こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

事業所得と給与所得がある場合の控除額

複式簿記の青色申告での事業所得が100万円、
それとは別に給与所得が100万円あるとします。

その場合の控除額は青色申告の特別控除65万円、
給与所得控除65万円、基礎控除38万円で
課税所得は32万円

所得税率5%で所得税は1万6千円で正しいでしょうか。

投稿日時 - 2009-03-11 17:07:24

QNo.4787942

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

念のため、
「青色申告特別控除前の所得が100万円」、
それと「給与所得ではなく給与収入が100万円」
であれば質問者の通り所得税額は1万6千円です。

投稿日時 - 2009-03-11 17:22:54

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

健康保険料や年金の保険料を払っていればその分控除できますし、生命保険に加入し保険料を払っていれば、その控除もあります。

ですので、通常ならもっと所得税安くなります。

投稿日時 - 2009-03-11 18:04:13

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-