こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

青空古着市で着物を買いましたが…

今日、たまたま通りかかった神社で青空古着市が催されていて、
かわいい柄の着物を発見し、最近アンティーク着物に興味がある
ことも手伝って衝動買いしました。
…300円ポッキリだったのですが(笑)。
安すぎて怖いなぁ、浴衣の着付けの練習用にしようかなぁ、ぐらいの
気持ちだったのですが、これってどうなんでしょう、普段着ようと思えば
着られるものなんでしょうか…?
生地はウールっぽいです。身頃の部分にだけ裏地(キュプラ?)が
付いています。
柄は…めちゃくちゃハデです。文章で説明できません(涙)。
着物の生地すべてに同じパターンの柄がびっしり、ひとめ見たときは、
「あ、かわいい、座布団カバーなのかしらコレは」と思ったほどです。

アンティーク着物の雑誌など読んでいると、こういうカンジの着物をよく
見かけるのですが、いつか自分で着付けが出来るようになり、小物や
道具も一式ある程度揃った頃、街着として着て出かけられるものなのか
どうか自分でわからないのです!
身近に着物に詳しい人がいないので誰にも聞けず…

それとあともう一点、これをまずクリーニングに出したいのですが、
青空古着市で300円で買ったようなものを出すのって失礼だと思われますか?
ところどころ、ほつれがあるので、自分で手直ししてから出したほうが
良いのでしょうか…。

着物に詳しい方、アンティーク等で自分流に着物を着るのが好きな方、
意見ください!

投稿日時 - 2003-05-22 16:17:44

QNo.554668

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ええと、もう一つ。

呉服屋さんにいかれるのもいいのですが、
かなりあたりはずれが多いので、
ご慎重に。。。

もしもう専門のところに頼むおつもりであれば、
こういった悉皆屋さんもありますのでご紹介。
http://www.kimono-otasuke.com/
Webでサービスはじめたばかりで、
かなりあやしくみえますが(笑)
私は何度かお願いしたこともあり、
いいお店ではあります。

会員制にはなっていますが、
何でもQ&Aで、とりあえずお見積もりを、と
お願いしてみるのがいいと思います。
送るときの送料はかかりますが、
もし、見積もり後にやはりやめたいというのであれば、
戻りの送料はたしかかからないはずです。
その辺もご相談可能だと思います。

あと、古着は確かに安いのですが、
古いアンティーク風(大正ロマン風)の着物というのは、
いつかなくなります。
(もう本当に値も上がってきていて少なくなっている)
ですので、最近の本なんかの着物1000円!500円!とかっていう値段の部分にだけつかまるというのは、個人的にはどうかと思っています。
(ああいう値段をアピールするのもどうかと思うのです。だってもうなくなっちゃうのにあまりにも勝手かなあと)

洋服よりちょっと(ほんとにちょっと)高いくらいでも、着物はつくることができます。
ずっと着物とつきあっていく気があるのでしたら、
最初は木綿の洗えるものもなんかが私はお勧めです。
3万くらいからできますし。かわいい格子(チェック)もありますよ。

ではでは着物を楽しみましょう!

投稿日時 - 2003-05-23 16:02:12

お礼

再びありがとうございます。

そうですか、大正ロマン風はいつかなくなるのですか…
がーん。

あ、参考URLを早速拝見しました。
ここでまず相談、というのもテですね。
こんなサイトがあるとは知らず、またまた勉強になりました!

私の着物道はまだまだこれからですねぇ(涙)。
善いものを長く着たいという欲望はありますので、働いてお金を少しずつ貯め、
ぼちぼち揃えながらいい歳の取り方していきたいと思います。
…ちなみにいま失業中なので、着物を買いあさるのは不可能です(笑)。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2003-05-23 17:00:20

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

こんにちはー。
私もよく骨董市で安く着物買います。

身頃にだけ裏がついてるっていうのもめずらしいですね。

素材について
ウールっぽいというので、ウールなのか、それとも紬あたりなのかな、と思います。
素材は、布のはしっこの糸をちょっと切って燃やしてみればわかります。
木綿は、ぱっと火がついて、燃えきります。
絹だと、髪の毛をもやしたような匂いがして、炭がのこります。
ポリエステルとかだと、ヘンな火がでたり、とけてちぢんだりします。
ウールは、毛糸を燃やしたときと同じ(笑)
でも、交織といって、縦糸と横糸の素材が違うもの、糸に素材がまぜてあるものなどもあります。

着られる時期
裏地がないので、おそらく長くて5月~10月で、
ウールなら、冬もOKです。

格(というかドレスコード)
小紋とか紬とかいろいろあるんですが、
縮緬でプリント柄であれば、小紋の確率が高く、
織物(織りで柄が表現されている)であれば、紬やウールである確率が高いです。
どちらにせよ、街着にはできると思いますが、柄行にもよるかと。
その辺は結構勉強しないとわからないところだと思います。
着物のコミュニティサイトなどが最近はネットに多いので、そちらで聞いてみるのがいいのではないかと思います。

クリーニングについて
300円てのは黙ってれば別に平気ですが(箪笥から出てきたとでも言えばOK)
ウールならクリーニングで平気です。値段もそれほどとられないかなと。でも私はウールなら自分であらっちゃいます。
専門の悉皆屋に頼むと、かなり高くなります。それに、古いしみはほとんど落ちません。
ほつれは、どちらでも構わないと思います。

着物の道は、険しいかもしれませんが、楽しいですよ(笑)
ではでは。

投稿日時 - 2003-05-23 10:57:17

お礼

こんにちは、アドバイスありがとうございます。
私が行ったのは【青空古着市】ではなく【骨董市】という名の催しだったのでしょうか?(笑)
そういえば、神社の奥でハギレや骨董品も売っていたような気がします。
楽しいですね、私、あぁいう場所に初めて行ったので感動しました。また行きたいです。

素材というのは燃やせばわかるんですね。ひとつ勉強になりました。
ちなみに、「紬」←「つむぎ」と読むんですねコレ。
わからなくて(笑)、さっき漢和辞典で調べてしまいました。あ~恥ずかしい…

着物の道は険しくて奥が深い、でもハマると蟻地獄のように出られなくなりそうですね(笑)。
入り口で躊躇して踏み入れない、という女の人が多いと思いますが、たまたま私は
アンティーク着物の雑誌を本屋で発見してしまい、
「おぉ!大正浪漫!ナイス!おしゃれ!しかも安いのはとことん安い!」
と感激し、片足突っ込んでしまった、という状態です。
このサイトの着物のカテゴリーを時々チラチラ見ているのですが、回答者にmyauさんの
名前をよく見かけます。着物好きなんですねきっと。

とにかく、親切そうで柔らかい感じの呉服屋さんを探し、意を決してこのホコリっぽい
謎の着物を持ち込み、相談するだけしに行こうと思っている私です。
アドバイス参考になりました、ありがとうございます。

投稿日時 - 2003-05-23 11:55:53

ANo.4

はじめまして♪

>ウールっぽい素材・・・というのがよくわからないのですが
>同じパターンの柄がぎっしり・・・というところを聞くと「小紋」かな?と思います。着物の普段着です。

詳しくは呉服屋さんに持っていって聞いてみるのが一番いいですよ。
でも確かに気後れしちゃうと言うか、こんなん持って行っていいの?とか思うのもよ~くわかります。
そこでクリーニングや仕立て直しをしている呉服屋に最初から「超初心者」で行ってみるのです。
亡くなったおばあちゃんのたんすの整理をしていたら古そうな着物が奥~の方から出てきたのですが、どういうものか全くわからないもので、でも使えるものならきれいにして使いたい・・・とか言って
どんな着物?(小紋?冬物?)素材は?ほつれを直すならお幾ら?クリーニングはお幾ら?とか・・・
もちろん聞くだけで、「大体の値段を聞いてきなさいと母に言われたので、相談してまた来ます」でもいいし、安かったらお願いしてみてもいいのではないでしょうか?

若い方にも着物を着て欲しいと思っている親切な呉服屋さんは多いですので、よほど愛想がないところじゃなければ、きっとちゃんと教えてくれますよ。
まずは経験!勉強のつもりで思い切って行ってみてはどうでしょう?

投稿日時 - 2003-05-23 03:43:11

お礼

アドバイスありがとうございます。
GROOVINさんには以前(というかつい最近)、私の質問に答えて頂いた
と記憶しています。
「披露宴に招待されているのだが服を買うのに着物一式か洋服一式か
迷っている!」という質問だったのですが、憶えてますでしょうか?(笑)
この場をお借りして後日談を。あれからネットで感触のよかったレンタルの
呉服屋さんに訪問着一式を申し込みました~!


「ウールっぽい素材」と自分で勝手に判断してそう書いてしまいましたが
本当のところ何なのかナゾのままです…
小紋…こもん、でいいんですよね読み方…(←アホ丸出し)
柄をもっと詳しく説明しますと(もうエェってか(涙 )、千代紙の折り紙に
あるような、とにかく「ビッシリ隙間無く絵が埋まっている」のです。
白いとこなんかありません!みたいな…
紺地に、縦5センチ横5センチの扇子の絵が縦横無尽に並んでいます…
こんなこと説明しても仕方ないのですが(笑)。

しかし、「死んだおばあちゃんのタンスの奥の奥からこんな着物を
発見してしまった私は超初心者です」の文句は使えそうですね。
昨日、夜な夜な袖を通してみたのですが、なんと、短い(涙)。
もともと腕が長い私ですが(でも身長は153)、こんなつんつるてんでは
外に着て行けたとしても恥ずかしい…と哀しくなっています。

親切そうな呉服屋さんを探してみます!ありがとうございました!

投稿日時 - 2003-05-23 11:39:50

ANo.3

 着物専門のクリーニング店が見つからなくても、白洋舎であれば受けつけてくれると思いますよ。ここは高級仕上げが売りですので、高価なことが多いですが、仕上げも丁寧です。呉服屋さんよりも敷居が低いのではないですか。

 以上、参考になりますでしょうか、これで失礼します。

投稿日時 - 2003-05-22 23:20:19

お礼

回答ありがとうございます!

早速、白洋舎のホームページで店舗一覧を確認したところ、
ありました、2駅向こうに(笑)。
料金表も見ましたが、やっぱり高いですね~。哀しいです。
しかし、敷居の低さは魅力的です!
参考になりました、ありがとうございます。

投稿日時 - 2003-05-23 00:32:10

ANo.2

クリーニングとの事ですが呉服屋に持っていくのが一番無難ですよ~。普通にクリーニング屋持ってくと最悪なことになります。もう着れない位になったり(--;(経験済み)
着物って素材もそうだけど普通にクリーニングできないんですよ。染み抜きにしろやり方が違うもので・・。さらに最近普通にクリーニングできる着物も出回っちゃったものだから同じようにやられちゃいます(^△^;

ほつれなどは呉服屋さんでしたらお願いすれば直してもらえますよ☆一応ネットで「呉服屋 クリーニング」で検索かけてみました。近い所で見つかるといいですね♪

参考URL:http://www.cleaningnavi.net/navi/html/04_02.html

投稿日時 - 2003-05-22 17:17:55

お礼

アドバイスありがとうございます~!

こんなピラピラの着物を呉服屋に持っていく勇気がありません(笑)。
しかし、参考URLを勉強のため拝見させて頂きました!
高いですね~、着物クリーニング!びっくりしました。
しかも、この着物の種類がわからないので料金表を見てもなんのこっちゃ
わからずじまいでした…無知で恥ずかしい。
留袖でもないし、振袖でもないし、これは一体ナニ?というレベルです(涙)。

申し送れました、私、大阪在住ですので、近所で着物クリーニングを
やってくれそうなところをもう一度自分で探してみます。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2003-05-22 20:32:25

私も着物に興味があって、
着付けや和裁を習っていました。
アンティークの柄、いいですよね!!
以前に雑誌で、アンティークが流行ってるって書いてありましたよ。
なかなかしゃれてて、目をひくと思います。
羨ましいです…。

クリーニングに出される際は、
普通のクリーニング屋より、
着物専門に扱われている所へ持っていったほうが確実です。
彼らはプロですので、ほつれなんかも細かく説明すれば、
きちんと直してくれますよ。

青空市で300円なんて、黙っていれば分かりません(笑)。

投稿日時 - 2003-05-22 16:33:41

お礼

早いですねー回答!(笑)びっくりしました!ありがとうございます。

私も最初、それを手にして買おうかどうか迷っていたとき、店番をしている
おばあさんに、
「そのへんの着物全部300円、こっちのは500円」
と言われ、耳を疑いました(笑)。
汚れているものは徹底的に汚れていましたが、私の選んだものは
柄が濃いのでシミがどこにあるのか見えないのでラッキーでした…

クリーニングについてですが、着物専門のお店ってあるんですね~!
初耳でした。…が、近所にそんな特殊なクリーニング店がありそうに
ないのが不安といえば不安なのですが(笑)。
それは自力でタウンページ等で探します。

とにかく、青空の下に長い間さらされていたモノなのでホコリっぽいのと、
タンスの中みたいな匂い(防虫剤のような)をなんとかしたいので
クリーニング屋探しから始めたいと思います。

回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2003-05-22 16:52:54

あなたにオススメの質問