こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

甘いものが食べたくなった時の対処法

甘いものが食べたくなった場合、気持ちが落ち着く方法を教えて下さい。ホットミルクを飲んだりするのですが、皆さんの対処法を知りたいです。ミルクを飲んで落ちつかせる方、他にいらっしゃるかも知りたいです。でも、牛乳も飲みすぎには注意なので、もっと低カロリーなもので甘いもの食べたくなる気持ちを落ち着かせたいのです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-01-17 14:40:46

QNo.5599872

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

人体が甘いものを求めるのには、3つの理由があります。
1つ目の理由は、脳の主なエネルギーがブドウ糖であることです。
脳は血中のブドウ糖濃度が低くなると食欲を起こして次の食事を促し、
血糖が上がると満腹中枢が働いて食事を止めさせます。
この場合の空腹感は食事をすると、すぐにおさまります。

2つ目は飢餓感です。体脂肪はレプチンというホルモンを常に出していて、
レプチンが脳に届かなくなると、脳の思考、判断、記憶などの全領域が
栄養が足りないと判断して食餌行動を起こします。
このときは、頭の中が1日中食べ物のことに支配されます。

3つ目はNo.3の回答者と同じような理由です。
例えば、ラットの飼育箱にペダルを踏むと砂糖水がでる装置を置くと、
ラットはペダルを踏み続けるようになります。
砂糖水や甘いものはブドウ糖の結合物なのですが、ブドウ糖を摂取すると、
脳内にセトロニンという快楽物質が流れるので、これに固執するためです。

あなたの原因はこの3つのうちのどれだと思いますか?
身体が要求しているものを食べれば、気持ちが落ち着きます。
そうでなければ、ホットミルクを飲んでも身体の要求はいつまでもつづきます。
身体が何を必要としているのか、身体の声によく耳を傾けるとわかると思います。

投稿日時 - 2010-01-19 11:58:55

ANo.3

心理学者のザイヤーの研究によると、
甘い物を食べてから20分くらいの間は、
幸福感に満たされますが、
そこには大きな落とし穴が待っています。
1時間後には食べる前よりも不幸な気分になり、
不幸感が増す事でさらに甘い物に手が出てしまう・・・

甘い物が止められないのは、
口にするたびに増す不幸感のせいだと知る事だけでも
相当違ってくると思います。
自分の欲求の原因を理解すればコントロールする事など
容易です。
頑張って下さいね。

投稿日時 - 2010-01-17 17:14:27

ANo.2

飴を小さく割ったものを用意しといて我慢出来ないときに舐める。

投稿日時 - 2010-01-17 16:41:25

ANo.1

甘味が強い野菜を食べる、
カロリー制限内で、果物を食べると言う事をします。

甘い物を我慢できなくなった・・・、トマトやサツマイモを食べる。

投稿日時 - 2010-01-17 14:46:46

あなたにオススメの質問