こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ブロニカS2の無限遠の確認とモルト劣化について

ブロニカS2の無限遠の確認とモルト劣化について
 中古のブロニカS2を購入したいのですが、ネットで調べたところ注意事項に、無限遠が出るかどうか確かめることとありました。この出るとは、どのように操作して、どのような状態のことを言うのですか?
 また、ピントグラスの固定部分にモルトが使用され、痩せてしまうと、ピントがズレると書いてありました。安いと思って買うと、モルト交換しなければならず、かえって高くなってしまうと思いますが、たとえば、オーバーホール済みとか、整備済みとかであれば、モルト交換がされていて、ピントもチエック済みと考えても良いのでしょうか?
そのモルトとはどのような正体のものですか?
中判の初心者ですので、わからないことばかりです。どなたか、教えて頂けないでしょうか。
どうぞ、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2010-01-11 10:51:18

QNo.5584358

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

カメラのレンズはピント調節の為、一番縮めた状態で「無限遠」、のばした状態で設計上の最短撮影距離にピントがあうようにできています。カメラ・レンズの状態が正常なら、レンズを一番縮めた状態で「無限遠」すなわち遠くにピントがあうはずです。逆に異常があれば一番縮めた状態でもピントがあわなかったり、一番縮める前にピントがあったりします。

「モルト」とはカメラ内部に使われる、黒い布またはスポンジ状の物質で、光が不要な場所に入らないようにする為に使われています。
このモルトは最近の高級カメラに使われるものは、耐久性がよくなり、滅多に劣化しないようになりましたが、安いものや古いものでは劣化して、ドロドロに溶けたり、粉になってポロポロこぼれたりします。特にブロニカS2が作られた頃のものは、質が悪く、その後のオーバーホールなどで交換されていなければ、劣化している可能性が極めて高いです。

ブロニカの場合、ピントグラスの周囲にモルトが張ってある部分があり、モルトが劣化していると、ピントグラスが本来の位置からずれて、ピントグラス面でのピントと、フィルム面でのピントがずれることが考えられます。

ただし、モルト交換自体は、モルトが劣化してひどい状態になる前なら、メーカーで交換しても数千円、自分で交換すれば数百円ですみます。
しかしモルトもカメラごとや、同じカメラでも場所により、厚みが違うものが使われている場合があり、素人が交換すると不具合が生じる場合もあります。

「オーバーホール済みとか、整備済み」は全くの未整備状態よりはましですが、プロによる場合と、前ユーザーが自分でやった場合では、かなり差があります。
きちんとした中古カメラ店なら、ある程度信用できますが、ネットオークションなどでは、出品者にいつ、どの業者で整備したのか確認できなければ、信用できません。
きちんとした整備業者なら、ピントの無限遠の確認や、シャッター速度の測定等まで行いますが、モルトを交換し清掃しただけでも、「整備済み」には違いありません。

投稿日時 - 2010-01-11 11:26:48

お礼

早速、ご回答下しまして有難うございます。
 よくわかりました。
 確かめてみます。

投稿日時 - 2010-01-11 13:07:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-