簡単に出来るということです、利益があまりあがっていない人にはややこしいだけで青色のメリットはありません。

投稿日時 - 2010-02-06 20:23:09

お礼

ご回答有難うございます。白色より青色のほうが所得申告(?)が煩雑なこと、専用ソフトを使わないとやってられない、みたいなことはネットで書いてありました。
ですが、例えば利益が10万円だった場合、白色なら10%(20%?あやふやですみません)の税金を払わないといけないのですね。その点青色なら手続きが煩雑な分1万円(2万円?)を払わないといけない、と。そのトレードオフということでしょうか。

投稿日時 - 2010-02-07 09:56:42

ANo.1

白色申告は普通のサラリーマンや年金生活者が行っている、普通の確定申告の事です。

投稿日時 - 2010-02-06 20:21:27

お礼

なるほど・・・。何となく分かります。ですがそのメリット、あるいは必要性(必然性)が知りたく思います。

投稿日時 - 2010-02-07 09:52:12

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-