こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

原爆投下後の汚染状況について

ご存知の通り、64年前に原爆が投下されました。
その後、投下された広島・長崎の悲惨な状況があり、現在の2都市が存在しております。
さて、「放射能は半永久的に残る」など放射能汚染が長きに渡り影響を環境に与え続けることを聞きます。
広島・長崎に投下された原爆の影響は現在2都市にはないのでしょうか?チェルノブイリを考えると、いまも2都市には影響が残っているのではないかと勘ぐってしまいます。(よく遊びに行くのですが・・・)
風雨まどで除去されるものなのでしょうか?
それとも、チェルノブイリよりも性能が低かったことが幸して影響がなくなったのでしょうか?
ご存知の方、いらしゃいましたらご教授をお願いします。

投稿日時 - 2009-08-09 12:00:59

QNo.5193383

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

専門家と書いておりますが、放射線関連施設で働いている者です。

まず回答から申し上げますと、原爆による人体影響がある量の放射性物質の残留は現在ではありません。

ご存知かと思いますが、広島で使われた原爆(リトルボーイ)で使用されたウランの量は約50kgと言われています。そのうち核分裂反応を起こしたのは約1kgと計算されています。
この数値を見ると、核分裂物質や残りのウランが広島に残っているのではないかと言われる方がおられますが、TNT換算で約15ktと言われる爆発が起こっておりますので、核分裂物質やウランの多くは爆風で広範囲に飛ばされたり、この時期によくテレビで見るキノコ雲の映像のように上方へと飛ばされ、成層圏へと達し、気流により地球的な広範囲に散ったと言われています。
実際には核分裂物質や残ったウランの1割にも満たない量が広島市内の広範囲に広がったと考えると、影響はほぼない量と考えて問題ありません。

また、原爆により発生した中性子線による放射化物についてですが、出来た放射化物の半減期は一部の核種を除き短いもの(半減期が数年以下のもの)がほとんどです。なお、中性子をあびた物質が全て放射化するわけではありません。詳しくは中性子の捕獲断面積について理解していただければ分かりますが、ちょっと難しいです。簡単に言うと、中性子が原子核に当たり、核内に取り込まれた場合のみ放射化という現象は起こります。放射化物に関しては論文等がありますが、広島大学工学研究科の静間清教授が原爆ドームの放射化物の測定を行ってらっしゃいます。

ちなみに私は広島で働いていますが、実際に広島市内でシンチレーションサーベイメータ(ガンマ線の測定器です)で測ってみても数値は他の場所と変わりませんよ。

投稿日時 - 2009-08-12 15:29:34

お礼

約50Kのウランの内、約1Kしか繁忙しなかったのも初めて知った程度の知識しかなかったのですが、たった、1K程度の核分裂でも恐ろしい程の威力があるのですね。それに比べれてチェルノブイリの激しさは想像するのに恐ろしい。
目に見えない原子にその力があることが不思議です。

広島や長崎のことを心配していたわけではなかったのですが、単純に考えて不思議に思ったので書き込みをしたのですが、こんなにもみなさんが親切に教えてくれるのでありがたく思っています。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-08-13 22:10:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.2

財団法人 放射能影響研究所の発表によると
実質的には残っていないそうです

詳しくは下記のURL内の記述をご覧ください。
http://www.rerf.or.jp/general/qa/qa12.html

投稿日時 - 2009-08-09 14:18:00

お礼

早速のご回答、ありがとうございます。
このような研究機関が存在したことすら知りませんでした。
ここのQ&Aには、そのほかにも知りたかったことが記載されて
おり、大変助かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-08-09 15:24:08

完全に影響は無い、とまでは言えないと思います。
ですが、その後の降雨等による自然洗浄、放射性物質の放射線放出も無限ではありません。
いまではほとんど影響は無いと思います。
それとは別に、中国やアメリカ、ロシア等で繰り返された核実験、そして御指摘のチェルノブイリやスリーマイル島の事故など、その蓄積のほうが影響が大きいです。
チェルノブイリ後、日本でも年間放射線量が増大していますし、ヨーロッパ諸国で癌の発生率が高まったという話も聞きました。
チェルノブイリは、いまだに放射能汚染が続いています。
原爆は一時的なものですが、核の実験場や事故現場の放射線は、かなり残っています。
それとは別に、日本海には、ロシアが原子炉を不法投棄していますし、中国・北朝鮮が、活発に核開発をして、その核廃棄物をきちんと処理しているか、検証されているわけではありません。
インド・パキスタンにも、同様のことが言えます。
広島・長崎の残留放射線よりも、もっと恐ろしい事態が進行中なんですよね。

投稿日時 - 2009-08-09 12:17:19

お礼

早速のご回答、ありがとうございます。
この季節になると、原爆のことを考えます。その中で、素朴ながら
あまり考えていなかったことがらにふと思い立ち質問をさせていた
だきました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-08-09 15:18:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-