こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社会保険料の徴収の仕方。

社会保険料の金額がいつも保険事務所からくる金額と健保等級が合いません。前の経理の方から引継ぎで教えていただいた計算方法が違うのでしょうか?
1.社会保険料と厚生年金の算出の仕方は、総支給額(給与+交通費)から標準報酬月額保険料額表から算出すると聞きました。

例)月収60万で交通費が6,300円だった場合、総支給額は606,300円となります。表からすると保険等級30級で620,000円のところの保険料となるはずですが、社会保険事務所からくるものと照合すると、1等級下になっており、月額590,000円のところになります。
これは、どういう基準で考えればよろしいのでしょうか?

補足)報酬月額以上~未満の中に入っている数字を基準としていました。

以上、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2003-03-04 11:15:30

QNo.488915

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

まず、健康保険料と厚生年金保険料(いわゆる社会保険料)は
毎年5月~7月の3ヶ月間の平均をもって決定しています。
(注:今年からは4月~6月に変更になります)
ですので、毎月毎月の給与によって標準報酬月額が決まるのではなく、
この毎年1回の「定時決定」で1年間の標準報酬月額が決まります。
他にも、固定給与の大幅な変動により、「随時改定」と言って
変動後の3ヶ月間の平均を取って決定する場合もあります。
ちなみに、健康保険料の標準報酬月額上限は980千円、
厚生年金保険料の上限は620千円です。

例の場合だと、去年の5~7月の平均額が620千円に
該当する金額だった、または、固定給与の変動があったときに
とった3ヶ月の平均が620千円だった、ということです。

投稿日時 - 2003-03-04 14:08:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-