こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ボクサーやキックボクサーの癖?

ボクシングやk-1選手の試合をみてると、
パンチ打った後によくグローブで鼻の上を触ってる仕草をみかけるんですけど、あれってどういう意味でしてるんでしょうか?

投稿日時 - 2008-10-13 15:46:03

QNo.4398584

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

以下のことが考えられます。
(1)ボクシンググラブは結構重く、無意識の内にガードが下がります。また自分のパンチが撃ちやすい位置に下がります。そのためガードを忘れないように鼻のあたりを掻くという仕草を意図的にしているのではないでしょうか。
   マイク・タイソンはガードを忘れないようにグラブを噛むようにしていたため、パンチンググラブの親指の所が噛み破られていたといいますから、その類のことではないかと思われます。
(2)本当にかゆくて掻いている。

投稿日時 - 2008-10-13 18:26:40

お礼

回答ありがとうございます。
>そのためガードを忘れないように鼻のあたりを掻くという仕草を意図的にしているのではないでしょうか。

なるほど。そういう意でなんですね。
多くの選手がやってるんでなんでかなと思ってました。

>マイク・タイソンはガードを忘れないようにグラブを噛むようにしていたため、パンチンググラブの親指の所が噛み破られていたといいますから、その類のことではないかと思われます。

興味深いお話ありがとうございます。
それくらいガードって徹底しないと忘れてしまうんですね。

投稿日時 - 2008-10-13 19:35:53

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.2

ガードポジション確認の動作のことですね
そうか、鼻を触っているように見えるのか(^^;

投稿日時 - 2008-10-13 18:32:26

お礼

回答ありがとうございます。

あれはガードポジションの確認動作でしたかあ。
鼻を触ってるようにみえちゃいますw

ああやってすることでガードを常に忘れないようにしてるんですね

投稿日時 - 2008-10-13 19:37:27

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-