こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

横須賀線武蔵小杉駅

2010年3月に暫定開業を迎える横須賀線武蔵小杉駅に関する質問です。

1.湘南新宿ラインは停車するのでしょうか?
2.南武線-東横線・小田急線-山手線の通過連絡運輸の去就はどうなるのでしょうか?

特に通過連絡運輸が気になっています。

投稿日時 - 2009-11-22 09:58:38

QNo.5466501

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。地元の鉄です。

1:湘南新宿ラインは停車するはずです。ただその種別については、今のところ不明ですね。普通(横須賀線)しか停まらない気がします。湘南新宿ラインの快速(東海道線)を停めるかどうかは、JRが小杉駅を「大規模駅」と認めるかどうかにかかっていると思うからです。
スカ線に乗っていて、工事の進捗状況を見ていますと、着々と工事が進んで、先日そのホームの輪郭が現れました。かなりの急カーブ駅になります。曲線速度も徐行なみになるはずです。そうなると、物理的に「快速」が停まった方が合理的なのかもしれません。

2:連絡割引は、これを機に全廃するとみています。JR東のこれまでの政策を見ていると、このサービスを廃止するのも武蔵小杉新駅設置の目的の一つだと見ているからです。

武蔵小杉駅の詳しい情報は、この↓で楽しめます(すでに御存じでしたら流してください)。東横線からの乗り換えなんて全然眼中にないようですね。乗り換え距離的にも東京駅京葉線なみになりそうです。質問者さんの疑問・意見を、このブログに直接質問されるのも一策かと思います。
http://musashikosugi.blog.shinobi.jp/Date/20091118/1/

参考URLも御存じでしたら流してください。

2つのURL以外は私の個人的な見解でしかありませんので、悪しからず願います。

参考URL:http://www.city.kawasaki.jp/50/50sigai/home/kosugi-sin_eki/sin-eki.html

投稿日時 - 2009-11-23 22:13:39

お礼

ありがとうございます。
曲線通過速度から、快速が停車するという考えは初めてです。(成田エキスプレスが停車する理由がわかるような気がします。)
私の記憶では湘南新宿ライン、横須賀線共に普通・快速の設定があると思っています。(横須賀線はエアポート快速)
もし、急カーブでの脱線防止の為の運転停車を目的とした停車(これじゃ駅じゃなく信号所ですね)なら全列車止まりそうな気がしてきました。(それだとうれしいです。)

投稿日時 - 2009-11-25 03:20:32

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

通過連絡ですが、小田急は範囲が武蔵中原-南多摩で、東横線の場合宿河原-矢向です。
したがって小田急を使って山手線内に向かう人が湘南新宿ラインを使う場合は相当な遠回りだと思います。
ですので小田急は残ると思います。
しかし東急東横線は消える可能性も否定できません。
問題は宿河原-矢向の人たちが、どれだけシフトするかによるでしょう。
結構、シフトすると思いますので、開業後しばらくして消えてしまうのではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-11-23 17:01:09

お礼

私も小田原線の通過連絡は残りそうな気がしますが、現在の武蔵中原-南多摩という範囲は適切ではないと思っています。
東急田園都市線・京王相模原線・武蔵野線の存在を考慮すると、せいぜい久地駅-稲田堤駅程度で十分ではないでしょうか?

東横線の通過連絡ですが、宿河原-矢向というのも?な気がします。
並走路線が多い為、現状でも百歩譲って鹿島田-武蔵新城で十分な気がします。武蔵溝口以西の乗客がわざわざ東横線に乗るとも思えませんし、矢向駅・尻手駅からの乗客が東急線を経由するとも思えません。
(鹿島田駅すら微妙な気がします。)

この通過連絡は、東急東横線と小田急小田原線を経由する乗客にのみ便益を与え、並走する東急田園都市線や京王相模原線を経由する乗客には特段の利益がない制度で公共輸送機関としての衡平を欠いているのではいかと思われます。ましてや、東横線と横須賀線(湘南新宿ライン)は列車本数を除くと、直接競合する関係にある訳ですからわざわざ割引運賃を設定する必要はないと思われます。

投稿日時 - 2009-11-25 03:11:39

ANo.4

2 あくまで個人的予想ですが直ちに廃止とはならないでしょう。
ただし利用状況によっては廃止となるかもしれません。

投稿日時 - 2009-11-23 01:30:24

補足

その「利用状況」が問題だと思っています。
JR線と民鉄線である東急東横線、小田急小田原線の大きな違いは定期券に対する運賃割引率です。(特に通学定期ではその差が現著です)
他社線の連絡運輸は一般的に両社の運賃を合算するものですので、初乗り(基本)運賃が2回かかる上に民鉄区間の定期割引率はJRよりかなり低い為、通勤者・通学者が折からの不況の背景で(多少乗換に時間があかかっても)JR線にシフトする事態は十分にあり得ると思っています。
ましてや、3線連絡となる通過連絡運輸の場合は、一種の割引運賃の為、廃止された場合には民鉄線経由の方が全てのケースで高くなるのでJRへのシフトが起きる事は明らかです。

投稿日時 - 2009-11-23 05:55:06

ANo.3

No2です。補足ありがとうございました。
また、勘違いして申し訳ありませんでした。
開業で恩恵を受ける人のことを考えたら、南武線-東海道線-山手線の全部JR利用の人と、東横線の綱島-元住吉から山手線東側(品川-池袋あたり)経由千葉方面に通勤する人くらいかなと思ってしまいました。
いかんせん、乗り換えが大変なんで。。。そのことを考えると、今の渋谷ー武蔵小杉間の通過連絡運輸は残るような気がします。もし、なくなったらブーイング物だと思われるので。。。同様な考えで登戸-新宿間も残ると思います。

投稿日時 - 2009-11-22 20:03:11

ANo.2

2について。。(東横線・目黒線の隣駅 元住吉在住のものです。)
東横線・目黒線からの乗り換えは、一度、改札出て、もう一度、JR武蔵小杉駅の改札から南武線のホームを通って、横須賀線のホームに行くみたいですよ。今、工事真っ最中なんで。。
>小田急線-山手線の通貨連絡運輸
すいません、言ってる意味が理解できないのですが。。。
小田急線は通ってないので。。。
ちなみに小田急線からの乗り換えだと、登戸で小田急登戸で一度改札でてJR登戸で南武線川崎方面の行きの電車で武蔵小杉下車になりますが。。。

投稿日時 - 2009-11-22 11:30:36

補足

通過連絡運輸とは、例えば
◎武蔵中原→武蔵小杉→(東横線)→渋谷→代々木
とか
◎武蔵中原→登戸→(東横線)→新宿→代々木
のように、連絡社線を挟んだ両端の営業キロ数を通算してJR運賃を計算し、それに連絡社線の運賃を合算した一種の運賃割引制度です。

横須賀線武蔵小杉駅が開業した場合、JRは自社線を使わせたい訳ですから、通過連絡運輸をしなくなるのが自然だと思います。
但し、
千葉→西船橋→(東西線)→中野→三鷹
区間のように、並走するJR線があっても通過連絡運輸を実施する例もあり、どちらのケースになるのか興味を持っています。

投稿日時 - 2009-11-22 14:31:07

お礼

先ずは補足の訂正です。
>◎武蔵中原→登戸→(東横線)→新宿→代々木
は、
◎武蔵中原→登戸→(小田急小田原線)→新宿→代々木
の誤りです。訂正してお詫びします。

東横線から横須賀線への連絡は、南武線駅内経由の連絡の他に徒歩連絡も認められるのは承知しております。(東横線の駅舎改良以来、改札内連絡通路が廃止されてしまい、改札外連絡の状況だったので、徒歩連絡でもシステム上の支障はありません。)

投稿日時 - 2009-11-25 02:35:33

ANo.1

1.についてだけ。
下記WIKIPEDIAによれば「湘南新宿ライン(特別快速・快速)、ライナー列車および特急「成田エクスプレス」については停車させるかどうか、停車させる場合どの程度の本数にするか、JR東日本側が今後検討していく予定である。」とのことで、現状未定ということのようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E8%94%B5%E5%B0%8F%E6%9D%89%E9%A7%85#.E6.A8.AA.E9.A0.88.E8.B3.80.E7.B7.9A.E6.96.B0.E9.A7.85

投稿日時 - 2009-11-22 10:27:14

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
来年3月に開業が迫っている段階で「今後検討していく予定である」というのは時期を逸しているように思います。

投稿日時 - 2009-11-25 02:31:00

あなたにオススメの質問