こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

確定申告による所得税0円以下について

30代のサラリーマンです。
今回、平成20年中の入居分の住宅ローン減税を確定申告します。住宅ローン減税分で源泉徴収額がほぼ0円となる場合に、追加で、その他控除(医療費控除等)を申告することで、所得税が見かけ上マイナスになります。このように当該年度に使える控除をすべて申告し、所得税を見かけ上、大きくマイナスとすることで何かメリット※はあるのでしょうか?
また、住宅ローン控除のみを確定申告した場合と上記の場合で、翌年6月から徴収される住民税への影響に違いは出るのでしょうか?
教えてください。

※例えば、医療費控除等は、住宅ローン減税のような税額控除でなく、所得控除のため、住民税の基礎となる所得が減り、結果、住民税が軽減される等。

宜しくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-02-03 00:24:03

QNo.4684533

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

>住宅ローン控除のみを確定申告した場合と上記の場合で、翌年6月から徴収される住民税への影響に違いは出るのでしょうか?
出ます。
住民税にローン控除ありません。(平成18年末までに入居した場合は税源移譲の関係でありますが)

>所得控除のため、住民税の基礎となる所得が減り、結果、住民税が軽減される等
そのとおりです。
医療費控除を申告しておけば、住民税の計算の際所得から控除されますので、当然、その分住民税は安くなります。
申告してなければ控除されません。

所得税が全く0円なら、所得税ではなく住民税の申告を役所にすればいいです。
少しでも、所得税がかかっていれば所得税の確定申告をすればいいです。

投稿日時 - 2009-02-03 08:01:46

ANo.1

0とマイナスは同じことと思います。
ちなみに社会保険料控除のみにして、生命保険控除は申告から外しました。
住民税の対象所得は給与所得及び雑所得など収入面で、控除額には関係ないと思います。

投稿日時 - 2009-02-03 06:43:33

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-