こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

英文を翻訳したいのですが

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2395027/?tool=pubmed#__ref-listid160416

こちらのサイトの文章を読みたいのですが、Yahoo、Google、エキサイト翻訳サイトなどで翻訳するとうまく日本語の文章にならず読むことができません。
明日までに翻訳しなければならないのですが、どなたかうまく翻訳できる方法、もしくは翻訳してくださる方はいませんでしょうか。

投稿日時 - 2009-10-29 22:45:41

QNo.5407272

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

翻訳が一晩でできるか否かを知らないというのは普段英文を読む習慣をつけていないからでしょう。
いちばんの問題は専門用語に辞書が要るということです。
私は仕事で論文を翻訳に出すことがよくありますが、最初に専門用語の日英対照表を渡すことから始めます。専門用語は分野によって極端に違います。対照表がなければ話になりません。
また、日英の翻訳ソフトは現在、片言程度の仕事すらできません。関係代名詞で大抵詰まります。

以下に最新鋭の翻訳ソフトによるアブストラクトの部分の訳を示しますが、全く使い物にならないことがわかるでしょう。

バイオフィルムに関する、装置に関連する伝染病は執拗な臨床の問題のままです。 私たちは、4つのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)がicaADBCにコード化されたexopolysaccharideと無関係に決まったバイオフィルムを緊張させると最近報告しました。 ここで、私たちは、MRSAバイオフィルム開発が下に温和に促進されたと報告します、成長ミディアムへのグルコースの追加が引き金となって起きた酸性成長条件。 sortaseの損失(それはpeptidoglycanへのLPXTG含んでいるタンパク質を停泊させる)はMRSAバイオフィルム表現型を縮小しました。 更に、fnbAとfnbBの中の変化の導入、それはバイオフィルム形成を縮小された、LPXTGを停泊した多機能のフィブリノーゲンおよびフィブロネクチン結合蛋白質(FnBPAとFnBPB)をコード化する、いくつかのMRSAは引っ張ります。 しかしながら、これらの変化はメチシリン敏感なSにバイオフィルム形成に効果がありませんでした。 アウレウスは引っ張ります。 FnBPに促進されたバイオフィルムが、主要なアタッチメントではなく細胞間にある蓄積のレベルで生じました。 fnbAあるいはfnbBだけの変化は本質的にバイオフィルムに影響しませんでした。また、fnbA fnbB突然変異体中の補足するプラスミドから孤独な一方の遺伝子の発現は、バイオフィルム形成を回復しました。 FnBPに促進されたバイオフィルムは、fnbAかfnbB転写に対する影響によってではなくSarAの完全に依存しました。 プラスミドの使用は、fnbAB突然変異体を補足するためにFnBPAの欠けている地方を構築します、次のことを明らかにした、A領域、単独で、フィブロネクチン・バインディングに必要な領域がバイオフィルムを促進することができた(そして)のではありません さらに、フィブリノーゲン・バインディングを廃止したA領域N304A代用はバイオフィルムに影響しませんでした。 これらのデータは新しいSを識別します。 見たところでは、これらの多機能の表面蛋白の既知のリガンド結合活動に依存しないFnBPAおよびFnBPBによって促進されたアウレウス・バイオフィルム表現型。

投稿日時 - 2009-10-30 22:14:44

ANo.2

翻訳業と言う職種があるわけで、無料なら現状で限界。
特に黄色ブドウ球菌がどうのこうのと、専門用語が多用されている場合は駄目でしょう。

投稿日時 - 2009-10-30 12:26:09

無料のサイトで「うまく日本語になる」までには最低でも五年はかかるでしょう。
もう三十年も研究しているんですがねー。

投稿日時 - 2009-10-30 10:06:33

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-