こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜロシア選手が最近活躍していないのですか

つい何年か前まで、
スルツカヤ、プルシェンコなどのスター選手がいたロシアですが、
なぜ最近上位に入れないのでしょうか?

またロシアの名コーチのタラソワやモロゾフが日本人のコーチになっていますが、ロシアの後進を育てなくっていいのでしょうか?

投稿日時 - 2008-12-20 22:20:14

QNo.4571144

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>Overcome

失礼いたしました。そういえばヤグ様のEXBってそれでしたね。
いやそれでは無くBookです。
あの中に書かれている要旨として個人的に感じたことはヤグディンは早くから国際大会に出る機会があり、その中で各国選手の表現力を自分なりに咀嚼しその好奇心からそれまでタブー視されていたコーチの変更を自ら行い、ソルトレイクで栄冠に輝いた。
片やプルシェンコは元々素質があり、ロシア国内でも優等生だった故にミーシンコーチの言うとおり滑りきってトリノで攻めきってロシアを栄冠に導いたというアプローチこそ違えど行き着くところは同じだった。

両名とも決して仲が悪いわけでは無く、リンクの上では「本当にしのぎを削っている」それだけの間柄であるのだが、問題はロシアコーチの指導法でしょうか?
基本的にロシアの場合コーチ変更をすることは稀で、変更することによって国内から世界大会の出場への推薦を行わないと言う閉鎖的な考えが2000年ごろまでは当然の如くあり、そのツケが回っているのではないかと考察いたします。

本はAmazonか何かで探せばあると思いますよ。

投稿日時 - 2008-12-23 02:13:09

補足

本は図書館にありましたので、
早速読みます!!
レビューを見ましたが、
大変に興味深いです!

投稿日時 - 2008-12-23 09:53:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(6)

ANo.5

日本では注目されにくいアイスダンス、ペアではそこそこのレベルは保っていますが、やはりシングルに関しては正直つらいですね。

そして
>イカサマ判定があったのですか??
恐らくソルトレイクオリンピックに於いてのフランスジャッジのことを指しているんだと思うんですが、内容の要旨はこんな感じです(詳しくはウィキで)
「アイスダンスとペア競技に関して、ペアではロシアに金を有利なジャッジを下すからアイスダンスではフランスに有利なジャッジを下してくれ」と

その結果、ペア競技ではロシア、カナダ共に甲乙つけがたい内容でしたが競技終了時点ではロシア、カナダの順番で金、銀と順位が付けられましたけどそれにカナダ側が抗議してカナダも金という判定が下りました。

一方アイスダンスはフランスの両名が獲得したのですが、それに輪をかけて女子シングルではコーエン、ヒューズ、クワン、スルツカヤとの逆順位だったと思いますが、SP4位のヒューズが無難な演技でFPを終え、コーエンがFPのカルメンで2回転倒、クワンもシェラ・ザードで1回転倒、イーラ(スルツカヤ)はトスカで転倒こそなかったもののバランスを崩したのが2回ほどあり、ヒューズが逆転優勝に繋がりその評点そのものに世界中が疑問を持ったのは、当時評判になりました。

さて本題ですがロシアの場合確かにソルトレイク世代(ヤグディン、プルシェンコ、アブト)など良いアスリートが切磋琢磨していましたが、ヤグディンの引退によってかなり勢力図が変わって来たんだと思います。
言い換えるとこのBIG3があまりにも大きな壁でありすぎて、越えるのに時間がかかると言うのか、もっとわかりやすく言うとヤクルトの古田敦也無き状態の捕手争いと言ってもいいのではないかと思います。

まぁセルゲイ・ドマノフ辺りが頑張っていますが、コーチとしてウルマノフやイリヤ・クーリック辺りが動いてくれるとありがたいんですけど。

一方女子シングルは意外と呪われているんですよね。
ロシア出身となるとイーラ、マリア(ブッテルスカヤ)、エレーナ(ソコロワ)位しか国際舞台に立てる選手がおらず、イーラとエレーナで何とか3枠貰ってボルチコワ辺りが滑り込んでいた感はあるんです。

それとコーチの役割というか報酬制度が他国と異なるみたいですね。
この辺りはヤグディンのOvercomeに書かれているので興味があったら読んでみてください。その辺りにヒントがあるような気はします。

投稿日時 - 2008-12-22 01:31:01

お礼

ありがとうございます。

ソルトレイクの件は、新採点のきっかけになるような事件でしたよね。詳しくありがとうございます。

ロシアはしばらく時間がかかるという見方でしょうか?

ヒントもありがとうございます。
Overcomeってエキシビジョンの??でしょうか?
本もあるのでしょうか?
探してみます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-22 22:20:08

ANo.4

ロシアはフィギュア・スケートの総ての種目で強いと思われがちですが、女子のシングルに関しては、近年、イリーナ・スルツカヤ選手が傑出して強かったほかは、歴史的にも必ずしも強くなく、そのスルツカヤ選手も含めて、オリンピックの金メダルにはいまだ届いておりません。アイスダンス、ペアスケート、男子シングルに関しては、伝統的に強豪国でした。ペアスケートに関しては、実力の低下と言うよりは、むしろ中国の台頭が著しいことがあると思いますが、アイスダンス、男子シングルに関しては、その実力に幾分、陰りが見えてきたようにも見えます。 
フィギュア・スケートは、本来、施設や訓欄に膨大な投資を必要とするスポーツであり、選手やコーチの個人的な才能や努力だけでは、実力を維持することは困難です。国の威信を賭けて国家がスポーツ選手を強力にバックアップしたソ連時代とは違って資本主義社会となったロシアでは、経済的支援が不足している面があるのかも知れません。しかし、2014年にソチ・オリンピックを控えているので、プーチン首相は、現在、強力にバックアップしていることと思います。過去の遺産として、世界中に大勢の優秀なコーチ陣を擁しているロシアは今後とも決して侮ることの出来無い潜在的な強豪国でしょう。

投稿日時 - 2008-12-22 01:08:25

お礼

わかりやすい説明をありがとうございました。

また冬季オリンピックが予定されているのですね。
ロシア女子がオリンピックの金メダルをとっていないとは
本当に意外です。

ロシアはバレエもあるし、
フィギュアのセンスがある国なんだと思いこんでいました。

やっぱり莫大なお金がかかるので、
なんらかの事情で、不足があるのかもしれませんね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-22 22:10:03

ANo.3

全然詳しくないので、間違っていたらごめんなさい。
私は勝手にソヴィエト時代の人材育成計画がストップ。
国が優れた人物を選んで英才教育していた時代(個人の自由がなかった時代でしょうか。)が終わって、スケートしたい人がしている時代になったからかな?と思っています。
結婚も優れた遺伝子を作るために、好きな人でない相手と無理やり結婚とか本当にあったのか?ですけど。
国が全面的にバックアップがなくなったのが、一番の原因なのでは?と思っています。

でもシンクロは今も強いですよね。
なのでどうしてここまで落ち込んでしまったのか、?です。
お金がかかるスポーツだからなのでしょうか?
ヤグディン、プルシェンコのような選手が出てくるといいですね。

投稿日時 - 2008-12-21 20:39:46

お礼

ありがとうございます。
旧ソ時代の最後の選手がプルシェンコぐらいだと
聞きましたが、やっぱりあの体制が選手を育てたような印象がありますよね。フィギュアはお金がかかるスポーツだから、
国のバックアップは大きかったのかもしれませんね。

シンクロは強いですね、確かに。

やっぱりロシアの人って氷の上で絵になりますよね。
また名選手が見たいです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-21 21:09:37

ANo.2

タチアナ・タラソワ・コーチは以前はアメリカに住んでいましたが、2005年からロシア・スケート連盟の顧問をしており、現在はロシアに帰ってロシアの後進の指導をしています。フィギュア・スケートは大変国際的なスポーツであり、コーチや選手は必ずしも国の枠にこだわらずに相互に行き来して振り付けや指導を共有しています。海外渡航や海外居住が比較的自由になった現在では、様々な自由が制限されていた昔と異なり、国と個人の関係をあまり厳格に考える必要は無いのでは無いでしょうか? ニコライ・モロゾフ・コーチやタラソワ・コーチのような人間国宝のような名コーチが特定の国の選手だけに独占されるとしたら、それは世界のフィギュア・スケート界にとっての大損失です。

投稿日時 - 2008-12-21 11:53:33

お礼

ありがとうございます。
タラソワコーチは現在ロシアに在住ということは
聞いていたのですが、指導もされているのですね。

あまり国のワクにとらわれるスポーツではないんですね。
日本だったら、優秀な指導者が海外に流れたら
問題視されかねないような気がしますが、
フィギュアスケートはそういうスポーツではないんですね。

モロゾフコーチは若いのに国宝級なんてすごい才能ですね。
参考になるお話をありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-21 21:05:23

ANo.1

やはりイカサマ判定がばれて、公正に審判しないといけなくなったからではないでしょうか。
今までいろんな競技で日本が強いとルール改正されてきましたが、日本に有利なルール改正は史上初かもしれませんね。
ロシアの名コーチは単に優勝が狙える人を選んでいるか、金の問題でしょう。

投稿日時 - 2008-12-21 02:17:51

お礼

さっそくありがとうございます。

イカサマ判定があったのですか??

コーチも当然選手を選びますよね。
それだけ有望な選手が日本にいるってことでしょうか?
お金の問題もあるでしょうね。

投稿日時 - 2008-12-21 21:01:32

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-