こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

くりっく365(取引所取引FX)について

FXは、くりっく365という取引所を通じた取引と、FX業者との取引である店頭取引に分けられます。後者でも、必ずしも全部ではないとはいえ、FX業者がカバー注文を出すため、FX業者と投資家の間だけで取引が完結するわけではありません。

私は店頭取引でやっています。くりっく365の場合、スプレッドと手数料という二重のコストがかかるためです。店頭取引では現在、取引手数料無料が主流になりつつあります。

くりっく365の最大の特徴は、相場の公正さとされます。店頭取引の場合、ある意味FX業者が勝手に相場を決めるため、例えば売り注文がたくさん入っている場合には相場を低めに、買い注文がたくさん入っている場合には相場を高めにするといった、投資家の損の上に業者が得をするということ(顧客食い)が可能です。

くりっく365の場合、複数のカバー先が買値・売値を提示しますので、そのような操作が行われる可能性は非常に低くなります。しかしくりっく365も、結局はカバー先が買値・売値を提示するのであって、インターバンク市場の相場と自動的に連動しているわけではありません。また、カバー先は売値・買値の両方を別々に提示しますから、取引所の相場自体にスプレッドが生じ、取引所の運営コストをまかなうために参加業者が取引所にお金を納めますので、投資家はスプレッドと手数料という二重のコストを負担しなければならないのです。

そこで、取引所FXは、次のような形にしたらどうかと思うのですが、いかがでしょうか?

1.取引所には、FX業者や銀行、金融ブローカー、大手輸出入業者などが参加資格を持つ。
2.FX業者は、顧客から受けた注文をそのまま取引所に流す。銀行や金融ブローカーは、自由に買い注文・売り注文を取引所に出す。
3.取引所は、株式市場などと同じく買い注文と売り注文をマッチさせて約定させる。
4.取引所のコストは、参加者が負担する。FX業者は投資家から手数料を取る。

このようにすれば、取引所のスプレッドは0となり、投資家が二重のコストを負担しなくて済むとようになると思います。いかがでしょうか?

このようにした場合、インターバンク市場と取引所の相場が、少し離れるかもしれません。しかし銀行はどちらにも参加できるので、インターバンク市場と相場が離れれば、近づこうとする動きが生じるはずです。また、取引所の相場がインターバンク市場から離れたとしても、それは売り注文と買い注文のバランスの結果なのであって、FX業者が恣意的にしているわけではないので容認できると思いますが、どうでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-29 00:34:11

QNo.5082905

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

ANo.1

ひとこと。使えないとおもいます。お疲れさまでした。インターバンク市場の意味を考え直して下さい。

今、くりっくと非くりっくに目だったレートの差がないと思います。なら、なんで手数料を払うのでしょう。違うのは税制だけでしょう。

投稿日時 - 2009-06-29 12:43:47

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-