こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳の添削をお願いします。

こんにちは。今日も、お世話になります。

The context in which the words are spoken, or the way in which they are said will tell us which of the possible speaker-meaning is intended.

「言葉が話される文脈、もしくはそれらがどのように
言われているかは、おそらく話し手が言いたいことのうち、
どれが本当に意図しているのかを教えてくれるだろう。」

もう少し、きちっとした日本語にできないものかと
自分で思いながら、今の自分のレベルはこんなものでした…

もう少し分かりやすい日本語にするとするなら、どんな
感じでしょうか?できるだけ原文を崩さずに訳をしていただけると
幸いです。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2008-10-28 12:08:48

QNo.4436040

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

> The context in which the words are spoken, or the way in which they are said will tell us which of the possible speaker-meaning is intended.
「言葉が話される文脈、もしくはそれらがどの様に言われているかは、おそらく話し手が言いたいことのうち、どれが本当に意図しているのかを教えてくれるだろう。」

the contextとthe way の句さえ上手く抑えれば、問題のない文章のようですが、何度も読むとANO1さんがご指摘をしている
“which of the possible speaker-meaning is intended”
を如何に捉えるかが出題ようです。

単語や句がand やorで2つ以上くくってある文章では、片方の意味が分からなければ省略して下記のように読むが鉄則です。

The way in which words are said will tell us which of the possible speaker-meaning is intended.

何度も読むと分かると思いますが、キイワードは“which of the”で、このwhichは関係代名詞や接続詞のように捉えるのでは無く、whichそのものが持つ意味を理解すると訳ができます。

このケースのwhichとは『どちらか・・ですので選択肢が2つ有る』と理解をすれば、“どちらか”一方のpossible・・可能性がintended・・意図されると解釈をすれば良いはずです。

The way in which words are said
は、“話し方”・“話の仕方”・“言い回し”の何れかを宛がうだけでよいはずです。
which of the possible speaker-meaning
は、『2つ有る選択肢で可能性の高い話し手の意味』
which of the possible speaker-meaning is intended
は、『2つ有る選択肢で可能性の高い話し手の意図している意味』
とすれば、
話の仕方が、tell us教えてくれる、2つ有る選択肢で可能性の高い話し手の意図している意味を・・・

言い換えれば『貶しているのか、ほめているのかは話の仕方で分かる。』

これさえ分かれば、締まった文章に書き換えられますよね。

Contextは、添付辞書の例題にある最後の方で使われている(words before and after 言葉の前後)が適切ではないかとおもいますが、文脈としても意味が崩れないと思えばそれで良いと思います。

参考URL:http://vocabulary-vocabulary.com/dictionary/context.php

投稿日時 - 2008-10-28 23:07:52

お礼

お返事が遅れてしまい、申し訳ありません。
whichが疑問詞で使われており、そう訳さなければならなかった
のですね。tell usは分かるというニュアンスで訳せば、
訳がすっきりいきますね。

考えさせられるご回答でした。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-14 20:22:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

ちょっと今時間が無いので、簡単に答えます。

質問者様の訳が不自然な日本語になっている原因の一つは、物が主語になっている事ですね。英語ではモノや事柄が主語になるのは極めて普通ですが、日本語は、殆どの場合主語は人です。(日本語の主語がよく省略されるのは、主語が人(大抵は話し手か聞き手)だから、省略しても通じるからです。)

あなたは、"S will tell us・・・"の所を、「教えてくれる」と訳されていますが、これだとどうしても、事柄を主語にせざるをえなくなるので、tell usの所を意訳して、

「"The context in which the words are spoken, or the way in which they are said"によって、"which of the possible speaker-meaning is intended"がわかるのだ。」

という構造で訳してみてはいかがでしょう。これなら、「わかる」の主語は人なので、自然な日本語になります。

投稿日時 - 2008-10-28 12:42:55

お礼

お返事が遅れてしまい、申し訳ありません。
S will tell usのところが、やはり分かりやすかったです。
日本語と英語はやはりそういう観点から見ても異なるものですね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-14 20:23:46

-広告-
-広告-
-広告-
-広告-