こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

家計診断お願い致します

結婚して約1年になる夫婦です。
お手数ですが、使いすぎ・これで十分・ここを削れる等々アドバイスをお願い致します。

《収入》
夫(32歳)手取り220000
妻(31歳)手取り160000
ボーナスはこの不景気ですので当てにはせず、無いものとして考えたいと思います。
子供は今のところ予定はありませんが、少なくとも1人は欲しいかなと思っています。

《支出》
住宅ローン   88000円
修繕費・管理費 13500円
駐車場      3500円
水道       3000円
電気       5000円~13000円(季節により)
ガス       5000円~ 9000円(季節により)
固定電話     2100円
携帯2人分    9000円
プロバイダ    2000円
車保険(分割払)  2000円
ガン保険2人分  6000円
夫小遣い    30000円
妻小遣い    30000円
※昼食代や私服代は小遣いから出しています。
下着類や部屋着、仕事用の服や靴は生活費からです。

貯金      70000円
貯金(旅行用)  10000円
※70000円貯蓄ですが、この中から団信、車検、車や家の税金を出していますので
純粋にローン繰上返済や将来の為の貯蓄となるともっと少なくなります。

上記、固定の支出を除いた残りを生活費としています。
食費や散髪代、レジャー費、高額ではない医療費も生活費からです。
1~2万程度の物(ちょっとした家電等)も生活費で出しています。
ネット等で見ると食費や医療費など分けておられる方が多いのですが、
私達としては、医療費は固定でいるものではないですし、レジャー費にしても
毎週末、私と妻が休日が合うわけではなく、外食の数・遊びに行く数が月によりバラバラですので
まとめて生活費とし、その中で各々の比率を調整しています。

まず、このような生活費としての一括管理が良いのかどうかです。細かく考えなくて良いので計算上楽は楽なのですが。
あと、皆さんの質問を見ていると電気やガスも固定で書かれているのですが、
我が家みたいに季節によって倍ほど違わないのでしょうか?平均を書いているとか?
ちなみにマンション購入時に、プラン選択で和室を無くしてリビングにしたので
広いのは良いのですが、その分暖房費が高くついている気がします・・・。
まあこれは仕方がない事ですけど。
私としては、将来を考えてもう少し貯金にまわした方が良さそうな気はするのですが、
貯金を増やすと全くゆとりの無い生活になりそうで尻込みしています。

※生命保険に関しては、夫婦とも収入保障保険で月々12万円ほど出るものを検討中です。(大体月々手取り10万円ほどの受取りで検討)
おそらく加入する事になるのでその場合、2人合わせて月々7600円ほどの支出増になります。
医療保険に関しては終身で加入を考えた事もあったのですが、支払う金額や保険金の額や条件、
リスクの大小を色々と検討して我が家には不要だと判断しました。

以上、色々とアドバイスやご意見を頂ければ幸いです。(出来れば節約のコツ等も)
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2009-10-28 11:22:34

QNo.5403035

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

引き算をしてみたところ、ご質問者様夫婦の生活費などは10万円程度で高過ぎます。散髪費、レジャー費、医療費、食費込みとのことですが、(ガソリン代も含まれるかな)

散髪費は出産後も変わらず必要ですし、

子どもができてからも共稼ぎを続けるのならば、出来合いのお総菜、外食などに頼る機会が増え、今以上に食費が嵩みます。

医療費は40代になってからと、幼少期の子どもに必要になるものです。

子どもも2歳以上で海外旅行、3歳以上で国内の飛行機、小学生から子ども料金、中学生以上で大人料金が掛かるわけで、レジャー費も嵩む方向だと思います。

ガソリン代は、子どもが小さいうちは病院へ行くのも買い物へ行くにも必要になり、嵩む方向でしょう。

全て嵩む方向の上、保育代がびっくりするくらい高額です。

No.1様が書いていらっしゃるとおり、団信、車検、車や家の税金は別途積み立てして下さい。毎月の収入・支出だけでは無く、1年単位での計画も大切です。

光熱費も、マンション居住の共稼ぎ世帯なのに高額だと思います。参考までに、我が家は電気、ガス共に3,000円~7,000円です。夏季は極力日光を遮り外気を取り入れる。冬期は日光を取り入れ夜には断熱する。夜更かししない。極力同じ部屋で過ごす。お風呂はまとめて入る。TVは見る時だけ付ける。

若い内に引き締めておかないと、その生活に慣れ切っちゃってからでは引き締められなくなってしまいます。私は、ご回答者様よりもちょっと年収が高いくらいで私立中学1年の息子が一人の母子家庭ですが、年間100万円貯蓄しています。趣味は旅行とスキーで、かなりの金額を趣味に遣っているし、タバコは吸わないけれど酒は飲みます。

ご質問者様夫婦も、それだけの収入が有って子どもがいないのであれば、最低10万円/月の貯蓄ができるハズです。生活費に計上している10万円で『ちょこちょこ浪費』をしていらっしゃると思いますよ。『ちょこちょこ浪費』とは、1つ1つは安いものをちょこちょこちょこちょこ買ってしまい、何にお金を使ったのか分からない状態のことで、このタイプが一番貯金に向きません。

まず、ハッピーライフプランの作成をお薦めします。

2012年 子ども誕生。学資保険開始、年間18万円。車検10万円。固定資産税10万円。年間38万円。
2013年 保育園入園。保育料年間40万円。学資保険年間18万円。固定資産税10万円。年間68万円。
2014年 自動車更新 150万円。保育料年間40万円。学資保険年間18万円。固定資産税10万円。年間218万円。
2019年 小学校入学。入学資金10万円。給食費等年間10万円。スイミングスクール年間10万円。学童年間4万円。学資保険年間18万円。固定資産税10万円。年間62万円。
2025年 中学入学。入学資金10万円。給食費等年間12万円。学習塾年間30万円。学資保険年間18万円。固定資産税10万円。年間80万円。

かなり省略していますが、こんな感じですね。

更に3ヶ月間、家計簿を付けてみてはいかがでしょう?。こんなもんにお金遣ってる場合じゃないと思うと思いますよ。

投稿日時 - 2009-10-28 23:41:39

お礼

ご回答ありがとうございます。
子供が出来ると想像以上に出費が増えそうですね。やはり今から引き締めた生活に慣れないといけませんね。

子供が出来て共稼ぎとなると出来合いのお惣菜、外食などで食費がかさむとの事ですが、
外食なんかは特に子供が小さいと逆に行けなくなると思っていたのですが実際は違うのでしょうかね。
出来合いのお惣菜に関しては、今のところ全く頼らず自分で作っていますので今後も積極的に購入する事はないかと思います。
やはり作ったほうがおいしいですし、出来合いの物は添加物が心配です。2人とも仕事の日は妻より私のほうが仕事帰りが早いので私が作っています。
2人の休日が合う日は外食もありますが。

団信や車検、税金に関しては来月より早速別途積み立ての方向で行きたいと思います。

光熱費に関してはやはり高いのでしょうね。夏は私が暑がりで、冬は妻が寒がりなもので、ついつい冷暖房に頼ってしまうのがいけないと分かっているのですが・・・。

年間100万貯金とはすごいですね!私達も、一番貯金がしやすい今、頑張りたいと思います。
生活費も月10万は多いのだと思います。shu-hikaru様のおっしゃる「ちょこちょこ浪費」ではなく、やはり外食費が大きいですねぇ。
2人の休日が一緒の日は大体食べに出かけていましたので。
しかも生活費に余裕がある時はついつい高級なところへ食べに出かけてしまいます
昨月は色々と出費が多くなり生活費に余裕が無かった為に一切外食をしなかったのですが
月初はかなり厳しい生活費でしたが最終的には5000円ほど余る状態でした。これを続けていければもっと貯金出来ますよね。

ハッピーライフプランありがとうございます。
目安として子供の居る生活に掛かる費用の参考になりました。
子供がしたい事をお金がないせいで我慢させたくはないので、やはり今から生活の引き締めが大事ですね。

ちなみに家計簿は結婚してから1年間ずっとつけています。当初は妻が付けていましたが断念したのでここ半年ほどは私がつけています。
しかしながら他家の家計がわからないので、出費がこんなものなのかどうか疑問でした。
ご丁寧な回答どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-29 11:01:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

丁寧なお礼をいただき、まことにありがとうございます。
私、調子に乗りやすいのでも一度書かせていただきます。

>子供が出来て共稼ぎとなると出来合いのお惣菜、外食などで食費がかさむとの事ですが、
外食なんかは特に子供が小さいと逆に行けなくなると思っていたのですが実際は違うのでしょうかね。

とにかく忙しいのと、ストレスが溜まるんですよ。

ご質問者様は非常にマメで、穏やかな方のようなので素敵な家庭を築かれると思いますが、ご出産される2~3年後には今以上に仕事がのりのりになっていると思うんですよ。それはご質問者様だけでは無く奥様も一緒でしょう。

子どもの保育園へのお迎えをする当番の人は残業ができません。が、仕事は時を選ばない。いきなり残業しなければならなくなるかも知れない。さて、どうしますか?。

保育園から11時に電話が有りました。「○○ちゃんが37度を超えましたので引き取りに来てください。」さて、どちらが行きますか?。

子どもが月曜日の朝に発熱しました。さて、どちらが休みますか?。

2人だけの時にはお洒落な店で恋人気分でお食事してお酒も飲めたのに。
素敵な服も、子どものヨダレでべたべたになるし、ネックレスは子どもに引きちぎられた。

なんと言っても子ども中心の生活で自分の時間が全く無い!!

仕事から帰って迎えに行って、せめて7時に子どもに夕食を食べさせたいけど定時に帰ってきたのにぎりぎり。子どもに食べさせてから自分たちの食事の準備。しかもあやしながら。お風呂に入れて自分はほとんど洗えない状態で終了。洗濯機回して明日の食事の下ごしらえして子どものために9時消灯。

これが毎日続くんです。

ご質問者様が経験した昨月以上のストレスがずっと続くと思いますよ。

そして、高級な店、お洒落な店に行けなくなったストレスを発散する場所、方法を見つけますよ、絶対。

出産、子育ては大変ですが、幸せもいっぱいです。私は、42歳女性×1、中学生の息子1ですが、彼のお陰で私の人生は誰よりも豊かです。是非、子どもは持っていただきたいです。

老婆心からもう一つだけ。

貯蓄する額を先に引き落としなどで強制的に貯金した方が良いです。余って終わると翌月にその額も使っちゃう気がします。

幸せな家庭を築いてくださいね♪。

投稿日時 - 2009-10-29 20:36:46

お礼

追記有難うございます。
子育ての大変さが良く分かります。
我が家は子供は天に身をまかせという感じなのですが(欲しい欲しいと思うと出来ない時にストレスになるので)
子育ては大変なぶん幸せも大きいのでしょうね。

先月余った分、確かに今月の生活費に足してしまいました。
やはり、税金等の積立をし、貯蓄額の見直しもしないといけませんね。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-30 11:53:48

ANo.3

こんばんは。
私も結婚して1年半なので、アドバイスなどできる立場でもないのですが、家計に関しては試行錯誤を続けているので、ちょっとだけ…。

生活費がどんぶり勘定な感じなのでなんともいえないのですが、書き出してあった項目に関していえば、堅実な家計なんじゃないかなと思います。
うちも光熱費は季節によって変動が大きいです。うちは例えば電気代なんか、4000円~2万円近くまで、もっと変動してます;でも、月々の家計の予算としては平均値より少し多めくらいで組んでいます。月々は黒字だったり赤字だったりするわけですが、1年を通じて見ればよいかなと思っていますよ。比べるときは、基本的に前年の同月と比べます。(となりあう月で比べることもありますけどね)
小遣いについては、うちも、個人的な支出はすべて小遣いから(うちの場合は散髪・美容院代も)出しているので、一般的な「小遣い」の額よりはかなり高めです。個人の裁量で調整できる部分も必要かなと思うので、それはいいのではないかと感じています。

貯金に関しては、やはり、税金など近いうちに払わなければいけないもののための積み立て分は、いわゆる貯金とは分けて考えたほうがわかりやすいと思います。
貯金も、やはりできれば目的別に分けて考えたほうが(はっきりした目的があるなら)わかりやすいと思いますよ。
これは、たんす預金ということではなく、口座を分けて管理したほうがよいのでは、ということです。口座が増えるとその分管理は煩雑になりますが、そのほうがわかりやすいですよ。まぁ、あまり細かく分けなくてもいいとは思いますが、例えば、「当座の生活費の予備(何かあったとき用)と冠婚葬祭費」「繰り上げ返済用」「車の買い替え費と旅行代」「子ども用」とか…。ご夫婦は別の名義になるので、それぞれが2箇所の銀行で作れば4つの口座になりますよね?あと、定期も作れますし。そのくらいならそれほど手間でもないのでは。
とりあえず200万貯まるまではざっくり1つの普通預金口座に貯めていてもいいかとは思いますが。

生活費は、節約、ということを考えるのであれば、もう少し項目を分けたほうがいいような気がします。家計簿はつけていらっしゃいますか?
もちろん月によって変動はしますが、大体1ヶ月に食費はいくらぐらい、レジャー費はいくらぐらい…というのを把握しておいたほうが、お金の流れが見えるというか、今後の家計を考えていく上でも有効な気がします。
(いったん把握した上で、大体合計いくらでいいや、となったのならまた別ですが。)
私は、なんとなく使ってしまうのがいちばんお金が貯まらないのでは、と思っているので、家計簿はきちんとつけるようにしています。家計簿をつけるのであれば、項目を分けたほうがつけやすい気もします。
月末には項目ごとに集計して、今月は外食が多かったから気をつけよう…とか、一応反省もします。
反省して減らせるものばかりでもないですし、月々の支出が平準化するとも限りませんが(例えば医療費や交際費は、毎月同じ額にはなりえないですし)、それでも毎月の支出を見ていれば意識も変わってくるもので、食費は結婚当初に比べて1万円以上ダウンしましたよ。
わたし的なポイントとしては、あまりキツキツで予算を組まないことと、「使ったお金はきちんと記録するけれど、実際の残金(財布のお金)は数えない」(入ってくるお金が決まっているので、出て行ったお金が大体把握できていれば多少の使途不明金については気にしない)こと、オーバーする項目(赤字)があっても納得のいく理由があればよしとする、黒字分は3ヶ月ぐらいプールしておいて足りない月はそこから補填・その残りがある程度まとまったら預金する…といったところでしょうか。あまり締めすぎても息が詰まりますし、細かくきっちりしすぎもつらいので、ある程度のどんぶり勘定的な部分は残しています。
家計をみるときには、1か月単位でなく、年単位で見るべきかなとも思っています。でも、そのためには月単位の記録も必要になってきます。だから、月々変動するということを理由に項目分けしない…というのもちょっと違うのかなという気がしますよ。

投稿日時 - 2009-10-28 23:43:41

お礼

ご回答ありがとうございます。
1年通して家計を考えるという考え方も有りですよね。私達も結婚当初から家計簿を付けておりようやく1年が経ちましたので、chocot430様のように前年同月との比較もしてみようと思います。

やはりみなさん仰られるとおり、団信や税金などの固定費は分けて考えた方が良いですね。これは早速来月の家計より始めてみたいと思います。
また、銀行口座も増やしてわかりやすく管理するほうが良いのでしょうね。
現状は、貯金用口座とそれぞれの給料入金口座しかありませんので。

生活費に関しては、一応家計簿は付けているので外食にいくら使ったとかは把握しているのですが、余裕があるとついつい贅沢してしまいます。
しかしながら、昨月は色々と出費が多く一切外食をしなかったのですが、最終的には5000円余らせて終わりました。
この1ヶ月間は、自分自身にお金は使えないと言い聞かせて過ごしましたので、精神的にはよろしくありませんでしたが
これに慣れてくると、もっと貯金もスムーズになるのかなと思っています。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-29 11:46:11

ANo.1

住宅ローンが少し高めなようですね。ずっと共働きなら良いのですが、子供が出来ることを考えると旦那さん1人の収入ではかなり厳しいです。それまでに、再就職出来るまでの間補填出来る貯蓄が必要になると思います。他は特にありませんが、小遣いが少し高めのような気がします。ただ、これには昼食代や被服費用も含まれているので何とも言えません。小遣いの平均額は収入の10%なのでこの辺りを目安にされるのが良いと思います。なので、昼食代や被服費は小遣いから切り離して管理する方が良いです。
電気代が高めのようですが、マンションならある程度仕方ないのかな?季節によって変動する光熱費は平均して計上すれば良いです。貯蓄がある程度あれば、問題無い上下動でしょうし。
貯蓄は7万円と書いておきながら、ここから団信、車検、車や家の税金を出していては意味がありません。この辺りの毎月掛からない費用はほぼ固定なので、毎月別に積み立てるようにしてください。その上で貯蓄した方が管理がし易いでしょう。あと、出来れば貯蓄についても、目的別に細分化する方がお勧めです。繰上返済用、出産費用、子供用、車の買い替え用…と大抵は計画的に出来ることばかりですので、いつまでに幾らとかはある程度把握出来ると思います。あと、貯蓄額を書かれていませんが、これも家計簿診断の重要な項目です。いざという時のための貯蓄も、これとは別に生活費の半年分以上は常に置いておきましょう。

投稿日時 - 2009-10-28 11:47:47

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
住宅ローンに関してはいまさら変更できないので、仰る通り妻の育児休暇中の補填を貯蓄したいですね。
小遣いの目安は10%程度なのですね。参考になります。
昼食代や被服費(私服に限る)を小遣いに含めているのは、私と妻では当然の事ながら趣味や服にかける金額の割合や優先順位が異なりますし、
費用をそれぞれ別にしてしまうと妻がいくらの服を買ったんだから、じゃあ私も同じぐらいの服が欲しいとなって
かえって無駄遣いになってしまいそうだからです。
現状ですと、妻は服代を確保する為に弁当を持って行ったり昼食を調節しています。
また、私は服をがまんしてその分DVDを買ったりいろいろと欲しいものを小遣い内で調節して購入しています。
質問に有りますように服でも、生活に必要な服類は生活費からとなりますが。

電気代は冬にこんなに高くなるとは思っていませんでした。灯油ストーブの手間をかけるつもりはないのでその分高くついているのでしょうか・・・。

貯蓄はやはり団信、車検、税金を別途積み立てて計算する方が良いですよね。金額も分かっているものですし。
このあたりはかなり大雑把になってしまっていると思います。
車の買い替え時期もいずれやってきますし、積み立てていかないといけませんね。
ところで貯蓄を目的別にとの事ですが、たくさんの口座は作れませんし管理も大変だと思うのですがタンス預金でということでしょうか?

ちなみに貯蓄は夫婦それぞれの個人資産抜きで130万円ほどです。
質問では言葉足らずになってしまいましたが、貯蓄に関してはとりあえず200万を基本的に目標としていまして、
それ以上の分は住宅ローンの繰上返済にまわしていきたいと思っています。(フラット35なので100万以上でないと繰上返済は出来ませんが)
※200万あれば何かあってもある程度対応できると思いますし、それ以上は金利の安い今、将来の為の貯蓄をするぐらいなら繰上返済をする方が有利だからです。

子供が出来るとまたライフプランが変わってきますが、とにかく団信や税金の積立はすぐにでも金額を出して積み立てていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-28 14:49:02

あなたにオススメの質問