こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

国民年金と厚生年金

最近、企業勤務から個人経営の小売店舗に転職しました。それに伴い年金が厚生年金から国民年金になりました。給与は厚生年金時代が年収600万で今が740万です。雇い主からは、厚生年金に加入していないからもし加入していたら将来もらえるであろう分を前借り(?)という形で給与に上乗せしていると言われました。最近、少し不安に思うのは600万でもいいから厚生年金加入の方が得では?って思うようになってきています。確かに年金行政は破綻寸前で年金自体将来的にもらえるかわからないですし。もらえたとしてもその受給開始年齢が遅くなってしまうこともありうるでしょう。ちなみに現在37歳です。年金は受給資格要件を満たし、年収は今後ほとんど変わらないという前提であれば、どちらが得なのでしょうか?他に捕捉しなければいけない要件等あれば教えてください。追加します。

投稿日時 - 2008-11-30 15:15:52

QNo.4518914

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>年金は受給資格要件を満たし、年収は今後ほとんど変わらないという前提であれば、どちらが得なのでしょうか?
 ・貴方が将来受給できる年金は
   国民年金(老齢基礎年金)と厚生年金(老齢厚生年金)になりますが
 ・厚生年金から国民年金のみになったことにより
   将来の老齢厚生年金の金額が増えない事です(厚生年金加入期間の標準報酬と加入年数により金額が決まりますから、現在厚生年金に加入していないので増える余地はない)
>雇い主からは、厚生年金に加入していないからもし加入していたら将来もらえるであろう分を前借り(?)という形で給与に上乗せしていると言われました
 ・であるなら、国民年金基金に加入されて、将来の年金額を増やす事は出来ます
  国民年金基金は国民年金加入者の老齢厚生年金みたいなものです
:国民年基金の説明(国民年金基金)
http://www.npfa.or.jp/about/shikumi/index.html

投稿日時 - 2008-11-30 21:33:01

お礼

早速のご意見ありがとうございました。そうですね基金がありましたね!早速資料を取り寄せて検討してみます。ありがとうございました!

投稿日時 - 2008-11-30 23:16:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-