こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学の学部による就職の不利有利について

僕は高校生の男子です。
まだ大学をはっきりと決めてはいないのですが、学部は文系に絞って目処は立てています。
今考えているのは法学部、文学部、経済学部です。
もちろんその大学のレベルによるのですが、狙っているのはMARCHレベルです。
大学生の先輩に聞いてみると「文系はほとんど営業ばっか」と言われました。別に営業の仕事が嫌いという訳ではないんですが・・・。
一般社会的に見ても、理系の需要が多いんだと思います。
やっぱり文系は不利なのでしょうか?また、文学部の就職先についてもよく分からないのでどんな会社に行かれる方が多いのか教えて欲しいです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-11-30 16:58:39

QNo.4519141

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(5)

ANo.5

文系ならかろうじて特徴をだせるのは経理やファイナンス関係か人事部でしょうか。

高校生なのに、自身の進路を考えて偉いですね。

結論から言えば、技術系を目指すことです。
文系でも パソコンは好きなのでは?
システム開発なら なんとかなると思います

世の中 厳しいですよ。

リクルートという会社に勤めている知人は文学部出身の男ですが、文学部の出身であると自己紹介するのが恥ずかしくて、ラグビー部です、と言い、笑いを誘って逃げるそうですが、毎回言うと 失笑を買うとか。
技術系を選ぶことです。

投稿日時 - 2008-11-30 20:30:29

ANo.4

物には決定の順序があります。
電車に乗るなら特急か急行かより、
行く先を決めるのが先決です。
就職を考えるなら、職種を決めるのが先ですよ。
職種を決めずになんとなく有利か不利かと考えても
意味がありません。
職種の志望がウヤムヤなのだから、
行きたい文系に行って、
事務系公務員になることを中心に考えればよいでしょう。

投稿日時 - 2008-11-30 18:14:55

ANo.3

 「文系はほとんど営業ばっか」というのはある程度当たっているかもしれませんが、理系だってみんなが研究開発に行くわけではありません。普通のサラリーマンであれば、新人の仕事としては営業が多いのは当然で、その中からいずれ企画や総務・人事など管理部門へといく人材が出てくるものです。
 「一般社会的に見ても、理系の需要が多いんだと思います」というのは思い込み。大卒者を一番働き手としてほしいのは、やはり営業部門でしょうね。
 それから、「文学部は就職に不利」というのも間違った思い込み。法・経済などに比べて文学部の就職内定率が低い傾向はありますが、学部間の有利不利なんてない。教員志望や大学院進学者、就職にあまり熱心でない人が、他学部に比べて文学部の学生にもともと多いので、それが数字に表れているだけ。

投稿日時 - 2008-11-30 17:43:06

ANo.2

大学は就職予備校じゃないですよ。
教師や医師になりたいなら別ですがまだしも、その他の学部では就職するための勉強をしているわけじゃありません。
法学部だって司法試験の勉強をするわけではないし、経済学部で会計士の勉強をするわけではありません。
工学部だって学部卒レベルでは企業の開発部門では即戦力にはなりません。(大学院卒が普通です。)
大学の4年間は一生のうちでもっとも時間を自由に使える時期です。
自分を磨くことをまず考えましょう。そのために一番興味がある学部に進学し、よい師や友人を作り、よい経験を積んでください。

投稿日時 - 2008-11-30 17:39:42

ANo.1

逆も然り。
文系の人が理系の職種に就く事もザラですし
理系の人が営業をやらされることもザラです。

MARCHだから安定だと思うのならその考えは捨てたほうが良い。
学歴で見てる所は官僚クラス。
後は挨拶やコミュ力があり、見た目も良い人材を狙ってます。

文学部の就職先はよく知らないので答えられませんが
理系だから需要があるのではなく、専門的な知識だからこそ需要がある。
そう思ってください。

大学に行く事を就職先の事だけで決めるのは些か残念だと思います。

投稿日時 - 2008-11-30 17:06:53

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-