こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年金受給者は確定申告しなくてもよいのか?

高齢の母についてですが、すでに年金を受給して十数年経ち、一度も自分で確定申告をしたことがないと言います。

ところが、必要になり昨年度分の”課税所得証明書”を取ってもらったとき、そこにはしっかりと”公的年金収入”と”給与収入”が明記されていました。

公的年金収入については国民年金と企業年金の合計額が記入されて

給与収入には日雇い派遣で働いたわずかな額が記入されていました。

母自身は確定申告をした覚えがないのに、このように所得が確定されることがあるのでしょうか?

投稿日時 - 2009-12-27 03:42:10

QNo.5550026

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>年金受給者は確定申告しなくてもよいのか?

zyabaさんのお母さんの場合(公的年金と給与)は確定申告が必要です。

http://allabout.co.jp/finance/gc/13505/2/

>公的年金収入については国民年金と企業年金の合計額が記入されて
>給与収入には日雇い派遣で働いたわずかな額が記入されていました。
>母自身は確定申告をした覚えがないのに、このように所得が確定されることがあるのでしょうか?

当然、あります。

なぜなら、公的年金は社会保険庁が年金受給者の【支払い報告書】を市区町村役場に提出してますし、
給与は各企業が市区町村役場に【支払い報告書】を提出しています。
また、企業年金もしかりです。

さて、蛇足ながら所得税の還付請求時効は5年です。(国税通則法第74条)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/07/14.htm

 

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/gc/13505/2/,http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

投稿日時 - 2009-12-27 12:12:55

お礼

皆様ご回答ありがとうございます。
ということは、確定申告や年末調整をしなくても、所得額は役所に”筒抜け”ということでよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2009-12-27 12:32:07

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.3

>必要になり昨年度分の”課税所得証明書”を取ってもらったとき

市区町村の役所からもらってきたと言うことですね。

>母自身は確定申告をした覚えがないのに、このように所得が確定されることがあるのでしょうか?

日雇い派遣の分については給与支払報告書が会社から役所の提出されているはずです、また年金については当然社会保険庁から連絡があるはずです、ですから当然役所は所得については把握しています。

年金については「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」を出していれば(通常は出しているはずなのですが)、確定した金額から計算した税額が源泉徴収されているので多い少ないなどと言うことはありえません(給与所得者の源泉徴収とは異なる)ので、年金のみであれば確定申告の必要はありません。
ただし「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」では人的控除だけが対象なので、生命保険料等の控除があれば確定申告をしなければ還付されません。
また日雇い派遣の分については、年末調整されたのかどうかが問題になります。

投稿日時 - 2009-12-27 10:20:50

ANo.2

年金は支給するときに所得税の源泉徴収をしています 源泉徴収額は確定税額よりもやや多めになるようにしているようですから、納税申告しなくても国はこまりません

確定申告は多く収めすぎた税金を戻せ(還付)というものです 

給与収入も源泉徴収で会社が収めたのではないでしょうか

投稿日時 - 2009-12-27 04:54:25

ANo.1

日雇い派遣先の事業所から税務署へ通知が行くので、確定申告をしなくても税務署では把握しています。(確定申告しないと、派遣先の事業所で控除した所得税・・・ふつう1割・・・は還付されません)

>年金受給者は確定申告しなくてもよいのか

年金受給者も扶養控除や生命保険控除があれば、確定申告すると所得税が還付されます(他の収入があって逆に所得税を収めなければならないときもある)

投稿日時 - 2009-12-27 04:25:28

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-