こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

親子間の贈与税は発覚しない

話として知っておきたいのですが、親名義の貯金から子名義の貯金へ、また逆に子名義の貯金から親名義の貯金に例えば1000万円くらい移動した場合は贈与となるので贈与税の対象になり申告しなければならないと思うのですが、申告しなかった場合に発覚することって実際にあるのでしょうか。あるならどのような経緯で発覚するか知りたいです。私も教えて! goo などで調べたら不動産を買った場合や派手な車を買うなど羽振りがよくなって密告という回答は見たのですが、それいがいで単に親子間で口座のお金を動かした場合に発覚するかとの質問に対してはどれも明確な答えが出ていませんでした。ということは実際に税務署は調べる手立てがなくわからないというのが答えなのでしょうか。銀行が一人一人のお金の動きを税務署に提出してるとも考えにくいので。

投稿日時 - 2009-09-05 08:21:50

QNo.5264019

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

33人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

名義変更だけでは贈与税でいう贈与の要件を満たさないから、
それだけでは贈与税を課することはできないので課税をしない、

住民台帳を所有しないので個人から財産を把握できない。
しかし預金には利子が発生するので銀行は源泉徴収関連の通知は連絡している。名寄せをすれば個人の預金財産は把握できます。
今は名寄せはかなり正確に行われているのが現状です。

投稿日時 - 2009-09-06 00:50:38

お礼

名義変更って貯金通帳で生前に親→子、子→親の名義変更はできないのでは。私の最初の質問は実際のお金の移動です。
普通の貯金通帳の知れた額の利子で確かに管理すれば個人の額がわかるかも知れませんが、この手の話は田舎ではよく聞きますが問題になったという話はないところを見ると家族間だから悪質とはみなさなく手を出さないというのが実情じゃないかと思っています。

投稿日時 - 2009-09-06 06:49:15

ANo.3

>個人がこんな所で質問したのを調べるほど暇じゃないとおもうのでありえないと考えていいですね。
インターネットオークションでは100万円程度でも抜き取り調査をしているようですから、意外と見ていると思いますよ。
ちなみにgoogle検索したら、同じような質問をしている人が結構数いました。
私ならサンプリング調査を掛けますけどね。

投稿日時 - 2009-09-05 23:31:08

お礼

まぁ、これは失業給付金を受給中にバレるかという話と同じでほとんどの場合がタレ込みでしょう。例えば銀行職員とか兄弟とか相談をした友達とかが。少なくともネットではよっぽど大っぴらに巨大掲示板に書いて話題になるくらいじゃないと。例えば私がこの質問をしてるからと言って話に興味があるだけど実際はしていないのに犯罪の恐れがあるとプロバイダに情報を開示して goo に登録時の住所などを照会して調べて事実はありませんでしたとなる件に金と時間を掛けるとは考えられません。

投稿日時 - 2009-09-06 06:44:23

ANo.2

1 仮に税務署で調べる方法があったとします。
そしてそれを知ってる立場の人間がいたとします。

おそらく、その立場の人がここに「税務署ではこのようにして、調査をしてます」という回答をされるとは極めて考えにくいと存じます。

又、ご質問者が言われるような行為をして税務当局に贈与税申告を促されて期限後申告をして、加算税と延滞税と共に支払ったという方がこうやって私は見つかったということを、ここで回答される可能性もまずないでしょう。
ここで回答したくないという理由でなく、税務調査官がどのように資料を見つけたかを、本人に教えることなど考えられないからです。

2 私は税理士という立場で色々情報が耳に入りますが、その情報から言えることは「想像以上に税務当局は情報を手に入れている」ということです。

Aの脱税調査をするために金融機関を調査してるときに、税務調査官の目に入るのはAの資料だけではありません。
嫌でも他の数字や計数が目に入るのは想像できます。

そして彼らは(私の知る限りですが)そういう数字の中に「あれ?」という数字を見つけることに長けてます。
無論、調査対象ではないので、そのときにはできる限りの情報を頭に記憶するか、ササっとメモするなどして資料にするのでしょう。

個人の口座なのに多額であるとか、0が並んだ数字などは、どうしても目につくのは素人でも想像できます。

その資料を基に次回は、その「目に付いた」資料の当人を調査対象として銀行調査をすれば、無申告者の発見になるわけです。

3 現実としては税務当局の指摘で贈与税の無申告を指摘される事案は、思った以上にあるようです。
「へぇ、私は親から何百万と貰って預金に入れたけど、ばれてないよ」という方も多いでしょうが、当局に把握されてる方も相当いるというのが事実です。

4 税務署員の調査権限は強力で、金融機関でこれに抗うことのできる所はありません。
「銀行が一人一人のお金の動きを税務署に提出してる」ことはありませんが、調査対象者とされたら、請求される資料を全部見せなければならないのも銀行です。
なにかのきっかけで目を付けられたら「はい、それまでよ」だということです。

「税務署は、日本で一番の情報集中官庁」という意見がありますが、この意見に私は「全くそのとおりだ」と思います。

「税務署が調べる手立てなどないし、わからないのだ」という思い込みは間違いだと存じます。

投稿日時 - 2009-09-05 23:08:03

お礼

「最後の税務署が調べる手立てなどないし、わからないのだ」と言う事はないかも知れませんが、実際に家族間の1000万円くらいの銀行移動くらいでは動かないというのが実情でしょう。50キロ制限の道路を60キロで走るようなものでしょう。

投稿日時 - 2009-09-06 06:53:10

ANo.1

例えばブログでの書き込みから税務調査を開始する場合もあるらしいので
こんな質問した貴方に対して個人情報の要求が開始されているかもしてません。

投稿日時 - 2009-09-05 11:02:30

お礼

さすがホリエモンくらいがブログでそのような事を書いていたらそのような事もありえるかもしれませんが個人がこんな所で質問したのを調べるほど暇じゃないとおもうのでありえないと考えていいですね。

投稿日時 - 2009-09-05 13:05:01

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-