こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

修士→就職→博士号はアリですか?

こんにちは、現在大学4年の者です。
今丁度進路選択の時期なのですが、私は以前から公共政策大学院への進学を考えていました。
そこで開発経済を学んで修士を取得した後、しばらく金融機関等で働いてから経済学で博士号を取りたいと考えています。こう考える理由としては、将来的には国際機関で開発援助に携わりたいと思い、実務経験も積んでおきたいからです。
そして世界銀行などは経済学のPh.D取得者が大勢いると聞いたので、できれば私も博士課程に進みたいと思っています。

しかし公共政策大学院からPh.Dに行くのはやはり遠回りでしょうか?
大学院進学者の方から意見を頂ければ幸いです。

ちなみに博士はアメリカで取りたいと思っていますが、修士に関しては日本か海外かまだ迷っていて、まず国内の院を受ける準備をしています。

投稿日時 - 2009-07-22 21:06:12

QNo.5147140

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

開発援助に携わりたいのなら、金融機関より、JICAなどの援助機関の方がいいのでは?
そもそも、将来の希望が開発援助なのか国際金融なのか、また、公共政策の大学院への進学の意図は何なのか、いまいちよくわかりません。

それと、博士課程は基本的に研究者を養成するところです。世銀やIMFに行きたいのなら、PhDのコースワークに行くのもいいでしょう。でも、それなら経済学を専攻するべきですよ。また、あえて社会経験を積む意味がどの程度重要なのでしょうか?
また、普通の銀行や証券会社に数年いただけで、国際金融機関で通用する実務経験としてみなされるでしょうか?普通に就職すると、どんな仕事をさせられるのかすら分かりませんよ。

投稿日時 - 2009-07-23 01:25:31

ANo.1

後輩はこんな感じ
文学部卒業
人文科学研究科修士課程修了
一般企業
松下政経塾
この間、海外でMA
国際公共政策研究科後期博士課程単位取得退学@国内
現在総研

同期では、工学部から商社に行って、世銀に出向していた。

投稿日時 - 2009-07-22 21:56:25

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-