こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

歌舞伎役者や落語家の呼称について

歌舞伎や落語で、○代目…という呼称があります。しかし三代林家正蔵のように、目を使わないこともあります。
どういった基準で使い分けするのでしょう…。亡くなった場合に、「目」を付ける、と聞いたこともありますが、
詳しくご存知の方がいらっしゃたら、ぜひ教えてください

投稿日時 - 2008-09-13 08:19:41

QNo.4325032

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(4)

ANo.4

落語(東京の)では,基本的に「--代目」と言います.
「初代」は「目」はつけません.(一代目とも言いません)

先代の金原亭馬生師匠は,サイン,直筆の絵などには「十代目」ではなく「十世」という表現をしていましたが,例外であると思われます(馬生という名前が同時期に東京,大阪で存在していた時期があったからです)

現存の方は「当代」という言い方もします.

投稿日時 - 2008-10-02 23:03:30

ANo.3

落語は詳しくないので、歌舞伎についてのみになりますが……

歌舞伎役者さんのサインを拝見すると、○代と書かれていることが多いように思います。

しかし他の人が呼ぶときや大向うなどは○代目と呼ぶことがほとんどです。

このことから、
1、自分では代目というのを使わない?
2、文字で書くときは代、口に出すときは言いやすいから代目を使う?

こんな仮説を立ててみましたがご参考までに。

投稿日時 - 2008-09-14 19:32:56

ANo.2

歌舞伎の場合は すべて00代目とつけると思います。市川団十郎家など300年続き 当代は12代目です。また現・9代目松本幸四郎さんが染五郎から襲名するときはまだ先代・幸四郎さんは現役で幸四郎から初代の白おう(はくおう・難しい字で出てきません)を襲名しました。

 落語家の場合はお子さんが跡を継ぐことはそんなに無く また絶対跡を継ぐということもないようで 取り決めもはっきりしていないかもしれません。

投稿日時 - 2008-09-13 23:56:40

ANo.1

歌舞伎と東京落語は全くわかりません、申し訳ないです。

で、残る上方落語ですが、ファンの間で「○代目」で
通るのは三代目桂春団治師匠しかいません。

春団治師匠が「野崎」の出囃子で高座に登場されると、
「三代目!」と声がかかるほどですから、故人に
「目」を付けると言うこともありえません。

この10月に米団治を襲名する桂小米朝さんが先日、京都の
八坂神社で「お練り」を行われましたが、「五代目!」って
掛け声がかかっていたそうです。
http://www.asahi.com/culture/update/0831/OSK200808310037.html

投稿日時 - 2008-09-13 19:57:08

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-