こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ病の定義とは。

自称うつ病の大学生、女です。
(自称と言っているのは、専門の病院に行ったこともなければ、
カウンセリングを受けたこともないからです。)

うつ病について調べてみると、
うつ病だと思われる症状が2週間以上など、
長期に渡る場合はうつ病、と書いてあることが多いのですが、
症状が継続していない場合はうつ病ではない、ということでしょうか?

私の場合は症状だけなら、
ネットのセルフチェック等で、
どれもうつ病の疑いがあったり、
重症のうつ病の疑い、という結果が出てきます。
ですが、その症状は継続的なものでなく、
何か自分にとって衝撃的なことがあったりすると、症状が出ます。
(酷いネガティブ思考、涙が止まらない、頭痛、自傷がしたくなる…など)
少し酷いと、パニックのようなものになることもあります。
(上の症状に息が苦しい、体の震えなども加わります。)

私は1カ月程前から、初めてバイトをしています。
元々人見知りで社交性もなく、不器用な人間なので、
(そういう自分をどうにかしたくて、あえて接客のバイトをしています)
毎日失敗の連続で怒られてばかりです。
勿論やる気はありますし、自分なりに頑張ってはいます。
だけれど、やはり自分には働くことなんて出来なかったんだ、
自分は何て駄目な人間なんだ、…そんな風にずっと悲観しています。
バイトは土日に入れていますが、その症状も土日だけなのです。
平日の学校の日は、そのような症状はありません。
(勿論、学校生活でも高校時代に症状があったことはありますし、
今後何かあれば症状は出てしまうと思います)

最近、時間が経つのが早く思えて、すぐに嫌な土日が来てしまいます。
今は日曜日で、バイトも次は土曜日なので、すごくほっとしています。
ただ、今日のことを思い出すと、
やはり悲観して、すぐにでも泣いてしまいそうです。

長くなってしまいましたが、
兎に角、継続的ではなく、
何かきっかけがないと症状の出ないものは
うつ病ではないのでしょうか?という質問です。
この質問の答えじゃなくとも、
何か意見があれば書いて頂ければと思います。

投稿日時 - 2009-06-21 20:51:56

QNo.5063329

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

セルフチェック等で自己診断をすることは、とても良いことです。
それも結果のひとつですが、やはり専門家に多角的な診察をしてもらうことが大切ではないでしょうか。
病気であれば早期治療が回復の近道となりますし、健康であれば迷いはなくなります。
どちらとしても良いことだと思います。
(ここでは医療行為は禁止事項となっていますので、貴方様の質問を答えることが出来ず、方策等を提案等するしか出来ません。また文字だけで病気か否かを診断することも不可能ですから)

また自分はここまでと線引きせず、マイナス思考を止めませんか。
自分で否定してしまうとそれ以上のことを行う時に壁となり、もしプラス思考で考えればスムーズに取り組めます。
例えば『毎日失敗の連続』と仰られていますが、内容は変化していませんか。
同じことが出来ない部分があるかもしれませんが、最初は初めてで出来なかったことが出来ているのことはありませんか。
そして今は更なるレベルアップを求められているのではないでしょうか。
人は出来てしまうと当たり前と考えてしまう部分が多々ありますが、達成するために行ってきたことを見逃さず、そして自分の成長として受け止めてみて下さい。
また自分で自分を褒めて上げるようにしてみて下さい。(自分に対して「お疲れさま」と労い、ジュース等を飲みながら実感してみてはどうでしょうか)

あと人には得手不得手があります。
不得手を上手にすることは難しいですが、訓練することでレベルアップが図れます。
しかし「無理」、「出来ない」と思った瞬間に行動できなくなりますので、少しずつ取り組むことが必要です。
そして大切なことは、大きな目標を小さな目標に細分化し、少しずつ取り組み達成感を得ることが、意外と近道で確実なのかもしれません。
ただ焦りすぎて空周りしないようにゆっくりと休憩を入れながら行ってみませんか。(バイトは義務ではないので、一旦中断して体調を整えてから行うこともひとつの選択肢です)

最後に個人的に感じていることですが、普段でもストレス等で抑うつ状態になることはありますが、健康体であれば自力で回復させることが出来ます。
その一方こころの病の場合は自力で回復出来る線を下回り、そこからマイナス思考の連鎖が始まり、どんどん急降下していく感じです。
そして一旦急降下してしまうとそこから自力では回復出来ず、またその状況を放置してしまうと更に降下して回復までにとてつもない沢山の時間を要してしまいます。
こうなってしまうと孤独感の中で自信を失い、不安に覆われた中で周りが見えなくなり暗中模索となってしまいます。
そうなってからでは遅いので、早目の対処はとても重要です。
病気になって気付くのではなく健康であれば色んなことができますから、まず御自身のことを大切にして下さい。

ご参考となれば幸いです。

投稿日時 - 2009-06-22 09:46:57

お礼

丁寧な回答を有難う御座いました。

皆さんの回答から、
大学の相談室でカウンセリングを受けようかと迷っています。
ですが、自分から人と話しに行くのは苦手ですし、
自分のことをちゃんと相手に伝えることも上手く出来ないので、
行くのが怖くて躊躇っています。

マイナス思考に関しては、なかなか自分では直せませんね・・・
何と言うか、根本的なところで、自分は歪んでいるというか。
プラス思考に対してどうしても皮肉を言いたくなっちゃうというか・・・
でも、自分はここまでっていう線引きをしているわけではありませんよ、このバイトに関しては。
勿論自分のレベルのこのあたりで・・・みたいなことは考えてしまいますが、
自分がこういう性格で、他の人よりもハンデのようなものを持っているとか
そういうのを理由にして、諦めたくはないんですよね。
そもそも、そういうことをしない性格になるためにバイトで社会勉強とやらをやっていますから。

とりあえず、バイトを始めたばかりということもあり、
辞めるという選択肢は選ばないつもりです。
まずは及第点に達するような人材になりたい、というのが今の目標です。
ゆっくりと無理なくマイペースに頑張ろうと思います。

投稿日時 - 2009-06-27 00:29:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.8

>自称うつ病の大学生、女です。
自分で勝手に病気だと決め付けることは、自分で自分の首を絞めるような行為でよくないことだとご理解ください。

>元々人見知りで社交性もなく、不器用な人間なので、
>そういう自分をどうにかしたくて、あえて接客のバイトをしています
私の若い頃と同じですね。私もそういう苦手な性格を何とかしたくて接客の仕事を選び、それなりに勉強しました。そして、結局、こういう掲示板で書き込むまでに至りました。

>バイトは土日に入れていますが、その症状も土日だけなのです。
>平日の学校の日は、そのような症状はありません。
慣れない仕事のプレッシャーからくるストレスでしょう。「毎日失敗の連続で怒られてばかり」だから、そのことが精神的な恐怖になっているのだと思われます。根本原因は、幼少期の過ごし方にあるようです。だから、今回、バイトすることで無意識に幼少期の出来事が蘇り、失敗をやらかすのではと感じてしまうのです。何となく、それらしい記憶は、残っていませんか。

幼少期の出来事だと思う理由です。
・学校生活でも高校時代に症状があったことはありますし、今後何かあれば症状は出てしまうと思います
・酷いネガティブ思考、涙が止まらない、頭痛、自傷がしたくなる…など
・少し酷いと、パニックのようなものになることもあります。
(上の症状に息が苦しい、体の震えなども加わります。)
・だけれど、やはり自分には働くことなんて出来なかったんだ、
・自分は何て駄目な人間なんだ、…そんな風にずっと悲観しています。

何故、そう思うようになったかを考えたことがありますか。生まれつきなネガティブ思考というものは、存在しません。そこには、必ず、原因があるのです。

ただ、lmbj_loveさんの長所は、
・勿論やる気はありますし、自分なりに頑張ってはいます。
・そして、現実に行動してみた、という事実です。
普通は、行動に移すことが出来ないのです。それが出来たのは、まだ気持ちが勝っているからです。なんとかしたいという気持ちの現れです。それを、ポジティブというのではありませんか。だから、自信を持ってください。

>何かきっかけがないと症状の出ないものは
>うつ病ではないのでしょうか?という質問です。
散発的なストレスの積み重ねがうつに繋がりますので、要注意です。ただ、バイトがない日は症状がでないということは、まだ、初期の段階で、バイトを辞めることで回復可能状態です。

問題は、幼少期の出来事がlmbj_loveさんを苦しめているようなので、折を見てカウンセリング等に通われた方がいいかも知れません。

投稿日時 - 2009-06-22 22:12:18

お礼

引用を用いての分かりやすい回答有難う御座いました。

幼少期の出来事、とのことですが・・・
思い当たるのは、自分の外見のコンプレックスかな、と。
そもそも、このコンプレックスのせいで暗い性格になって、
うつのような症状も年齢を重ねるごとに出てきましたから。
(ちなみにこのような症状は小6の時から出ています。
勿論今回のように何か大きな出来事をきっかけとしますので、今までのことに全て継続性はありません)

カウンセリングは、
手始めに大学の相談室で・・・と考えていますが、
人と話す・・・しかも自分のことを話すのはすごく苦手なので、
受けにいっても上手く話せそうになくて、躊躇っています。
最近、バイトのない日でも、少し鬱々とした気分になることがあるので、
(具体的には、人と付き合いたくない気分や何もしたくない気分になります)
症状が悪化してるのでは、という懸念があるので、
そろそろ行った方が・・・とは考えてはいますが。

投稿日時 - 2009-06-27 01:00:00

ANo.7

きっかけがあるかどうかはあまり関係ないと思います。
きっかけなしに鬱になる人もいます。

2週間というのは、アメリカのDSM-IV-TRという診断基準にある、
大鬱病エピソードの診断基準のなかに「2週間以上継続」とあるから
そう思われたのだと思います。

また、うつ病は、気分の落ち込みまたは感情の平板のほかに、
不眠、焦燥または停止、食欲不振か過食…など、
いくつもの症状が出るものです。

ただ、何かにつけてちょっとストレスが加わるとすぐバタンといってしまうのは
なにがしかの気分障害(非定型鬱とか)かもしれません。

しかし、「定義」というものはないと思います。
医師が患者の様子をみて、患者の心証にしっかりと触れて、判断するもの
だと思います。さきのDSMなどは、こうした患者との関わり合いをなくし
治療を通り一遍のものにしてしまったとかなり批判されています。

ところで、拝見していますと、かなり考え方に、「ネガティブな歪み」があるように思えます。

なんてダメな人間なんだ、とレッテルを貼ったり、
やはり自分には働くことなんて出来なかったんだ、と、たとえば
良い面を見ずに悪い面ばかりフォーカスする視野狭窄(心理的フィルタリング)や、
もうだめだという感情から働くことなどできないという思考を決める
感情的決めつけなどがみられます。

これらは「認知行動療法」のうち、「認知再構成法(コラム法)」を試す
価値があります。
入門としては
・こころが晴れるノート(大野裕)
あたりが良いと思います。
分厚い本でもだいじょうぶなら
・いやな気分よさようなら(バーンズ/野村)の前半
・Feeling Good ハンドブック(バーンズ/野村)…不安にも多くをさいている
へ進まれるといいと思います。
かならず、ノートに自分なりの回答を、はっきり書くようにしてください。

投稿日時 - 2009-06-22 21:43:45

お礼

回答有難う御座います。

詳しい知識の説明、とてもためになりました。

確かに、ネガティブ思考や歪みはあると思います。
でも、認知療法はな・・・という気持ちがあります。
多分ポジティブ思考になるように導く内容だと思うのですが、
それに対してもネガティブ思考で返してしまいそうで・・・

でも、具体的に書籍を挙げていただきましたので、
機会があれば参考にさせて頂きますね。

投稿日時 - 2009-06-27 00:46:37

ANo.6

アドバイスをします。

もっと自分の得意なことから始めて人間関係構築力を伸ばして下さい。
いきなり苦手なことをやろうと思っても出来なくて当然ですし、嫌な体験を続けると苦手意識がついて余計出来なくなります。

逆です。
得意なところを足がかりにして人間関係が上手になるよう広げていけばいいんです。

人間は苦労したら強くなると言うことはありません。それはテレビドラマや小説の中だけです。
現実では誰でも得意なところを足がかりにして能力を伸ばしています。

よく辛い環境でもやってきたんだ、という人がいますが、そういう人も辛い中で成長する足がかりをたまたま見つけただけです。

たまたまの偶然に頼るよりは自分の得意な能力から広げていった方が成長は100倍早いですよ。

今やっていることが無理だと思ったらさっさと別の道を探しましょう。
もっと良い結果を得るために今やっていることを途中で諦めることは恥ずかしいことではありません。

発想の転換をしてみましょう。

投稿日時 - 2009-06-22 17:35:32

お礼

回答有難う御座いました。

自分では辿り着けない柔軟な発想に感服です。
私は変に素直というか、頭がかたいというか、
やはり何かを思い込んでしまうと、それしか考えられなくなってしまうので・・・。

やはり、バイトをもう少し裏方の仕事内容のものに変えた方が良いのかも・・・とは思っていますが、
やはりすぐにバイトを辞めてしまうのは罪悪感があって、出来ません。
ただでさえ今も迷惑をかけているのに、これ以上かけるのは・・・。

とりあえず、もう少し頭を柔らかくして物事を考えてみようと思います。

投稿日時 - 2009-06-27 00:37:47

ANo.5

「うつ病かどうか」を判断できるのは、医師だけです。
質問者さんは、「うつ病かどうか」を自分で判断して、「うつ病だ」と確信できたら医者へ行こうと考えているのではないですか?
逆ですよ!「うつ病かどうかわからない」から、専門の医師に相談して判断してもらうのです。
医療行為が必要かどうか判断するのも医師の仕事です。
お医者さんに行って、結果うつ病じゃなくても別に怒られません。
「しばらく様子を見ましょうか」となるかもしれないし、「抗うつ剤を飲むほどでもないけど、不安なときに飲む頓服を出しましょう。」となるかも知れないし、「認知療法を行うカウンセリングを紹介します」となるかも知れません。
逆に、素人判断で「まだうつ病じゃないわ」と放っておいて、悪化したら余計に治すのに時間がかかりますよ。
インフルエンザにかかったかどうかわからないとき、病院で検査をしてもらうのと同じです。
早めに病院へ行きましょう。

投稿日時 - 2009-06-22 11:49:13

お礼

回答有難う御座いました。

回答を見ていると、比較的軽い症状のようですので、
病院と聞くと何だか悪いな・・・という気分になってしまうのですが、
もっと気軽に行ってもいいところなんだとちょっと気分が楽になりました。
でも、病院に行くのはちょっと怖いので、
まずは大学の相談室でカウンセリングを受けようかと考えています。
それも怖くて、躊躇っていますが・・・。

投稿日時 - 2009-06-27 00:33:00

ANo.3

私もうつ病まで行ってないと思います。
似たような病気・障害ともまだ言えないような、…。

そこでお勧めするのは、今うつ病や不安障害治療で注目の、認知療法です。
アマゾンなどで検索すると何冊か出ます。
これをやっておくと、予防できると思います。
試してダメなら、メンタルクリニックへ相談に行くといいかもです。

投稿日時 - 2009-06-21 23:35:09

お礼

回答有難う御座いました。

認知療法、ですか・・・
軽く調べてみましたが、
要するに自分の考え方を根本から変えて
自信をつける・・・といったものですよね。
私は、そもそも、外見のコンプレックスが強いんですよね。
それが原因で暗い性格になりましたし。
ですから、外見を変えないと、
内面の治療である認知療法は効果がないのでは・・・
と、ちょっと思ってしまいました。
でも試したわけでもないので、機会があれば参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2009-06-27 00:15:14

ANo.2

うつ病ではないと思いますが、うつ状態ではあるかもしれませんね。
もしかしたら、うつ病のなり始めかもしれません。
放っておいてはいけませんよ。

「社交性がなく不器用」ということですが、
荒治療のようなことはおすすめできません。
まずはご自分がやりやすい仕事(接客以外)からチャレンジしてください。
あなたには、不得意なことで叱られるよりもたくさんの成功体験が必要だと思います。
バイトでは自分に自信をつけるためやるのだと思ってください。

早期発見早期治療が大切です。
うつ病はこじらせると、大変苦しい病気ですので、早めに精神科を受診してみてください。

投稿日時 - 2009-06-21 23:24:38

お礼

回答有難う御座いました。

やはり、いきなりハードルが高いものに挑戦してしまったのは、
我ながら考え無しだったなと思います。
でもバイトを始めたばかりですし、辞めにくいんですよね・・・
それに、もう少し続ければ適応出来るのではないか・・・という期待もありますし。

理由が違えど、このようなことは前に何度もありましたし、
この機会に専門の病院に受診した方が良いのかもしれません。
でもいきなり病院はちょっと勇気が出ないので、
とりあえずカウンセリングの方向で考えてみたいと思います。

投稿日時 - 2009-06-27 00:11:31

鬱病ではないです。
辛い事が起きたときに落ち込むと言う誰にでもある事です。
鬱病となると脳の病気なので、出たり引っ込んだりはしないと思います。
2週間以上というのは、その為の目安でしょう。

投稿日時 - 2009-06-21 22:30:07

お礼

簡潔で素早い回答を有難う御座いました。

投稿日時 - 2009-06-27 00:05:04

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-