こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

東証が発表する空売りに関する公表資料について

 はじめまして。東京証券取引所(以下「東証」)が発表する信用取引に関する資料についてお伺いします。
 東証では、毎日大口(発行済株式の0.25%以上?)空売りを行っている証券会社から、銘柄別にその空売り数量を「空売り残高情報報告書」として報告させ、それを一般に公開しています。一方、毎週末の銘柄別の空売りの全取引残高を「銘柄別信用取引週末残高」として公表しています。ところが、この「空売り残高情報報告書」と「銘柄別信用取引週末残高」で整合性が取れない場合があります。
 具体的に言いますと、東証1部に上場するJUKI(6440)について、10/9時点(10/14公表)の「空売り残高情報報告書」を参照すると、GOLDMAN SACHS INTERNATIONALだけで4,187千株を空売りしていることが記載されていますが、一方10/9時点(10/14公表)の「銘柄別信用取引週末残高」では、一般+制度での空売り総残高は3,289千株であり、空売り総残高よりもGOLDMAN SACHS INTERNATIONALの空売り残高の方が多くなっており、この2つの資料の整合性が取れません。
 お恥ずかしながら信用取引の経験が浅く、なぜそうなるのかよく分かりません。理由をご存じの方、ぜひお教えください。よろしくお願いいたします。

マルチメディアファイルは削除されたか見つかりません。

投稿日時 - 2009-10-22 19:45:49

QNo.5388211

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

♯1です。空売りと信用売の違いをご存じでないという質問に対し、的外れな回答をしてしまい大変失礼をいたしました。

貸株についてはご存じでしょうか。
貸株市場から株を借りてきて売りをする事が信用売、貸株市場を通さず売りをする事が空売りです。

したがって、GOLDMAN SACHSは、貸株市場を通さず、信用取引規制の外で調達した株を空売りしたという事になるかと思います。

投稿日時 - 2009-10-26 11:30:35

空売りは、売り建ての玉(売建玉)の事を指します。

信用取引は、売り建て(売建玉)と、買い建て(買建玉)両方を指します。

信用売○○○株、信用買○○○株、信用倍率○○
というように記載または表示される事が多いです。

信用倍率は、信用買建玉残高÷信用売建玉残高です。
信用倍率は、その銘柄の売買判断の指標のひとつとして利用されています。

投稿日時 - 2009-10-23 09:10:10

お礼

 ありがとうございます。当方は、東証が毎週第2営業日に発表している「銘柄別信用取引週末残高」に基づいた信用倍率を参考に信用取引をしているのですが、最近になって「空売り残高情報報告書」の1社の空売り株数だけで、「銘柄別信用取引週末残高」の総空売り株数残高を超えるという、あり得ないことが資料として発表されていることに気付いた次第です。

投稿日時 - 2009-10-23 21:01:46

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-