こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社宅費と所得税の質問です。

社宅費と所得税の質問です。
現在、事業主名義でアパートを1部屋(5万)借りております。
それを社員(給与20万)に、社宅費としてアパート賃料の1/2(2.5万)を
徴収して使用させる場合、所得税はどのようにしたらいいのでしょう?

20万円に課税?
20万-2.5万(社宅費)=17.5万に課税?

どちらでしょうか?

投稿日時 - 2010-02-06 16:30:48

QNo.5653933

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

社宅に住んでる人に対しての税金の問題ですね。

20万円から社宅費の2万5千円をひいてはいけません。
理由
給与所得から源泉徴収する際に控除できる項目に「社宅費用」はありません。
違う言い方をしますと、社宅を借りる費用が非課税になる理由がありません。

「使用人に社宅や寮を貸したとき」の取り扱いについては国税庁HPに詳しく説明されており、考え方は条件に合わないと「現物給与ですよ」という考え方をしてます。お時間がありましたら、お読み下さい。
現物給与として課税するか、課税しなくて良いのかというレベルの話になるほどですから、本人負担にしてる賃貸料の一部を「支給額から引いてから源泉徴収してる」としたら、引くべきものではない足すべきものだと注意されてしまいます。
充分研究して処理をされないと、税務調査ではひとたまりもありませんよ。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2597.htm

投稿日時 - 2010-02-06 17:51:20

お礼

ありがとうございました。
大変よく分りました。(^-^)

投稿日時 - 2010-02-07 16:45:36

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

社宅が無償なら、逆に給料に上乗せして税金を計算します。有償の場合、普通不動産は賃貸借するものですから、それは適正価格である限り給料の現物支給とはしません。
ですから、家賃相当額を課税標準から差し引くのは違法です。

投稿日時 - 2010-02-10 18:58:00

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-