こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ国家公務員は辞退者が多いのか?

毎年の主要な大卒行政職の国家公務員試験受験結果をみると国家II種は採用予定者の4倍、国税専門官では2倍強、裁判所事務官では3倍強の人数を最終合格させています。つまり、最終合格しても辞退するケースがめちゃくちゃ多いのです。

ところが地方公務員試験では採用予定者数の1倍強しか最終合格者を出していません。つまり、最終合格したが辞退者するという人が少ないのです。

この差はどこに原因があると思われますか?

転勤の有無でしょうか?

投稿日時 - 2009-01-27 14:14:39

QNo.4665365

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

(1)転勤の有無。(というか、長距離の転居を伴う転勤の有無。但し、県・市の職員でも東京事務所などがあれば仕方がないです。)
(2)地方職員でも中央からの出向者が上司になってしまうこともあるが、国IIに対する国Iみたいな目の上のたんこぶがあまりいないと思われる。
(3)なんと言っても給料が地方の方が高め。
(4)地方の方が仕事がそれほどキツくないケースが多い。時給換算にすると(3)と相まって更に差が開きそうですね。

投稿日時 - 2009-01-27 15:54:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-