こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

金属板の挿入

「間隔dだけはなれた極板A、Bからなる電気容量Cの平行板コンデンサー、起電力Vの電池とスイッチからなる回路があって、スイッチを閉じたまま、厚さd/2の金属板を極板A、Bに平行に極板間の中央に挿入した。このときの極板A、B間での、極板Aからの距離と電位の関係を表すグラフを書け。」図が無いので、文字で説明すると上の極板と金属板、下の極板と金属板の極板間隔は共にd/4です。

解答には、上の極板と金属板、下の極板と金属板の電位差は共にd/2と書いてあったのですが、なんでなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-11-03 20:27:31

QNo.4451417

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。

挿入後の状態は、極板間の間隔がd/4 のコンデンサ2個を直列つなぎしたものと全く同じです。

挿入前
V----スイッチ-----------|    |---------------GND

挿入後
V----スイッチ-----------| |---| |---------------GND


おそらく、これだけで理解していただけると思いますが。


(たぶん、金属板が V/2 に帯電しているという前提があるのだと思いますが。)

投稿日時 - 2008-11-03 21:26:01

お礼

ありがとうございます
参考になりました!!

投稿日時 - 2008-11-06 22:53:32

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

#1さん回答で、中の金属板の電荷が0(中央2枚の電極の電荷が大きさが同じで逆符号)、という条件があれば良さそうに思います。

投稿日時 - 2008-11-04 10:04:44

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-