こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

乗用車でマニュアル車が減った理由とは

20年前と比べて、乗用車でマニュアル車が減った理由には何がありますでしょうか?

投稿日時 - 2010-01-10 17:37:44

QNo.5582609

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

皆さんが言われるように、ATのデメリットがほとんどなくなったこと。
でも、ホントの原因は・・・・・。
元々日本人は「車の運転はあんまり好きじゃない」ことなんじゃ
ないかと。
車買うのは好きなんでしょうけど。物によっては自慢できるし。

例えばですね、東京から軽井沢に行く方法が2つあるとしますよね。
1)ロードスターの6MTを自分で運転していく
2)運転手付きのクラウンに乗ってく
コストが同じだとしたら、1)を選ぶ人は少ないんじゃ?

運転自体があまり好きでなければ、楽な方を選ぶでしょう。
ATのデメリットもほとんどないし。
かくして、
ATの売り上げがだんだん増える>AT専用の免許とか作っちゃう>AT
更に増加>メーカー売れないMTを落とす>MT死亡寸前
とほほですな。

投稿日時 - 2010-01-11 18:50:01

ANo.15

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(17)

ANo.17

人間誰もが楽な方に行きますよ(⌒▽⌒)
たかが車を運転するだけなのになんでわざわざ
くそ面倒臭いMT買う必要があるんですかぁ。
だからATが増えるのは当然じゃないですか。
その当然な事に疑問もたれても(;^_^A

だったらなんで昔はATがあるのにMTが主流だっ
たの?って思うでしょうが昔のATって3速です
よ~。MTが5速まであるのにATはたったの3速
あとは、女性の免許保持者が増えたんでしょう
ね-。それだけ日本が豊かになったのでしょう。

投稿日時 - 2010-01-13 10:28:01

ANo.16

人間ですから楽な方に流れていくのは当然だと思います。
#14さんがおっしゃるように車は更に進化していきます。例えば次のページの再生ボタンを押してみてください。

http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0220a/contents/f_08_11.html

投稿日時 - 2010-01-12 16:15:37

ANo.14

自動車の内燃機関は、あまり遠くない将来になくなってしまう可能性が高いです。内燃機関は、低速トルクが細く、これを上げようとすると可変圧縮にいするか、スーパーチャージャーの電気仕掛けをつけて高圧縮率にして・・・高トルクにすることで、まったく変速装置が要らなくなります。(50年も前の実験で成功しています)
しかし、内燃機関にこれをするくらいなら、変速機を付ける方が経済的なので今はつけています。また、スカンジナビアのある国が強いベルトを開発したので、スクーターにはずっと前からあった、CVTも普及しました。ATと異なり、非常に効率も良く(高速走行以外は)スムーズです。
今後、モーターが普及すれば、変速機は不要になりますから、結果ATということになり、(ATという定義はなくなりますが)今の状況と同じでただアクセルをふめば、勝手に進みます。

でも、
http://www.darpa.mil/grandchallenge/index.asp
のように、ロボットカーも実用化されてしまえば、運転そのものもする必要がなくなる可能性が高いです。

投稿日時 - 2010-01-11 10:40:59

ANo.13

(1)AT限定免許の普及→楽して簡単に免許が取れる
(2)車への価値観の変化→所有する喜びやステータスというものが、世間一般の人から無くなってきた
(3)チャイルドシート設置義務→(1)にも関係するが、都心ならともかく、地方では車+子供+チャイルドシートの3点セットでは、どうしても奥さん中心で車を考える必要がある。=AT車という図式が成り立つ。

まぁあれこれ言っても仕方が無いんですが、一言でいえば「ドライバーがMT車を買わなくなっただけ」ですよ。

投稿日時 - 2010-01-11 08:26:26

ANo.12

昔と比べたら渋滞も激しいし、何十キロもの渋滞をMTだといやになります。ただ移動する手段なら楽なほうがいいに決まってます。市場からそんな要望がないので、わざわざ作ってもさっぱり売れないからでしょう。

ある程度需要が見込める軽トラや営業グレードなんかにはしっかり残ってますよね。

投稿日時 - 2010-01-11 01:00:49

ANo.11

一般のドライバーですが、それほど積極的にATを選んできたような気はしていないんですが、
ATが増えてきつつある中で、複雑で快適な点よりも、わずかに、シンプルさの点を選んだとか。
(単に楽?というより、・・・、楽に違いないけれど(^_^;))

窓が手動から自動になっていくにつれて、ギアも自動の方に目がいった、かな?

エンスト、坂道発進、渋滞、を嫌ったとか。

イメージ的に激しい?加減速よりも、道路事情や車の利用の仕方(買い物、ドライブ、通勤)がATの加減速でおおむね合っている、いいかな?と感じられた?

ATが増えていったきっかけとしては、そんな、いろんな感じが混ざっていたんじゃないかなぁと思いますけれど…。

投稿日時 - 2010-01-10 19:11:37

ANo.10

楽ちんなこと。
坂道発進だって楽々

出力の高い機関に対する変速機が出来た。
戦車だってATなんですけど、バカみたいに大きくて重いです。
小さくて軽く、高効率で高出力に耐えられる自動変速機が開発されて、かつ、廉価で搭載できるようになった。

2000cc以上の乗用車の場合、通常の人、通常の使用法の場合、MTよりATの方が燃費が良かったりします。

AT免許が出来て、少々操作に不安がある人でも免許が交付されるようになった。
AT限定免許の人が選べるように、多数のAT車をメーカーは発売した。
MT免許の人でもATは乗れますし、運転が楽ならばMTを選ぶ必要もないから、MTは買わない。
メーカーも売れないMTより売れる車を多く発売する。

メーカーとしては、アメリカ市場は無視できません。
アメリカでMT乗れる方が難しいです。
ヨーロッパはMT主動ですが、絶対ではありません。

こんな感じでしょうかね。
AT限定免許と、効率の良いAT(CVT含む)が大きな原因と思います。

投稿日時 - 2010-01-10 19:00:33

ANo.9

他の方の回答していないのを補足します。
これも大きなポイントです。

車を乗換えて前の車を下取りしてもらう時、MT車とAT車とを比べると、AT車は高く売れるそうです。MT車は人気がないのか買い叩かれます。
その関係でMT車からAT車への切り替えが加速したのだと思います。

投稿日時 - 2010-01-10 18:43:20

ANo.8

楽だからです。
特に最近ではCVT等技術の進歩により適切な変速が可能となり、
MTよりも燃費が良くなったりもしています。
他にたとえるのならば、
・レコードからCDに
・直火かまど炊きから電気炊飯ジャーに
・マニュアルカメラからオートフォーカスカメラに
などがあげられます。
しかしいずれの場合においても、
・デジタルには無いぬくもり味わいがレコードにはある
・かまどで炊いたお米のおいしさに電気はかなわない
・自分の腕を活かして撮影するには機械任せにできない
等々の理由により今も根強く旧様式を愛する方がいらっしゃいます。
車のMTも同様で趣味性特にスポーツドライビングで、
自らコントロールするコントロール性のためにはMTという方が少なくないです。
つまり結論として実用ではAT趣味ではMTとなったためMTが減ったと申し上げます。

投稿日時 - 2010-01-10 18:17:43

ANo.7

技術の進歩により、流体継手(トルクコンバータ)の伝達効率が上がったこと、
加工技術の進歩により、また量産効果により、安価にかかわらず、変速段数が増えたこと等の理由により、
一般の人なら、MTよりATのほうが加速とか燃費とかが
良くなってしまったことが大きいのではないでしょうか。
そんなこともあって、今やMTは特殊な車しか残っていませんので、
選択枝にさえならないですけどね。

また、操作が楽だから、いったんATになれるとMTに戻れないことも影響しているのでしょう。
F1などのレースカーでさえ、MTというより、操作からするとATといったほうがいいのではないかというような機構になってますからね。

投稿日時 - 2010-01-10 18:11:26

ANo.6

AT限定免許のこともあると思います。
最近の女性の大半はAT限定で取得するので結婚後・・・。

夫はMT車に乗りたいけど妻が乗れないのでファミリーカーは必然的にATに。
MT車はセカンドカー以降に先延ばしにされ、夫も考えが変わりATでいいやーと。

というか、MTが売れなくなった原因は正にそこだと思いますが。

MT売れなくなる→コストがかかる→どうせMTなんてもう無いんだからAT限定でいいやという乗り手が増える→更に売れない

投稿日時 - 2010-01-10 18:08:18

・昔と比べATの性能がよくなった

・ギアの操作がいらず運転がアクセルとブレーキのみで操作性にすぐれてるのが

要因ではないでしょうか

投稿日時 - 2010-01-10 18:02:22

ANo.4

女性ドライバーの比率が年々上がっているというのも
一因だと思います。
平成元年に37パーセントだったのが
平成20年には43パーセントに上昇しています。

http://www.npa.go.jp/toukei/menkyo/menkyo12/h20_main.pdf

投稿日時 - 2010-01-10 17:58:16

そうですね、楽の一言です。
街中で信号で止まる→再発信を繰返す場面でガチャガチャシフト・クラッチ操作する手間を考えれば。

投稿日時 - 2010-01-10 17:56:48

・ATよりMTのほうが運転が楽。
・日本の自動車産業のお得意さんは
ATが主流の北米。
・数の論理でATが割高だった時代が終わり
コスト的にはたいしてかわらないようになった。
・コスト削減のあおりで売れないMTを
搭載する理由がなくなった。

だいたいそんな流れだと思います。

投稿日時 - 2010-01-10 17:55:09

ANo.1

ATラクチン。
それだけでしょ。
走り屋でも無い限りMT乗らないって。

投稿日時 - 2010-01-10 17:49:20

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-