こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

英語をやり直したい

こんにちは。過去に似たような質問が何度か出されていると思います。私は英語は高校の教科書程度ならまずまず読めますが、リスニングが苦手です。それで、次のような条件を満たすような教材や学習法を探しています。

(1)リスニングを中心に1から出直す。・・・これは肝心なことなんですが、国内ではなかなかいい教材がないんですよ。NHKの基礎英語では
内容が少し幼稚で退屈だし、時間も縛られ長期間のラジオ聴取が必要です。

(2)自然で実用的な英語の表現を覚える・・・中学の英語の教科書や参考書は要点を抑え体系的に編纂されていますが、日常会話で必要な語彙や表現が圧倒的に不足していて、また不自然な文章も目立ちます。それに高校の教科書や参考書は 内容が高度だけで無駄が多いですね。かといてって巷で出回っている本は、カッコいいフレーズを集めただけで、実用的でないものが多いです。

(3)イギリス英語を中心に、アメリカ英語との違い知る。・・・日本の英語教育はアメリカ英語を中心としているものの、イギリス英語の痕跡をとどめつつ、あまりにも「米語」な特徴は排除しています。それに、両国の英語の違いを詳しく書いた本は意外に少ないですね。

以上、アドバイスをよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-09-22 10:26:06

QNo.4347646

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(10)

ANo.10

なかなか理解していただけないようですね。

>ディクテーションのもう一つの問題は、仮に完璧に聞き取れたとしても
>よほどゆっくりでポーズを置いてもらわない限り、書くのが到底追い
>つかないことです。私の場合は筆記体も書けないので尚更です。

ディクテーションは普段の「リスニング法」ではありません。あくまでも、
リスニング力を上げるための「トレーニング法」の1つです。
ディクテーションをする際には、CDでも MP3でもいいので、英文の音源を
用いて、1文、もしくは、文が長ければ、文節毎に音を止めながら、
書き取れば良いのです。速く書ければ、それに越したことはありませんが、
何度も繰り返して「音に集中する」ことの方が重要なので、書くスピードは
関係ありません。それより、ゆっくり話したものを書き取るだけだと
あまり意味がありません。最終的には、ナチュラルスピードの英文を
使って、音を聴き取れるようになる必要があります。

そして、ディクテーションをやったからと言って、普段書き取らないと
聴き取れないということにはなりません。あくまでも耳を作るための
トレーニング法なので、耳ができればそのまま聴き取れるようになります。

質問者さんが経験された英語学習を読ませていただくと、リスニングの
トレーニングをほとんどしなかったということですよね? それでは、
リスニングが苦手なのも当然です。学校での英語学習の環境も、多くの
日本人の経験と大差ありません。日本の学校も、英語の発音が上手い
先生は、そう多くはありません。私の受けた先生もそうでした。

洋画のDVDや 洋楽のCDなどを手に入れることは、日本の方が恵まれている
かも知れませんが、どんな教材でもそれを英語学習として活かしていくかは、
本人のやる気次第でしょう。

ちなみに、私は、ネット上で無料で良質な英語の音源が手に入るような
時代になるずっと前に、NHKのラジオ講座を録音して、それを書き取る
トレーニングを繰り返すことで、リスニング力を鍛えました。

環境や教材ではなく、いかに地道なトレーニングを続けられるか、が
重要だと思います。なまじっか、高度な英語が読んでわかるために、
それが邪魔をして、効率的な学習法ばかりを求め、平易な英文を使った
地道なトレーニングが続かない。そういう人が多いようです。

実を言うと、以前の私もそうでした。それではいけないと気づいたのは、
悲しいことにかなり年をくってからでした。私と同じ過ちを繰り返して
欲しくないので、懲りずにこうやって書かせていただいている次第です。

効率的な学習法で悩む時間が一番もったいない...。その間に、何でも
いいからトレーニングをする。音読でも、ディクテーションでも、
シャドーイングでも、実際にやる方がずっと身になりますよ。

投稿日時 - 2008-09-24 12:37:36

お礼

何度もありがとうございます。No9で「別の言い方をすれば、集中力高く聴くことができれば、ディクテーション
以外でもいいのです。スクリプトを意識しないで、それができれば、
それでいいんじゃないですか? ただ、私はその方法はわかりません。
文章を読んで理解できる方だからこそ、耳ができるまで、スクリプトと
結びつけながら、聴き取る方法が効率的だと思います。」と仰っていますが、これは環境の問題なんですね。周りに英語を話すネーティブがいないけれど、CDやMP3などのディバイスが使える状況下での妥当な方法なんでしょうね。理想的な方法ではありませんが、どうしてもリーディングに比重を置き、CDやMP3でハンディキャップを乗り越えようとしているんですね。

>なまじっか、高度な英語が読んでわかるために、
それが邪魔をして、効率的な学習法ばかりを求め、平易な英文を使った
地道なトレーニングが続かない。そういう人が多いようです。
だから、英語以外の外国語を一からやり直した方が話せるようになる人も少なくありません。つまり、高校レベルの英語を終えた2人が、一人はアメリカに、もう一人は中国に留学した場合、前者よりも後者の方が会話の上達が早いことだってよくあります。これはスクリプトを意識しないからだそうです。

投稿日時 - 2008-09-25 10:21:51

ANo.9

No.4, 7 & 8 です。
「まずリーディングで鍛えろ」と言っているわけではありません。
ほとんどの日本人は、学校で、ほぼ文章だけで英語の学習をして来て
いますよね。質問者さんも高校の教科書なら読めるとのこと。
中国語など他の言語との違いと言えば、そこでしょう。
全く無知の言語だったら、もう少し違う勉強・トレーニングの順番が
あると思います。

リスニング力向上のためには、とにかくその言語を生で聞く時間を
増やさなくてはいけません。そして、聞くときの集中力が高いほど、
その時間を短くできます。ディクテーションは、かなり集中力が必要
なので、短期間で耳が出来るのだと、自分の経験から感じています。
別の言い方をすれば、集中力高く聴くことができれば、ディクテーション
以外でもいいのです。スクリプトを意識しないで、それができれば、
それでいいんじゃないですか? ただ、私はその方法はわかりません。
文章を読んで理解できる方だからこそ、耳ができるまで、スクリプトと
結びつけながら、聴き取る方法が効率的だと思います。

質問者さんはリスニングが苦手と書かれていますが、これまでどういう
勉強法、トレーニング法をしてきたのか、逆にお聞きしたいです。

投稿日時 - 2008-09-24 07:35:57

お礼

ディクテーションのもう一つの問題は、仮に完璧に聞き取れたとしても
よほどゆっくりでポーズを置いてもらわない限り、書くのが到底追いつかないことです。私の場合は筆記体も書けないので尚更です。

>質問者さんはリスニングが苦手と書かれていますが、これまでどういう勉強法、トレーニング法をしてきたのか、逆にお聞きしたいです。
私は中国の日本人学校に通っていましたが、英語に接する機会は日本よりも少なかったです。日本のように気軽に洋画のDVDをレンタルで借りたりも出来ませんでしたし、洋楽のCDを購入するのも日本より困難でした。英語は学校で習っただけです。先ず、次回のレッスンで出てくる単語を辞書で調べるのが宿題に出され、授業では先生が下手な発音で教科書を読み、あとは文法的に解析しながら英文を訳して終わった感じです。

投稿日時 - 2008-09-24 10:02:17

ANo.8

No.4 & 7 です。どうも誤解されているようですね。
No.4 にも No.7 にも書いたように、ディクテーションは、質問者さんが
質問されているリスニング力向上のための方法です。スクリプトを意識
しない方法を見直す、という意味がよくわかりませんが、耳ができるまでは
聞こえている音が、実際にどういう単語やフレーズなのかということが
繋がらない限り、いつまで経っても聴き取れるようにはなりません。
これは、物心つかない頃から育った国の言葉を習得するのとは異なる
方法ですが、それは、既に別の母国語が出来上がっている人にとっては、
必要な作業です。特に、中学、高校と「スクリプト」で習って来た英語を
無駄にしないためには、そういうステップを踏むのが最も早いと思います。

これは実際に自分で経験したことですが、ディクテーションを繰り返して
英語が聴き取れるようになると、それまで読んで理解していた英文が
聴いてそのまま理解できるようになりました。別に「スクリプト」に
置き換えて、和訳して、というステップが私の脳の中で行われている
わけではありません。これは、多読や音読を繰り返すことでも、英語の
即解力が上がって、リスニング力向上につながります。

スクリプトなしでも、という意気込みはあってもいいかも知れませんが、
世の中で英語の達人と言われる人の多くは、英語をたくさん読んでいます。
スクリプトなしで英語の向上は難しいと、私は思います。

投稿日時 - 2008-09-23 19:58:04

お礼

再度回答ありがとうございます。

bono_catさんの方法はオーソドックスだと思います。しかし、それだと
先ずリーディングで英語を鍛えて、ディクテーションでリスニングとリスニングを結びつけてギャップを少しでも縮めようとしているのですね。私はそんな方法が果たして効率的なのか疑問を持ちました。

実は私は中国に長く住んでいました。ですから、中国語は簡単な日常会話ならできます。でも、書けない漢字が多いので意味は聞いて理解できてもディクテーションは苦手です。私の場合は文字を意識しないからこそ逆にリスニングの上達が比較的早かったようです。

英語と中国語では何が違うんでしょうか? 私は別に達人を目指していませんし、中国語と同じくらい英語も話せればいいやと思っています。

投稿日時 - 2008-09-23 23:37:37

ANo.7

No.4 です。ディクテーションの方法について、補足します。
ディクテーションで使う英文は、初見のものを使用して下さい。
スクリプトを見るのは、書き取った英文が正しいかどうかを確認する
時が最初です。わからない単語やフレーズも、何度も聴くうちに、
あの単語だと気が付くときがあります。そういういわゆる a-ha体験を
繰り返すことが大事です。

そして、一度、英語のいろんな音が聞き分けられるようになったら、
後は、ディクテーションよりも、シャドーイングなどをするのが良いと
思います。

投稿日時 - 2008-09-23 16:32:27

お礼

再度回答ありがとうございます。

ですから、スクリプトを意識する姿勢を見直したいと思うんです。
極端なことを言えば、耳で聞いて理解出来ればスペルなんか書けなくても構わないという位の気持ちで臨みたいと思うんです。
英語の音を一々文字に変換して和訳していたら会話できないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-23 18:33:35

ANo.6

No.3です。

>なるほど、TOEICの勉強をするんですね。でも私はスコアとか意識しないでもっと楽しく英語を勉強したいと思います。

1番目の教材は、TOEICのスコア別に分析して紹介されているので誤解されたのだと思いますが、TOEIC攻略講座ではありません。実践的な英語力養成を目的にしたもので、わかりやすい指標としてTOEICを使っているだけです(そのほうが、宣伝しやすいというのもあると思います)。

英語学習において、何をどのようにやれば効率がいいかは、その人のレベルや英語力の内容によって大きく異なります。自分がいまどのあたりにいて、何をやればいいのかを見極めるのに、TOEICはとても便利な指標です。誰でも、同じ教材を同じようにやれば英語力が上がるわけではありません。もちろん、個人個人で内容は微妙に違っているので、こちらの教材の説明のようにすぱっと分かれたりはしないのですが、レベル別に細かく学習法を分けているということで、むしろ「誰でもすぐにペラペラ」といった教材よりも信頼できるし、実用的だと思います。

>それと、2番目に紹介された教材は いくらするんでしょうか?

紹介したページの下の方に記載されているようです。

投稿日時 - 2008-09-22 14:00:17

お礼

再度回答ありがとうございます。

>紹介したページの下の方に記載されているようです。
やっぱり、相当値が張りますね。しかし、値段を隠さないだけ誠実ですね。

投稿日時 - 2008-09-23 10:09:17

それだけ細かく分析なさっていて、楽しくやりたいと希望も決まってらっしゃるなら、ネイティブ向けの英語に触れたほうがいいのではないでしょうか?
基礎知識がおありなら、慣れだけで上達するかもしれませんし。

読むのと聴くのなら日本国内でもいくらでもできると思うのですが。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=AFN&x=0&y=0

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=BBC&x=17&y=17

http://fstc.hp.infoseek.co.jp/link.htm


こういうのが退屈なら、洋画だってありますし、洋書もありますし。
英語で書かれた英語の参考書もありますよ。

参考URL:http://www.hbs.ne.jp/home/saso/toeic%20item115.htm

投稿日時 - 2008-09-22 13:45:50

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-09-23 10:07:17

ANo.4

私も、No.3さんが書かれた後半の「英語上達法」のメルマガを読んでいます。
私も教材は購入していないので、その内容まではわかりませんが、まず
無料のメルマガを購読されることをお勧めします。英会話を習得する上で、
かなり実践的で本質的なことが書かれています。

高校の英語が読めるということであれば、中学レベルの文法を復習するのに
半年も必要ないでしょう。最近、巷に溢れている英文法の本を立ち読みして
気に入ったものを選ばれると良いです。あまり厚くないものがいいでしょう。

リスニングの向上には、集中して聴き取ることが大切です。NHKのラジオ
講座は、きちんと聴き取れるでしょうか? 「聴き取れる」の意味は、
書き取ろうと思えばできるということです。できなければ、何度も繰り返し
聴いて書き取るディクテーションをやってみると良いですよ。私はこの
方法で、飛躍的にリスニング力が向上しました。読んでわかる程度の
英文を使うことと、わからなくても我慢して何度も聴くことがコツです。

投稿日時 - 2008-09-22 12:50:29

お礼

回答ありがとうございます。

ディクテーションは注意して聴くという意味ではある程度有効だとは思いますが、既にスクリプトを暗記している場合は純粋に聴きとったと言えないし、それに、私は従来のスクリプトに頼りすぎる学習も見直してみようと思います。

投稿日時 - 2008-09-23 10:06:40

ANo.3

(1)と(2)については、こちらの教材がいいのではないかと思います。
http://www.icconsul.com/et/

ネイティブのライターが、ネイティブが自然と感じる表現で原稿を書いています。学校英語の知識では多少不自然と思われるような表現もよく入っていますが、実際に生の英語にふれていると、こちらの教材で使われている表現をよくみかけます。

それから、こちらの教材も、あなたのご希望にはあっているかもしれません。私は教材を見たことはないのですが、制作者のメルマガを読んでいる限りでは、かなり妥当なことが書かれています。
https://www.edge24.com/lc0723/index.html

投稿日時 - 2008-09-22 11:19:24

お礼

回答ありがとうございます。

なるほど、TOEICの勉強をするんですね。でも私はスコアとか意識しないでもっと楽しく英語を勉強したいと思います。

それと、2番目に紹介された教材は いくらするんでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-22 11:35:28

ANo.2

リスニングのレベルは高校生程度と考えて良いでしょうか?

私がおすすめするのは次の二冊です

「英語リスニングのお医者さん」西蔭 浩子
http://www.amazon.co.jp/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%8C%BB%E8%80%85%E3%81%95%E3%82%93-%E8%A5%BF%E8%94%AD-%E6%B5%A9%E5%AD%90/dp/4789010961

名前はいかがわしいですが良書です!なにが苦手でリスニングができないのかを把握でき、またその苦手克服を丁寧にやってくれます。リーディングやライティングでも応用につながる基礎というものがあると思いますが、リスニングではまさにこれがそうだと思います。どこの本屋にも売っていると思いますので、一度でにとって見てはどうでしょうか。

「speaking well」Benjamin Willey
https://www.nellies.jp/shop/info.php?isbn=9784791503650
これは洋書で、しかもスピーキング用の教材なのですが、微妙な発音の差や、イントネーションなどすごーーく細かく詳しくやってくれるので、リスニング力がみっちりかたまっていきます。
最初は簡単すぎてつまらなくかんじるかもしれませんが、徐徐にむずかしくなっていきとても手ごたえを感じるものです。こちらは普通の書店においてあるかわからないのですが、見る機会があればぜひ。おすすめします。
(ただしこちらは「日常会話」よりはすこしスピーチ的な文章が多いです。)

イギリス英語とアメリカ英語の違いについては両書とも詳しくはかいていません。このちがいについて書いてある本は最近たくさんみかけるので探してみたら合うのがみつかるのではないでしょうか?

お役に立てたら幸いです。

投稿日時 - 2008-09-22 10:58:26

お礼

回答ありがとうございます。

最初に紹介された本は解説が丁寧そうですね。しかし、英語の発音をカナで書いているところが気になります。

あと、洋書とは気付きませでした。検討してみます。

投稿日時 - 2008-09-22 11:30:52

ANo.1

個人的にはNHKのラジオはお勧めです。
基礎英語はレベルが低いかも知れませんが、レベル別に色々な番組が放送されています。毎日タイマーで録音して、入浴中など暇な時間ににしっかりと聞いてみてはいかがですか?

http://www.nhk.or.jp/gogaku/radio.html

もう一つのお勧めはCNNニュースです。契約をすれば家のテレビで生の英語が聞けますし、サイトからは無料で見ることもできます。
特に、CNNの雑誌(CNN English Express)がお勧めです。

CNN English Express(月刊)は、CNNニュースの中から面白いニュースを抜粋して、その英語、日本語訳、解説、米・英語どちらが使われているか、その他色々な情報が載っています。
付属のCDには放送された英語を録音したものと、それをゆっくりといいなおしたものが入っており、リスニングの練習にはうってつけです。

私も携帯プレーヤーに録音していつも聞いていました。自然と英語に慣れます。
イギリス・アメリカの違いを知りたいのなら、はじめに雑誌を読んでから、違いを意識してCDを聞くのがいいと思います。

http://ee.asahipress.com/index.html

投稿日時 - 2008-09-22 10:42:25

お礼

回答ありがとうございます。

>個人的にはNHKのラジオはお勧めです。
基礎英語は中学校の進度に合わせているので、四月からスタートして3年間でしょ。私としては半年くらいでざっと復習したいと思います。

>CNN English Express(月刊)は、CNNニュースの中から面白いニュースを抜粋して、その英語、日本語訳、解説、米・英語どちらが使われているか、その他色々な情報が載っています。
雑誌形式って一から体系的に学習するには不向きですよね。それに、私としては時事英語よりも、カジュアルな会話を覚えたいんですが。

投稿日時 - 2008-09-22 10:51:28

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-