こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

厚生年金受給額よりも生活保護費の方が多い??

厚生年金って一般的なサラリーマンの場合計算したら受給額は一ヶ月あたり13万円前後位ですよね? 65歳から20万円くらい?
生活保護は家賃限度額含めたら毎月13万円ほどです。 なんか生活保護っておかしくないですか?
基礎年金だったら絶対に生活保護受けたほうがいいし(制約あっても) 厚生年金だけで生活でも生活保護の方がいいと思ってしまいます・・・(医療費無料とか保険料無料とか優遇が多いため)

私の地域では生活保護基準表によると・・・(単身者20~40歳)
第一類40,270円 第二類43,430円 住宅費53,700円以内
障害者(軽度)加算17890円(うつ病とかで障害者手帳ある場合でも)

以上、障害者加算なくても137,400円です。
これに国民年金保険料14,660円 国民健康保険料(約10,000円と仮定)免除を加えて162,060円・・・
さらに医療費が無料です。  税金の免除や障害者手帳取得すれば市営地下鉄や市バスがある地域はそれも無料。

結果、単身世帯の生活保護の人は働かなくても20万円ほどの収入を受けてると思ったほうがいいかもしれません。
20万円(手取り)って下手すると高卒サラリーマンで到達するには何年かかりますか? まあ、賞与があるからなんとも言えませんが・・・
知り合いの高卒の新卒者は「手取りが14万だった・・・」と嘆いていました。

現在、私は社会福祉士の勉強をしています。
先日、療育手帳(知的障害)を取得しました。
障害者福祉論が科目にあるため、税控除や障害年金や生活保護を受給されやすいと思ったからです。(手帳持ってて損することってプライドくらいですが私にはありません)
行政も、所詮は書類主義なので東大生もこの手帳は取ろうと思えば取れます。(私は3流大学で東大生ではありませんが申請は誰でもできるので行政を試したのです。知能テストなんかあってないようなものでした)

次は精神保健福祉手帳を考えています。(うつ病と思って精神科行けばすぐに薬も出るし診断書と要意見書が発行されます。薬はすでに出ていますが飲むか飲まないかは・・・)
これもなんとかなってしまうのが現実です・・・
なんとかならないのは身体障害だけです。

それに障害年金受給すれば、生活保護のケースワーカーの就労指導も半減します(知り合いにケースワーカーがいるので聞いた)ので、先に障害年金です。

厚生年金は65歳でやっと20万円ほどです。
なので、(生活保護制度が変わってないと仮定)65歳に向けてタンス貯金や本人以外の口座で金銭管理してしまえば生活保護を申請できてしまいます。(役所も名義が変わってはそこまで調べられないそうです)

何がいいたいかと言うと「無知」は悲しい!
だからせめてOK WEBの人達に生活保護というものを知ってもらいたいのです。 普段、税金払っているのだから社会保障受ける権利はありますし、白い目で見られるのはどっかに「生活保護って楽だな~」とかいうのがあるんだと思うんです。
だってPCも現在は認められるんですよ?
障害者にあわよくばなれば、それこそ市バスとか無料でしょ?
高額所得者はそのままがんばったほうが得です。
ワーキングプアがこの国には多すぎる!
65歳で20万以上稼いでいる人って少ないと思いますし、若者でも現在は厳しいです。 水際作戦は司法書士や行政書士・弁護士や共産党議員や創価学会の協力があれば役所も弱いのですぐに申請が通ります。
NPOかなんかの人たちでもいいです。
現在、生活保護の人って160万人でしたっけ?
たぶんワーキングプアが全員申請すれば200万人をすぐに超えるでしょう・・・
あと、老人ホームも無料で入所できるので、いちばんいいのは65歳までは損得考えて選択すればいいけど、65歳からは貯金を0にするか別枠にすれば、あとは自動的に死ぬまで生かされるのです。

なんか福祉の勉強すると勤労意欲が・・・・・・・・
温かい福祉かなと思ったのですが・・・
みなさんどう思いますか?

投稿日時 - 2009-05-06 09:24:31

QNo.4935133

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「厚生年金」と「生活保護」の毎月の手取りが仮に同じ『13万円』だったとしても、その中身には雲泥の差がありますよ。

厚生年金もらってる人というのは、それなりの会社を定年まで勤め上げた人が大部分なワケですよ。つまり、退職時には退職金がガッポリ出ているだろうし、現役時代に蓄えた貯金もあるだろう。家屋敷やマイカーを所有している人も多い。つまりほとんどの場合、月々13万の年金以外にも、可処分資産はたっぷりあることが多い。
対して生活保護は、原則家も車も貯蓄もダメ!!本当に毎月13万の収入だけに頼って、やりくりしていかなきゃならない。
そんな生活、貴方してみたいですか!?まぁ・・・

>(手帳持ってて損することってプライドくらいですが私にはありません)
・・・こういう発言が恥ずかし気も無くできる方には、屁でもないのかも知れませんが。

もうひとつ忘れている視点。
日本の生活保護制度は、いつまでも未来永劫、今のままで存続するとは、小生は考えておりません。
現に今でも、国や地方自治体の財政の、かなりの部分が生活保護費によって食いつぶされています。少子高齢化や長引く不況の影響で、役所の歳入はこれ以上劇的に増加することは無いでしょうが、生活保護費のほうは、民衆の味方を気取る一部マスゴミのプロパガンダの効果もあってうなぎのぼりです。余談ですが質問者様もここの「教えて検索」を使って、一度「生活保護」を検索してみることをオススメします。「どうすれば楽して上手に生活保護を受けられるか」みたいなレベルの低い質問が、わんさかヒットしますよ。

・・・つまり何が言いたいかというと、いずれ近いうちに、生活保護費という限られた「パイ」の奪い合いが始まるだろうことは、想像に難くないのです。
実際、ここ数年の間に、生活保護費のうちの老齢加算や母子加算などは相次いで廃止になっちゃいましたし、北海道滝川市での不正受給問題以降、医療機関への受診に制限をかける動きも加速しています。就労指導だって、厚生労働省が主体的に音頭とって今後ますます加熱していくでしょう。
今後生活保護精度がどのように変化していくかは、誰にもわかりませんよ。

>何がいいたいかと言うと「無知」は悲しい!
まぁ、この部分に限っては激しく同意します。
>タンス貯金や本人以外の口座で金銭管理してしまえば生活保護を申請できてしまいます。
>(役所も名義が変わってはそこまで調べられないそうです)
・・・これ、実際実行してもしも役所にばれれば、生活保護法違反と詐欺罪で犯罪者ですから。それだけは知っておいてください。

投稿日時 - 2009-05-09 13:38:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

267人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

 で、あなたはそれを実行したいですか。
 「一生働かずに、生活保護を受けて暮らしていこう」というのも、結構大変です。
 だから、精神障害者の人でも、知的障害者の人でも、みんな、作業所に行ったりしているのですね。要するに、「労働体験」ですね。
 統合失調症の人の書いたサイトでも、「一生生活保護はその人の人生にとっては良くない」と書かれていました。
 『最初は、(親元で暮らすより)良いように見える。しかし、一生、使えるお金が増えないというのは精神状態にとって良くない。貯金が増えていく楽しみもないし』という趣旨の事が書かれてありました。で。『結局、変な趣味に走ってしまい、(食事の摂取状態が悪くなり)健康状態を崩す』と。

 本当は、生活保護費から、貯金をしていこうというぐらいの精神状態でないと、一生生活保護というのが、精神的に厳しいです。要するに、「この生活水準が一生変わらない」(確かに変動もしないが)という状態になるのですから。

 引きこもりと同じですね。引きこもりする人は大抵精神状態が普通ではないです。普通の精神状態なら、「一生引きこもり」なんてやってられませんよ。普通は外出したくなります。それが出来ない、したくなるのが、引きこもりという病気な訳で。

 福祉の実験をするのは、良いと思います。でも、それを、一生続けられたら、多分、あなたの精神状態は、他人から見れば、まともではないと思います。多分、実験程度にしか、生活保護で生きる人生はいきれないと思います。それが、普通の精神状態というものだと思いますが。

 ちなみに。親の遺産も拒否するつもりでしょうか。生活保護を受けていると親の遺産も受けれないし。ついでに言うと、親(三親等まで、連絡が行くと言われています)は、この『一生生活保護で生活する』生活設計をご存じでしょうか。自分だけがそのつもりでも、親兄弟、親戚もその考えに同意していないと、無理だと思いますが。
 まあ、冗談ですよね。実際にやるとなると。普通の親なら、「お前は結婚しないつもりなのか」「子どもも持たないつもりなのか」(「子どもを高卒であきらめさせるつもりなのか」)と言われると思います。
 
 まあ、結局、普通の、勤労可能世代の人が考える話ではないという話ですね。
 実際、大抵の生活保護受給者は、高齢者か、障害者か、母子家庭かですね。一番多いのは、高齢者です。つまり、普通は生活保護自体は、「働けない」人しか、出ないし。ついでにいうと。そういう人でないと、「もらう気にならない」というのが一番大きいと思います。「誰が一生生活保護で暮らしたいか」と。精神的に追い込まれていなければ、普通はそう思います。自殺を考えている人なら、知らないが。普通はそうだと思います。
 実際、生活保護というのは、「自殺防止のための政策である」ような気がしますし。生活保護でないと暮らせない人が、もらうものが(それでないともらえない)生活保護の趣旨ですし。
 
 みんなが働いている時に、家で一人でいるのも悲しいですよ。要するに、そういう問題です。休んでうれしいのは、たまにだからです。いつも家にいるのが楽しい人は、あまり普通ではないと思います。

投稿日時 - 2009-05-08 16:54:01

ANo.2

生活保護基準生活費=生活保護支給額ではありませんよ。

基準生活費-(収入額+手持金・資産等)=支給額ですから、実際に支給されている額は、現物給付の医療扶助を除くと、平均して受給者1人当たり7万円弱ほどです。

また、基準生活費が単身世帯で月額13万にもなるのは、東京など一部の大都市だけです。
地方郡部の高齢単身世帯だと、家賃込みでも月額9万円弱、家賃抜きだと6万円強です。

夫婦2人世帯の場合、年金は個人単位の制度なので、それぞれが満額受給できますが、生活保護は世帯単位の制度なので、2人世帯の1人当たり支給額は、単身世帯2世帯分の合計額よりずっと少なくなります。

投稿日時 - 2009-05-07 06:45:23

ANo.1

Z31

>生活保護は家賃限度額含めたら毎月13万円ほどです。 なんか生活保護っておかしくないですか?
基礎年金だったら絶対に生活保護受けたほうがいいし(制約あっても) 厚生年金だけで生活でも生活保護の方がいいと思ってしまいます

生活保護を弁護するわけではありませんが、生活保護をうけるには、一切の財産が有ってはだめなんですよ。

持家、生命保険、自家用車、貯金、血縁者の援助、その他金目のものはすべて、お金にかえて、生活費にあてて、それでもだめな場合に、生活保護が受けられるのです。

行政のケースワーカーや民生委員からは、常に生活態度を把握されていますし。

あなたは、それでも「生活保護受給」の生活を選びますか?

単に、生活費の額の多い少ないの問題ではないのです。

投稿日時 - 2009-05-06 10:11:48

あなたにオススメの質問