こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

鬱病の夫 (長文ですが助けてください)

彼の事は以前も質問させていただきました。

現在彼に対して愛を感じなくなっています。
実をいうと結婚前に彼から鬱をカミングアウトされたときに「うつ
だった」という過去形であり「君の家の両親には言わないで。そしたら結婚反対されるから」といわれていました。
私自身もうつ病に対しての偏見がありましたが(気持ちの持ちようだと)終わったことだとおもっていました。
しかし現在も内服通院治療中だったこともあり正直にいうと
どこかでだまされた・・・という思いになっています。
結婚して日が経っていませんが生活をすることで今まで見えていない
部分がみえてきました。
相当の物忘れがあり、それも金銭的な事なのでその度にショックをうけます。お金使いが荒いので生活が苦しいです。
だんだんと今度は私自身が精神的に参ってきました。
結婚して私も相手のルーズさを指摘したこともあり本人は
「薬を減らしたのに調子悪くなるよ。また自分で増やした」
といっていました。
子供の事やこの先の生活・・・付き合った期間が短かったこともあり
だんだんと「この人は私と一緒にいることでどんどん病気がわるく
なるのではないか?」と考えるようになってます。
そしてお互いに自分らしい生活をする為には離婚も考えても
いいのでは?でももしその事を彼にいったら病気にはどんな影響を
与えるのだろう・・・。
ただ私もどこかで自分がかわいいのです。
私の両親は何も知りませんし私は本音をいうと今は彼を
愛している気持ちがありません。優しいときもあるのは分かりますが
生活をするのに優しい。それだけでは生活が成り立ちません。
私が彼を支える気持ちが揺らいでいるのです。
私の彼に対する愛情もなくなっているのがわかります。
触られるのが嫌になってストレスなどで喘息になってしまいました。

彼の両親は病気の事は分かっているのかもしれませんが
私は誰にこの先の事を相談すればいいのでしょうか。
今回結婚して私も自分の神経質な面を自覚することができました。
このままだとお互いが苦しむような気がします。

投稿日時 - 2009-09-16 08:19:08

QNo.5294016

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

結婚を反対されるだろうから、義理の両親となる人々に知られたくない、というのは無理のあるスタートですね。
うつの治療は、家族や職場の理解があってこそうまくいきます。
何かことがあるたびに周囲に嘘やごまかしをしなければならない生活を続ければ、病気でないものも病気になりますよ。

離婚は自分の判断で決めればよいと思います。
離婚の希望を伝えるのであれば、
まずご両親に正直に事情を話して離婚したい旨を伝え、
ご両親とあなたとご主人、可能ならご主人のご両親も一緒に会って
話を切り出したほうがよいでしょう。
あなたが一人で抱え込まないようにすることも大切です。
喘息はもともとの持病ですか? 初めて急に喘息になったのでしたら、
シックハウスや化学物質過敏ではないかと思うのですが、
睡眠を良く取り、外気を深呼吸して肺のすみずみまで動かすように、
また、水分の摂りすぎに注意してください。

投稿日時 - 2009-09-18 18:10:41

ANo.3

私は長期うつ病で、買い物依存症です。

私は三人の医師から、生まれつきうつになりやすい気質なので、
良くならないと言われました。

買い物も、自分でコントロールするしかないと言われましたが、
買い物した時の何とも言えない高揚感の時だけ、
自分がうつである事を忘れられるので、
常に、明日こそ買い物を辞めようとは願ってますが、
なかなかやめられなくて、買い物した後、
こんなに止められなかったら、死んだ方がいいのかなと
すごく後悔と、テンションが下がります。
これのくり返しです。

私は既婚者ですが、子供は19才です。
結婚生活が長いので、流されて生活してますが、
御質問者さまは、まだ未来があられるようなので、
ご自身の幸せを優先された方がいいと、
個人的に思いました。

投稿日時 - 2009-09-18 09:31:34

ANo.2

うつ経験者です。
(3年、4年ほど前に克服しており、薬も服用していないです。)

もう質問者さんの中では想いが固まられている感はありますが・・・
「愛情がなくなっているのにいることはそれは愛情」とは呼べないですからね。

夫さんもそれだけ質問さんのことがお好きだったのだと思います。
黙っていたのは、そうしないと質問者さんと一緒にいることができないことの裏返しだったのでしょうね。

ただ、質問者さんのことをちゃんとお考えになられたのであれば、夫さんの方から質問者さんの方へ「結婚される前に、生活のことなどもあるので、本当のことを話されておくべきだったかなとは思います。」

夫であるとか、結婚してるとかはおいておいて
「人としてその方に愛情をもてるかもてないかで、もてないのなら、そのままいても進展は少ない」と思われます。
(無いとは言い切れないので)

夫さんの事も大事かもしれませんが、
「質問者さんが相手のことを分ろうとしたり、支えようとしたりするのは素晴らしい事ですが、それを自分の限界を超えてまでする必要はないんです」よ。
まずは質問者さんご自身を大切にされた方がいいと思います。

>そしてお互いに自分らしい生活をする為には離婚も考えてもいいのでは?
いろいろお考えの末で、それがいいと思われておられるのなら、それがいいのだと思います。
離婚を考えている中で、一緒にいても、それこそ良い家庭環境は築けないからだと思うからです。

>彼にいったら病気にはどんな影響を与えるのだろう・・・。
うつの人は繊細なところがあるので、あまり良い影響はでないとは考えられます。ただ、必ずしもそうともいえず「それが何かの切っ掛けとなって、うつから脱出」なんてこともあるかもしれませんけどね。

それと、
質問者さんは特別神経質なのではないと思いますよ。

以前、この教えてgooという場で色々な質問・回答をみていましたが、
生活面の安全、子供の安全、お互いの良い関係を築こうとすることは必然的なものだと言われています。

お話を拝見した限りでは
質問者さんが離婚を考えられている原因は他にもいろいろとありそうなので、そこまでして無理に付き合うこともないと思います。
(本当にお互いのことを互いで思え合えていたら、そういう状態すらおこらないのだと思いますからね。)

ただ、1つお願いなのですが
(かなり無茶なお願いかもしれませんが^^;)
あまり夫さんを責められないであげてくださいね。

結果的には良くなかったことをしてます。(私の目からみた限りでは)
ただ、それは質問者さんが好きでしてしまったことなので、できたらそこだけは汲んであげてくださいね。(夫さんの自分勝手かもしれませんが、質問者さんを本当にお好きだったのでしょうね。)

まあその・・・「本当に好き」であったのなら「相手の未来(幸せ)」をちゃんと考えて行動するとは思いますけれど(--;

質問者さんにお勧めの本があります。
・ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) (文庫)  細川 貂々 (著)
※鬱の人の気持ちが分るかもしれない本です。(私はよく描かれた本だと思ってます)

※これを機会に夫さんの「良いところ」「悪いところ」を一度見直されてみるのもいいかもしれません。 それでどうしても愛情がもてないのでしたら、私は夫さんから距離を置かれた方がいいと思います。
(結婚されたということは、どこかしら夫さんにも良いところがあると思われるので。)

※うつの人と上手く付き合うには、例えば質問者さんの場合だと、
 「夫さんがどうしたら元気になるかな? 嬉しいのかな?」というところを知っていく必要があると思いますので、仮にそこを知れる切っ掛けがあれば関係が良くなっていく事もありえないことではないです。
 その辺りは質問者さんの性格やメンタルな部分、合う合わないもあると思いますし、無理して付き合うこともないと思いますけどね。
 
 質問者さんに余裕がおありなら一度、夫さんのうつを軽くされるのもいいかと思いますが、もし余裕が無い状況であるのならば
 
 「まず、質問者さんが余裕な状態(元気な状態)であること。」が一番大切だと思いますから。
 
 なので今回質問者さんがお考えになられたことはどれも悪い事ではく“自分を大切にする、互いを大切にする、今後の未来を考える”という意味においても、とても素晴らしいことなのだと思いますよ。
 
 長くなりましたが。
 質問者さんがしたいと思われること、そうした方がいいと思われることを素直にされていくのが一番かなと思います。

投稿日時 - 2009-09-16 09:38:55

お礼

文章を拝見しました。

愛情がない。と書いてしまいましたが・・・自分でも
今は何が愛情なのか。分からなくなっています。
私が一緒に寝たいともいう欲求が
なくなっているのでそう感じているのだと思います。
本の事はまた本屋さんで見てきたいとおもいます。
考えすぎの性格なので余計自分も追い込んでいるのでしょうね。

投稿日時 - 2009-09-16 13:36:34

ANo.1

彼がカミングアウトした時にもっと「うつ病」を理解すべきでしたね。
ご主人が「完治した」と言っていない場合、再発の可能性は十分にありました。
また、「うつ病」とはどういうものか、
うつ病患者の家族がどのように対応しているかなど、
よく確認しておくべきでしたね。
「うつ病」の程度にもよりますが、うつ病患者のご家族は
当然、苦労が伴います。

>相当の物忘れがあり
記憶力が低下する。物事の判断ができなくなる。よくある症状です。

>お金使いが荒いので
買い物依存症になる人も多いと聞いています。
元々、お金使いが荒いとも考えられます。

>相手のルーズさを指摘した
ルーズではなく「動きたくても動けない」かもしれません。
やりかけたことを途中で忘れてしまうこともあります。
また、うつ病は何もできず一日中寝ていることもあります。


>薬を減らしたのに調子悪くなるよ。また自分で増やした
結婚生活による新たなストレスで病状が悪化したのでしょう。
独身時に比べ、結婚すると時間やお金の自由度がなくなりますから
ストレスが増えることは想定できます。

>子供の事
ご主人は精力減退していませんか?よくある症状です。
育児は新たなストレスになり病状が悪化する恐れがあります。
また、「うつ病」はやる気がでないため動けなくなる時があります。
ご主人からの育児協力もあまり期待できません。

>この先の生活
ご主人はしっかりとした定職に就かれておりますか?
病状によっては欠勤がちで定職に就けない場合もあります。
今後も病状によっては休職や退職などで収入面の心配もあります。

>この人は私と一緒にいることでどんどん病気がわるくなるのではないか?
あなた次第です。今の様子では悪くなります。

>離婚も考えてもいいのでは?
当然の選択肢の一つです。

>もしその事を彼にいったら病気にはどんな影響を与えるのだろう
ストレスで病状が悪化するかもしれません。

>自分がかわいいのです。
当たり前のことです。気にすることはありません。

>愛している気持ちがありません
「うつ病のご主人」を愛していないのではないでしょうか?

>私が彼を支える気持ちが揺らいでいるのです
「うつ病」のご主人を支えるのは大変ですから
心が折れてしまいそうになるのは当然のことです。

>触られるのが嫌になってストレスなどで喘息になってしまいました
今のあなたの精神状態では夫婦でお互いにストレスをかけ合って、
悪循環を繰り返していると思います。

>彼の両親は病気の事は分かっているのかもしれませんが
十分に理解しているとは限りません。
子供のことはひいき目に見たり、目をそらしている場合もあります。

>誰にこの先の事を相談すればいいのでしょうか。
1)自分のご両親
2)うつ病経験等のある知人
3)ご主人の主治医
4)精神科医(あなた自身も心療内科等に通う)
5)カウンセラー(臨床心理士)
6)地域の心の相談室
7)ご主人
8)信用できる友人

>このままだとお互いが苦しむような気がします。
このままでは、その通りだと思います。
あなた自身も「うつ病」になる可能性があります。
几帳面、真面目な人は「うつ病」になりやすいです。

「うつ病」は不治の病ではありません。
治療を続ければ必ず完治します。
最終的に、「うつ病」とそれを患うご主人のことを理解し、
支えるなんて重く考えずに、共存できるか考えてください。

投稿日時 - 2009-09-16 09:29:05

お礼

的確な分析ありがとうございました。
主治医の先生には私もお会いしました。
私も励まさない。という対応はしっていますがどうしても
当たってしまうという事を話したら対応を変えるのはかえって
相手も心配になるから普通に接していいですよ。と言われて
いたのです。
自分の両親には相談できません。
彼に最初に言われたとおり隠しています。また私の両親が
それを聞いたら余計に私の事を心配して眠れなくなってしまうと
思います。
共存できるかどうか・・・。ですね。
これからじっくり考えすぎずに考えるように努力します。

投稿日時 - 2009-09-16 13:41:22

あなたにオススメの質問