こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「都」「道」「府」「県」の違い

中3の社会系が苦手な女子です!

日本の都道府県は、ほとんどが「県」です。
なのになぜ、

・大阪府と京都府は「府」
・東京都は「都」
・北海道は「道」

なのでしょうか?

そして北海道以外は
「県」や「府」などを省略して
「大阪」「東京」「京都」というのに、
なぜ北海道は「道」を省略せず「北海道」というのですか?

どのページを見ても難しい言葉で書いてあります。
歴史があって難しい話だとは思いますが、
中3・・いや小学生や中1くらいでも分かるように
易しい言葉で教えてください。

お願いします。

投稿日時 - 2009-09-06 22:51:46

QNo.5268726

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

今晩は。
「道」だけは少し難しいので解りやすく説明します。
「都府県」は「幕藩体制の藩」を「廃藩置県」してできた「県」を統合
して生まれたというのが基本です。
ただ、北海道(蝦夷地)は幕府にとって支配体制が確立していない地で
した。
南の方に「松前藩」があったのですが、直接支配地は限られていました。
幕末近くになって、国防上の必要から東北諸藩に一部を領地として配分
したりもしているのですが、あくまで「付け足し」の土地でした。
明治政府はこの「蝦夷地」を開拓地として幕府から引き継ぎ、内地とは
別途に支配体制を整備して行きました。
一時は「函館」「札幌」「根室」の3県が設置されたりもしたのですが
結局は1886年(明治19)に全体を1つの地方機関で管轄するのが良いと
いうことになり、それが現在の「北海道庁」と名付けられたのです。
こういう経緯ですから、元々「北海道庁」は「府庁」「県庁」とは全く
性格の異なる地方機関だったわけで、機関名が「地名」+「種別名」+
「庁」という構造になっていないのも、この性格の違いに起因しています。
結果として「北海道庁」の管轄地が「府庁」「県庁」の管轄地と意味合
いが異なるを解消するため、他の「都府県」と対等にするために現在の
「道」としたのです。
しかし、戦後の地方自治制度が再整備され、他の府県の権能に属さない
部分を分離して「北海道開発庁」(2001年の省庁再編で国土交通省に統
合)とするなどした結果、「道府県」の法的な差異は全く無くなりました。
後、NO1さんの回答の中の、北海道の名前の由来に少し追加ですが、古
代「五畿七道」のうちの「七道」の中に「東西南」の3つの「海道」が
あって「北」が欠けていたから付けられた様ですが、あくまで「参考」
にしただけであって、「五畿七道」の発想をそのまま踏襲したわけでは
ありません。
「七道」は都からの命令や都への報告の伝達を目的とした地域区分であ
り、まず伝達のための「官道」を設定して、各々の官道に沿う細長い領
域を1つの地域としています(それゆえ「○○道」と命名されています)。
「北海道」という地域名にそういう性格はありませんでした。

(少し難しいかな! でも、中3なら理解できると思います)

都は。
太平洋戦争中の1943年(昭和18)に「東京市」と「東京府」の機能を統
合してできたもので、首都なので「都」となりました。
ですから、「都」は域内に市町村の他に「特別区」(23区)を抱えて
いるという意味で、特殊なものになっています。
なお、東京都には「警察本部」や「消防本部」ではなく「警視庁」や
「消防庁」があるという意味でも特殊ですが、これは現在では単なる命
名の違いでしかなく、道府県の警察や消防と同じで、東京都が道府県の
警察や消防より格上と言う事ではありません。

府は。
初期には「京都・箱館・大阪・長崎・東京(江戸)・越後(新潟)・神
奈川・奈良・甲斐」(設置順)の9府があったようです。
これは、見ていただければ分かりますが、奉行が置かれていた地域で
幕府の直轄領でした。
江戸時代は、「奉行支配地」は主要都市などの重要地です。
しかし、明治になり徳川幕府の直轄領が明治政府の直轄領に変わり、三
都(江戸・大坂・京)だけになりました。
そして、東京(江戸)は先ほど書いたようになった為、大阪、京都だけ
が府として現在に至ります。

県は。
中国の、秦の始皇帝の時代にあった地方制度の名前で、日本の7世紀以
前の地方単位である「あがた」も「県」の文字が使われています。
江戸時代の藩が、「廃藩置県」で現在の県になりました。

投稿日時 - 2009-09-07 00:55:33

ANo.2

一番さいしょに「県」とかを作ったときには「県」と「府」の 2種類があり, 重要なところを「府」, そうでないところを「県」としました.
その後整理をして 3府 43県となりました (3府 = 東京・京都・大阪). つまり, いわゆる「三都」として東京・大阪・京都が重要とみなされたわけです.
さらに, 戦争中に「東京府」と「東京市」が合併して「東京都」が誕生します. だから今でも旧東京市の地域には「市」がなく「特別区」という扱いになっています.
最後の「北海道」はちょっと特殊で, もともと「東京という地域を管轄する自治体が東京府」など (つまり府や県が付いているのが組織の名前, 付いていないのが地域の名前) となっていました. これに対し「北海道」はこれ自体が地域の名前で, この地域を管轄する組織は「北海道庁」と呼ばれていました. 実際, 他の地域では「県立」などとなるべきところで「庁立」とされていた例があります.

投稿日時 - 2009-09-06 23:43:29

ANo.1

うろ覚えなので、間違いがあるかもしれません。
以下のような理由です。

・大阪府と京都府は「府」
   京都は都(平安京)が置かれたからだと思った
   大阪はなぜだろう???
・東京都は「都」
事実上の首都だから
・北海道は「道」
   これは、奈良時代(もっと後かもしれません)の行政区分から
   来ています。
     東海道、山陽道、山陰道、南海道、西海道、東山道
   とかいうやつです。
   なので、北海道とは、「北海」道ではなくて、「北海道」
   なのです。

投稿日時 - 2009-09-06 23:08:41

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-