こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

学生でのバイトの税金についておしえてください

大学生の18歳です。
親の扶養家族にはいっています。

私の家は昔から金銭的に余裕がなくてバイトしているんですが、
103万円を超えると税金がとられてしまうことが調べてわかりました。

でもできるだけたくさん仕事をしてお金を家にいれたいんですが、
親の税金が増えないでイチバン税金が少なくてすむ方法があれば教えてください。
母子家庭で母親の月収は20万くらいです。

また扶養家族を外れた場合のメリット・デメリットがあれば教えてください。

投稿日時 - 2009-06-01 16:47:36

QNo.5008432

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず親の負担はと言うと

質問者の方が23歳未満のようですので。
所得税の扶養控除(特定扶養親族)が63万、親の税率は親の所得によって異なりますが一応標準的に10%として

630000(円)×10(%)=63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税の扶養控除(特定扶養親族)が45万、親の税率は10%なので(住民税は前年課税なので来年の支払に影響する)

450000(円)×10(%)=45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

ということで今年の所得税と来年の住民税の合計で

63000(円)+45000(円)=108000(円)

ということで親は108000円の増額になります。
また以下に出てくる勤労学生控除は親の負担には関係しません。

一方質問者の方と言うと

所得税については給与所得控除(65万)と基礎控除(38万)を合わせて

65万+38万=103万

ということで103万までは課税されません。
さらに学生ですと勤労学生控除(27万)があるのでこれを加えて

103万+27万=130万

130万までは課税されません。
次に住民税ですがこれはより複雑です。
住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。
均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります90万~100万ぐらいです、つまりこれ以下なら課税されません。
一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。
さらに住民税にも勤労学生控除(26万)があります。
ただこの勤労学生控除は均等割には影響しません、あくまでも影響があるのは所得割のほうです。
住民税(所得割)については給与所得控除(65万)と基礎控除(33万)を合わせて

65万+33万=98万

勤労学生控除(26万)があるのでこれを加えて

98万+26万=124万

ということで124万まで課税されないと言うことです。

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

まとめると
親の負担

所得税
63000(円)・・・今年の親の所得税の増額

住民税
45000(円)・・・来年の親の住民税の増額

合計
108000(円)・・・親の今年の所得税と来年の住民税の増額

質問者の方は
所得税に関しては今年、住民税(所得割)に関しては来年勤労学生控除を受けたとして

所得税

給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)+勤労学生控除(27万)=130万・・・この金額まで課税されない

住民税
均等割
90万~100万(この金額まで課税されない、自治体によって異なる、勤労学生控除の影響を受けない)

所得割

給与所得控除(65万)+基礎控除(33万)+勤労学生控除(26万)=124万・・・この金額まで課税されない

ただし未成年であった場合は204.4万円未満ならば均等割も所得割もかかりません。

つまり

『(90万~100万)以下』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もなし

『(90万~100万)から124万まで』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割あり(未成年でない)/なし(未成年である)、所得割なし

『124万から130万まで』

今年の所得税なし、来年の住民税の均等割も所得割もあり(未成年でない)/なし(未成年である)

『130万から204.4万未満』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり(未成年でない)/なし(未成年である)

『204.4万以上』

今年の所得税あり、来年の住民税の均等割も所得割もあり

となります。

それから勤労学生控除を受けるためには、下記をご覧下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

「勤労学生控除を受けるための手続について」の中に『勤労学生控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して確定申告をする』か『給与所得者の場合は、給与の支払者に勤労学生であることを記載した「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出する必要があります。』ということです。

それから親が会社から質問者の方に対する扶養手当のようなものをもらっていれば、質問者の方が扶養から外れるとなくなるかもしれません。
これは会社独自で出すものなので、もらえる条件及び金額等は会社に聞かなければなりません。

それから社会保険の問題があります。
たとえパートやアルバイトでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

親の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダということですが、それが質問者の方自身がアルバイト先で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。
ですからそうならないように日数や時間数を調整することです。

投稿日時 - 2009-06-02 10:59:45

お礼

ものすごくわかりやすく回答いただき
ありがとうございます!

そんなにも複雑だとおもっていませんでした;;;
回答いただいた内容を参考にしてよく
考えたいと思います!
URL参考にさしてもらいます!

ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-06-02 14:42:09

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

>103万円を超えると税金がとられてしまうことが調べてわかりました…

どこで調べたのですか。
あなた自身の所得税は、「勤労学生控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm
により、給与で 130万まではかかりません。
130万以上になれば、103万円を超える部分に所得税が発生する可能性はありますけど。

>親の税金が増えないでイチバン税金が少なくてすむ…

税金だけを考えるなら、そもそも税金とは、稼いだ額以上に取られることは、特殊なケースを除いてありません。
少々の税金を払っても稼げば稼ぐほど、お母さんは楽になります。

>母子家庭で母親の月収は20万くらいです…

職業は何でしょうか。
職業というより、「社会保険」はどうなっていますか。
また、「家族手当」がもらえている職業ですか。

これらがイエスだとしても、これらは税金と違って全国共通した基準があるわけではありませんので十把一絡げな回答はできません。
いずれにせよ、この 2つがどれくらいになるのかをお母さんに聞いて、それを上回るだけ稼げぐことが肝要ということになります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2009-06-01 17:33:24

お礼

回答ありがとうございます!
130万まで大丈夫なんですか!
よかったです。
調べ不足でした・・・

URL参考にさせていただきます!
ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-06-02 14:39:40

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-