こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

JRを『私鉄』と呼ぶことに対し、違和感を感じますか?

国鉄分割民営化から20年以上が過ぎました。

JR東日本、JR東海、JR西日本の3社は、
ここ何年かの間に次の条件を満たすことにより、
既に『完全民営化』を果たしております。

A,非特殊会社化により商法上の会社となっている。
B,株が全て民間に売却されている。

※なお、JR北海道、JR四国、JR九州と、
 JR貨物は、依然として特殊会社のままです。

よって、上記のJR本州旅客3社は、
法的には他の民営鉄道と何ら変わりがありません。

しかし、JRは現在でも他の民営鉄道と区別され、
地図上で違った記号で表記されております。
実情として、JRは世間一般において全く、
私鉄としては認識されていないと思われます。

さて、その是非はさておいて、
本州のJR各社を『私鉄』と呼ぶ人がいたとすれば、
皆さんは違和感を感じると思いますか?
具体的にどのような違和感を感じますか?
詳しい理由とともに説明をお願いします。

投稿日時 - 2008-10-21 23:49:14

QNo.4419739

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>よって、上記のJR本州旅客3社は、
法的には他の民営鉄道と何ら変わりがありません。

いや、そんなことないでしょ。

民営化を果たした3社にしても、国土交通省が一定の権限を保持し続けてますから、”純粋”な私鉄とは言い難いのでは?
↓の「平成13年(2001年)6月22日の改正」を参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%85%E5%AE%A2%E9%89%84%E9%81%93%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E5%8F%8A%E3%81%B3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%B2%A8%E7%89%A9%E9%89%84%E9%81%93%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

投稿日時 - 2008-10-22 01:24:36

お礼

ご回答ありがとうございます。
リンク先の記事を拝見いたしました。
完全民営化を果たした本州旅客3社についても、
国交省が現在もなお一定の権限を持っており、
他の民営鉄道(私鉄)とは異なるようですね。
これは知りませんでした。感謝いたします。
旧国鉄の事業を引き継いだJR各社は、
公共の利益に資するという性格が、
やはり私鉄より強いのでしょうね。

投稿日時 - 2008-10-26 19:44:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(8)

ANo.8

民営化がなされたのは史実なのだから、少なくとも私個人としては断固として、私鉄の範疇にぶち込みますね。(笑)

JR各社なり、国交省が他の私鉄や第三セクター更には地下鉄etcと一線を画したいなら、現東京メトロが営団形態だった如く、営団なり公団なり、或いは他の有限会社等の形態を採用に代ればすむ事でしょう。
でも、それを怠っているのはJR等の側で、この点を完璧にクリアしてから、本来は差別化を図るべきだった、と思うのです。 私は・・・

従って、私にはこの点に関して違和感は絶無なのです。

投稿日時 - 2008-10-24 12:32:42

お礼

ご回答ありがとうございます。
そういう考えの方もいらっしゃるようですね。
二人目ですね。

投稿日時 - 2008-10-26 22:14:30

ANo.7

JRを私鉄と呼ぶなら、私鉄じゃない鉄道ってなにがあるでしょう?一部の地下鉄と第三セクターくらいなものですか?
JRと他の民鉄を分けなくなるなら、そもそも私鉄という言葉自体が消滅すると思います。

JRが日本民営鉄道協会に入っていないうちは、JRを私鉄と呼ぶのには違和感があります。

投稿日時 - 2008-10-22 17:14:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

>JRを私鉄と呼ぶなら、私鉄じゃない鉄道ってなにがあるでしょう?一部の地下鉄と第三セクターくらいなものですか?

地方公営地下鉄と、埼玉高速鉄道みたいな
第三セクター鉄道くらいでしょうね。

旧営団地下鉄の後身である東京メトロも、
JRグループほどではないにせよ、
私鉄と呼ぶのには違和感がありますね。

>JRが日本民営鉄道協会に入っていないうちは、JRを私鉄と呼ぶのには違和感があります。

ちなみに、東京メトロは営団地下鉄時代から
民鉄協会に入っていましたよね。

JRは今後も加盟するような雰囲気はありませんね。

>JRと他の民鉄を分けなくなるなら、そもそも私鉄という言葉自体が消滅すると思います。

他の方の回答にも書きましたが、
昔は鉄道事業を管轄する法律が、
国鉄とそれ以外の鉄道に
大きく二分されていましたからね。
「日本国有鉄道法」と「地方鉄道法」です。

このような法律の区分が無くなった今でも、
民営鉄道と公営鉄道を区別する機会よりも、
JRとそれ以外の鉄道を区別する機会の方が、
日常生活では圧倒的に多いと思われます。

それに、全国ネットワークを持つ鉄道は、
現在でもJRグループだけですね。

やはり「私鉄」という言葉の存在は、
理に適っているのかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-10-26 22:12:34

ANo.6

「私鉄」自体も怪しい呼び方で、経営者側は「民鉄」と呼んでいるので、JRも「民鉄」にしちゃえば。

投稿日時 - 2008-10-22 09:34:57

お礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど。
やはりそういう考えの方もいるようですね。

投稿日時 - 2008-10-26 20:09:47

ANo.5

「違和感を感じます」
が、もしそうなっても・・・「最初のうち」だけで、しだいに慣れるとは思いますが。

「国鉄」→「JR」になった当初も、「違和感ありました」もん。

「JR」と「私鉄」の「単なる区別のための呼び名」として、定着していますから、両方とも「私鉄」にされちゃうと、私のような「国語(標識)オンチ・方向オンチおじさん」は、困っちゃうんです。
慣れるまで、大変です。

投稿日時 - 2008-10-22 09:26:12

お礼

ご回答ありがとうございます。

>「国鉄」→「JR」になった当初も、「違和感ありました」もん。

私は国鉄民営化の時にはまだ子供だったし、
国鉄時代に生まれながらも
旧国鉄は利用することがないまま民営化したので、
これに関して詳しいことはわかりません。

去年の郵政民営化の時よりも、
国鉄民営化の時の方が、
社会的インパクトやそれに伴う違和感が
強かったのでしょうか?

>「JR」と「私鉄」の「単なる区別のための呼び名」として、定着していますから、

確かに、現在でも便宜上の区別のために、
私鉄という言葉が定着しておりますね。

国鉄が民営化した現在においても、
首都圏地域に住むと、
公営地下鉄と民営鉄道を区別して考えるよりも、
JRとそれ以外の鉄道を区別して考える方が、
利用者としても多いと思います。

確か、国鉄が民営化する前までは、
鉄道事業に係る法律も、
「日本国有鉄道法」(国鉄を管轄)と、
「地方鉄道法」(公営地下鉄と私鉄を管轄)に、
分かれていました。

このような法律上の区分は現在ではありませんが、
事実上は今でも、全国ネットワークを持つJRは、
他の鉄道事業者とは別格なのかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-10-26 20:08:00

ANo.4

↓を見ると、「JR線と私鉄・地下鉄の定期券を~」とJR東自らが告知してますから、一般的に別物だと思われても仕方ないでしょうね。
http://www.jreast.co.jp/renrakuteiki/index.html

JR東自体が「私鉄」だと自覚しているなら、「JR線と他社線の定期券を~」との表記で良いはずでしょ?

それに、JR側に特別な意識が無ければ、IC乗車カードにしても全鉄道会社統一の規格で普及させても良かったはずですよね?

でも、現実はSuicaとpasmoに分かれた分けで、これだけを見てもJR自体が何らかの差別意識を持っている現われではないかと思いますが?

投稿日時 - 2008-10-22 01:41:30

お礼

再回答ありがとうございます。

私もJR東日本をよく利用していましたが、
確かにJRはSuica関連の車内広告で、
他の民営鉄道を「私鉄」と呼んでいますよね。
都営地下鉄や横浜市営地下鉄は公営なので、
「地下鉄」という呼称も、
PASMOを導入している事業者の呼称として
併用しているのでしょうね。

首都圏の公共交通機関の導入ICカードは、
確かにSuicaとPASMOに分かれていますよね。
JR東日本の関連会社である
JRバス関東や東京モノレールは、
「Suica」を導入していますが、
それ以外の事業者は公営のものも含め、
「PASMO」を導入していますね。

投稿日時 - 2008-10-26 19:54:11

ANo.2

違和感「有り」です。
国鉄またはJRには、「全国縦断」の長大なネットワークという側面があり、「私鉄」にそれは有りません。

私鉄という言葉には「関西ローカル」「関東ローカル」「地方ローカル」というニュアンスが漂います。
私は東京都内在住で、JRを通勤で利用していますが、たまに普段乗らない私鉄に乗ると、駅の掲示から車内広告の企業まで、私鉄各社によって全く違います。
でも、JRは東日本でも東海でも西日本でも、違いは有るものの、なにか通じる所を感じます。

JR東日本の電車区間からJR東海の新幹線に乗換え、JR西日本の沿線に帰省するまで、同じ切符で行けるのです。3社を乗り入れしているという感覚は、あまり湧きません。
でも、都内で「東部→メトロ→東急」という3社乗り入れの電車に乗ると、やはり3社のカラーの違いが見えます。「東武の線路を東急の電車が走っている!」という、違和感といえば失礼ですが、意外感は乗るたびに感じます。

やはり、完全に民間資本の会社になったとしても、JRは私鉄には感じられないでしょう。

投稿日時 - 2008-10-22 00:13:16

お礼

ご回答ありがとうございます。
確かに私鉄にはローカルというイメージがありますね。

投稿日時 - 2008-10-25 14:13:29

ANo.1

不採算路線を持ったままで、容易に撤収できません。
新幹線を引き受けることで不採算路線の切り離しがやっと許されますが、そのため莫大な建造費を背負わされます。
私鉄はもともと不動産事業まで含めて不採算となるようなところに路線を作りません。

逆に言えばJRは自分で路線を引いてないし、過去の赤字を完全に背負ってないので株式売却されたといえ、社会の公器としての使命も残されているのかもしれません。法的位置づけが私鉄と同じでも、私鉄とは正直思いません。
できることなら不採算路線をガツガツ切って、余計な新幹線も断ってほしいのですが。

投稿日時 - 2008-10-22 00:05:24

お礼

ご回答ありがとうございました。
JRを私鉄と呼ぶことに対しては、
確かに私も多大な違和感を感じます。
全国規模の鉄道ネットワークという側面は、
他の民営鉄道にはありませんよね。

投稿日時 - 2008-10-25 14:11:27

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-