こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

脳梗塞による入院・通院の保険について教えて下さい

母57歳会社員(会社で厚生年金・社会保険加入)が突然の脳梗塞で入院をしました。入院中は点滴治療と(手術なし)リハビリ同時で進め12日で退院しました。入院費領収書は20万8865円でした。
今後の治療は週1の診療(内服薬をもらいます)と+後遺症のリハビリ通院週1→合わせて週2を言い渡されています。

そこで質問なのですが、
・母の加入していた医療保険(COOP・たすけあい女性プラン)で病気・ケ ガによる入院は出るとのことですが、通院の補償はケガのみとのこと で通院費に関しては請求することはできないのでしょうか?
 →保険屋に電話した所、入院した日に申請をした時に脳梗塞なので病気ですと伝えたので「病気?といいましたよね?なら出ません」と回答されました。逆に「脳梗塞は病気ですか?」と聞き返しましたが「初めに病気の申請と言われましたよね」とのことでその場では電話をきりました。
何かいいアドバイスがあれば教えて下さい。

・その他補償を受けとれることがあれば教えて下さい。
 高額医療費控除は年末の確定申告の際に領収書を出せばお金が戻って くるのでしょうか?

・また母の会社から社会保険?関係で月の2/3程度の月々のお金がも らえると聞いたのですが会社からの用紙に記入すればいいとおもうの ですが・・・

おそらく後遺症が幸にも手、足にほとんど残らず構音障害(ろれつが回らない)のみで障害者認定には値しないと思います。

通院費の減額や入院費(支払い済)の控除の方法などお分かりのことを教えて下さい。宜しくおねがいます。

投稿日時 - 2009-02-23 23:47:50

QNo.4743875

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

大きな後遺症も残らなかったようで、不幸中の幸いでしたね。


1.通院費について

CO・OP共済は、ケガの通院しか保障していません。
脳梗塞は言うまでもなく病気ですので、保障の対象ではありません。
いいアドバイスも何も給付の対象ではないのですから、請求しようがありません。入院給付金のみしっかりと請求してください。

2.高額療養費について

医療費の窓口負担は原則3割ですが、一定以上を越えた部分については1%の負担で済みます。これが高額療養費の制度です。
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

病院の請求のうち、食費など全額自己負担になる部分と健康保険適用になる医療費の内訳が分からないのですが、仮に18万円が医療費、残りが自己負担分だとすると医療費の総額は60万円(その3割が18万円)。
高額療養費の適用で本来の医療費は83,430円で済みますので、差額の96,570円は加入している健康保険から返金されます。
会社の健康保険を扱う担当部署に必要な書類を提出すると、数ヵ月後に振り込まれます。
ただしこれは入院が月内で済んだ場合。月をまたがって入院した場合はその月ごとに計算するので、1月に10万円、2月に10万円かかったなどという場合は残念ながらほとんど戻ってきません。

確定申告については、支払った医療費(通院を含む)から高額療養費の返金分とCO・OP共済の入院給付金を差し引いて10万円を超える場合に、医療費控除を受けることができます。所得控除なので、税金がいくらか安くなるという程度。あまり期待しないほうがいいかも。


3.傷病手当金
病気で4日以上休業し給与がもらえない(または減額された)場合は、健康保険から標準報酬日額の3分の2が支給されます。有給休暇を消化したという場合には当然給与は出ているので、その日は支給の対象になりません。
これも、会社の健康保険担当の部署に申請してください。

投稿日時 - 2009-02-24 00:40:54

補足

1.通院費について
脳梗塞は病気であると思っていたのですが、COOP共済に確認した際に「ケガによる脳梗塞ですか?」との問いが来たので、
「脳梗塞だから病気と伝えたのですが、ケガですか?病気ですか?」と聞き返した所、とにかく初めに病気と言われましたよね?となったので思わず質問しました。はっきりした回答を保険屋にしてもらえなかったのでそういう診断もあるのかと思いました。脳梗塞は病気であると思います。ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-02-24 20:43:31

お礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。
いざ手続きをしようと思っていても何がどれくらいの事があるかも分からず、やはり受けられる補償は受けたかったのでとても助かりました。

これから高額医療費について必要書類等を、必要場所へ行く手続きを調べたいと思います。

>大きな後遺症も残らなかったようで、不幸中の幸いでしたね。

本当にその通りなのです。
母一人、子一人な家なもんでしっかり支えていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-24 20:57:12

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-