こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

行政書士の資格の生かし方

私には二人の兄がいます。一人は三十歳でフリーターで今は家でゴロゴロしてます。
もう一人の兄は精密機械関係の会社で総務兼経理の二十六歳。でもこの兄は会社を辞めたがってます。マンネリなんでしょうかね、、、。
こんな兄たちですが、共通してるのが何気に行政書士の資格を持っているのです。一番上の兄は大学の法学部時代に取得、次男の兄はその長男の影響で専門学校時代に取得しました。
二人には「だったらその資格生かして働けばいいじゃん」と言うと、
一番上の兄は「まともな職歴が無いから資格持ってても意味無い」というし、次男の兄は「行政書士の資格にちなんだ職歴が無いからなー・・・・」といった感じです。

そこで質問なんですが、
(1)行政書士の資格を生かせるのは法律事務所勤務じゃないとダメなんでしょうか?
(2)民間で生かせるんでしょうか?
(3)その資格所有者を切望している業種ってあるんでしょうか?
(4)次男の兄は総務にいますが、総務でその資格って生かせないものなんでしょうか?
兄をなんとか立ち直らせたいのです。どうか良いアドバイスをよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-01-26 19:18:30

QNo.4663215

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、行政書士試験合格=行政書士ではありません。
あくまでも行政書士会に登録して初めて行政書士になります。
つまり、自分で行政書士事務所を開業するかまたはどこかの行政書士事務所に就職するかのどちらかです。
また、行政書士会に登録するには登録料(東京では約30万円)が掛かります。
つまり、行政書士会に登録していなければ、行政書士ではなく、あくまでも行政書士会に登録ができる資格を有しているだけです。

行政書士じゃないのにも関わらず行政書士と名乗って業務を行った場合には罰則があります。

ただ、勿論行政書士試験に合格したということはある程度法律を理解しているとは評価することはできます。

よって、一般企業の法務部に勤務することができる可能性はあります。
また、法務部として独立した部署ではなく総務部が業務を行っている場合もあります。

ただ、法律は毎年改正されるし、判例も毎年新しいものが出てきますので、法律を1回学べばすむものではなく、常に勉強をしなければ、持っている知識は陳腐をし、使い物にならなくなります。

多分、ご兄弟はその辺を一番理解していると思います。
だからこそ、ご兄弟は後ろ向きの発言をされていると思います。

投稿日時 - 2009-01-27 16:57:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-