こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

第三者の名誉,プライバシー権

民事訴訟において原告,被告が主張するもの(訴状,答弁書,準備書面)に,第三者の名誉を棄損したりプライバシーに係る事については法的には何も制限はないのでしょうか?
また 原告と被告が争いのないものとして認定される事実には,第三者が犯罪者となってしまう事があっても認定されますか?

投稿日時 - 2009-02-21 23:59:56

QNo.4738039

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

民事訴訟においては、どのような証拠方法を提出しても良いとされています。
制限はありません。有名な判例では盗聴したテープを証拠方法として
提出しても良いとされました。
もちろん、いたずらに他人を侮辱するような争い方をすると、
その行為が犯罪となる可能性がありますが、
そのことと、証拠方法として提出できるか否かは別の問題です。

弁論主義の帰結から裁判所は原告・被告間で争いのない事実に反する判決をすることができません。
絶対的真実(神様の目から見た真実)とは異なり第三者が犯罪者となる判決もありえます。
ただし、判決の効力は原則として原告・被告間にしか及ばないので、
その第三者が法律上の不利益を被ることはありません。
(もちろん、事実上の不利益はありえますが・・・)

以上、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2009-02-22 00:11:08

お礼

回答ありがとうございます。
重ねて質問になりますが,いたずらに他人を侮辱するような争い方をすると、
その行為が犯罪となる場合は,名誉棄損罪でしょうか?侮辱罪でしょうか?

投稿日時 - 2009-02-25 02:55:16

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-