こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

GIDを告白しているタレントについて

最近、メディアで取り上げられている椿姫彩菜、IKKO、KABAちゃん、ピーターなどなど、元の身体は男性で心は女性というタイプのGID当事者のタレント化が進んでいる気がします。

しかし、元の身体は女性で心は男性というタイプのGID当事者は、数年前の「金八先生」での上戸彩以来、社会から認知されていません。今現在、社会内で注目されいる人がいたら教えてください。

又、それは何故でしょうか。
やはり本人が自身の告白を嫌がるのでしょうか。

投稿日時 - 2009-10-19 11:13:21

QNo.5378883

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

初めまして、FTMのatojy84です。

私の個人的な見解ですが
ただ単に、メディアで取り上げるだけの個性や魅力があるか無いかだと思います。

私もFTMですが…
FTMにはメディアに取り上げられそうな、個性や魅力を持つ人は少ないように思います・・・

投稿日時 - 2010-01-25 05:44:22

ANo.2

「タレント化が進んでいない」ということであれば、そういう才能がない方が多い、あるいはそういう方向に行こうという感覚がないということではないでしょうか。

オカマさんの場合、そういう手合いのお店に行っても、サービス精神が旺盛で、楽しい人が多いような気がします。
たとえばショータイムなんかがありますが、あれって一種の芸というか、そのままテレビで放送してもOK(って問題は多々ありますが)なくらい、ショーアップされています。

それに較べてオナベさんの場合、勿論、サービス精神もありますし、楽しいのですが、やはりどこかクールな感じがあって、テレビなどで“いじられる”雰囲気とはどこか違います。
女性から男性になっているのですから、「そんなちゃらちゃらしたこと、やってられるか」という硬派な感じの方が大多数だと思います。

そんな点から、本人が告白を嫌がるというよりは、ニーズ自体が少ないのではないかと思います。

あとは世間的な問題も少しはあるような気がします。
随分とましになったとはいえ、まだ“男社会”の残滓がある社会ですから、“女が何かを声高に主張すること(カミングアウト)”がしにくい社会であることは確かで、それが証拠に、性同一性障害だけではなく、レズビアンの方も、あまり表舞台に出てきません。有名人でカミングアウトしている人は、日本ではほとんどいないと思います。

とはいえ、最近ではNHKですら、この手の番組を放送していますから、カミングアウト自体はずいぶんと進んできていると思います。
ただ、ニーズがない、FtMを取り上げても面白くないから、マスコミに取り上げられない、だから社会的に認知されない、というのが現状ではないでしょうか。

投稿日時 - 2009-10-19 19:10:51

ANo.1

男性としての風貌を活かした職業(ホストなど)で生活されている方はテレビでも登場することがありますし、性同一性障害の方同士でご結婚される方もいます。

ただ、タレントとして考えた場合、見た目だけでも言動だけでも足りません。それらがうまく合わさって、視聴者の関心をひかないと、そもそも起用されないのです。

実績もないので、テレビへの出演依頼も来ない→視聴者が知る機会も来ない→… という循環にいるわけです。

投稿日時 - 2009-10-19 16:11:49

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-