こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

液晶テレビやプラズマテレビの消費電力

Asashi.comに「消費電力の多いTVは販売禁止に 加州、全米初の規制へ」とあった。記事の内容は「米カリフォルニア州エネルギー委員会は18日、テレビの消費電力を一定以下に抑えることをメーカーに義務づける規制の導入を決めた。規制に適合しない大型テレビなどは2011年以降、同州では売れなくなる。テレビの省エネ規制は全米で初めて。
 規制は58インチまでのテレビが対象で、11年1月から実施。13年にはさらに規制を強化する。この規制を現在販売されているテレビ(約1050モデル)にあてはめると、11年には4分の1が売れなくなり、13年以降も売れるのは300モデルにとどまる。
 現在店頭に並ぶテレビのほとんどは液晶かプラズマテレビ。エネルギー委の資料によると、ブラウン管テレビに比べ、一般的なサイズの液晶テレビは電力を44%余分に消費し、プラズマテレビになるとブラウン管の3.6倍。冷蔵庫やエアコンなどの省電力化が進む一方でテレビは年々大型化が進み、エネルギー委によると、一般家庭の消費電力の1割をテレビが占めるまでになっているという。 」
とありましたが、液晶テレビやプラズマテレビは省エネ家電というイメージがあったのですが、ブラウン管より余分にエネルギを消費するのでしょうか?たしかに大型化し小さいテレビから買い換えれば消費電力の絶対値は大きくなりますが、なんとなく政府やメーカに騙されている感じがして、奇異に感じた記事でした。

投稿日時 - 2009-11-19 23:50:57

QNo.5461483

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

エコポイントの基準は省エネでフォースター以上のものだそうです。私の最近購入した32型の液晶テレビは、残念ながらギリギリで認定されず、エコポイントを利用できませんでした。消費電力、最大で166Wということでした。

そのタイプの後継機、昨日から販売しているのですが、32型で消費電力は133W、エコポイントで12000ポイント利用できるそうです。

25インチ程度の大きさでブラウン管だと200から350W程度の消費電力、プラズマでも37型で300から600W程度みたいですから、似たような規模で比較すると、差がわかります。

しかし、より大型、50インチとかになると、ブラウン管では存在しないか特注のもので消費電力も800W程度は消費する可能性もありますし、プラズマでも最新式で450W、少し前のものですと600Wとか消費します。液晶ですと、まだ42インチ程度までが一般的ですし、最新式は160W程度ですから、大型になるほど消費電力は大きいし、差も広がる傾向にあります。

>ブラウン管より余分にエネルギを消費する

すでに、日本製のブラウン管テレビがほとんど無くなっている状態ですが、海外ではまだまだ安く販売されている、14インチなどの小型ですと、せいぜい30Wから60Wですから、大型液晶よりも消費電力が少ない、これは事実です。25インチのブラウン管でも130Wしか消費しないタイプもありますので、それとプラズマの旧式、37型を比較すると、倍から4倍も消費した、販売されている商品で同じ大きさが存在しないので、同じ大きさでの比較ができないので、困るのです。

結論としては、大型のブラウン管タイプや消費電力の大きいプラズマは販売できなくなり、省エネタイプの小さめのプラズマや大型液晶は販売できる、同時に小型のブラウン管も生き残ることができるということだと解釈してもいいのではないでしょうか。

プラズマテレビ、かなり発熱多いですし、消費電力が多いから、小型のブラウン管から買い換えた人には電気代がアップしてもおかしくないです。大型ブラウン管テレビよりは、消費電力が下がることもある、その程度です。

投稿日時 - 2009-11-20 11:23:45

お礼

ありがとうございました。
なんか上手く騙されている感じがしたとおりでしたね。
景気対策には良いのでしょうが。。。

投稿日時 - 2009-11-21 11:10:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

今までの議論は、テレビのカタログにある「定格消費電力」と「年間消費電力量」の法律の命名目的が分かっていないような気がします。結論は以下のようになります。
概要は「カタログの定格消費電力によるプラズマと液晶の比較は、鉄と綿の重さを比較するが如きでほとんど意味を持たないこと」、「ユーザーの懐具合に影響する実際の消費電力は、42型で双方とも200W超程度であること、しかもプラズマは液晶に比べて多くても1割程度であること」ということです。詳しくは以下を参照ください。
http://www.shoai.ne.jp/hirakata/it/digitaltv/digitaltv.html#shohidenryoku

参考URL:http://www.shoai.ne.jp/hirakata/it/digitaltv/digitaltv.html#shohidenryoku

投稿日時 - 2009-12-07 21:08:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-