こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

相続について教えて下さい

遺産相続の手続きで教えてください。
世帯主である父が亡くなりました。相続人、母・子4人。
遺産は、土地と家のみです。
相続人全ての了解のもと(遺産分割協議書への署名捺印)、遺産全てと母親受取人の死亡退職金と死亡保険金(税の対象だが遺産ではない)を全て子の1人へ渡します。
この時、母の口座へ保険金等入金後の、子への資金移動で贈与税にならない(相続税?で処理)方法があればアドバイス頂きたいです。
やはり、代償分割するのが一番良いのでしょうか?でもこれだと1人に全てとは出来ませんよね?

投稿日時 - 2008-09-03 17:51:20

QNo.4300982

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

税理士と司法書士に相談しましょう。

正しいかどうか判断できませんが、子の一人から遺留分請求のような形でお母様から子一人に現金での精算をするという方法はどうでしょうか?

相続人が複数で、遺産が不動産のみで、かつ住居などの場合には単独での相続と他の相続人への金銭での精算を利用することがあります。
これは、あくまでも相続の方法で合法だと思います。しっかりと書面などで残せば、贈与税の調査などで疑われても相続税で完結していれば問題ないでしょう。

相続の権利関係では、行政書士や司法書士が専門です。不動産登記まで含めると司法書士が良いでしょう。
税金関係であれば、税理士が専門です。
総合事務所など複数の資格者や兼業資格者などの事務所を利用されるほうが良いと思います。

素人だけで手続きなどを行うと、思わぬミスが出ることがあります。相続は大きな額の資産が動き、権利関係の法律は難しいです。専門家を活用しましょう。

投稿日時 - 2008-09-03 19:57:34

お礼

御返事ありがとうございます。大変参考になりました。やはり、専門家に相談した方がよい案件なんですね。考えてみようと思います。

投稿日時 - 2008-09-04 02:08:27

ANo.2

以下は大まかな考え方で,細かい点は正確でないことを前提に書きます。
相続税は,具体的な分け方に係わらず課税されます。
あなたの場合は,土地の評価額+建物評価額+退職金+生命保険金から債務等を引いた純資産から,基礎控除額4800万円+980万円×相続人数5を引いた額(課税対象額)を出し,各人について課税対象額の法定相続分に応じた税額を計算します。また配偶者控除があります。
そうすると,約1億近い金額が控除されますので相続税は殆んど問題ないでしょう。

 ところが,死亡退職金と生命保険金は本来母の固有財産ですから,これを一人の子に移すと贈与となると考えられます。
 更に,不動産についても,代償がなく一人の子に相続させると,持分の移動ということで譲渡税の対象になると思われます。
 以上は,理屈だけで,税務の実務では持分移動は課税されないかもしれません。
 ということで,税理士に相談してください。 

投稿日時 - 2008-09-03 19:06:50

お礼

御返事ありがとうございます。大変参考になりました。税理士さんがお勧めとの事なので考えてみようと思います。

投稿日時 - 2008-09-04 02:05:19

ANo.1

死亡退職金と保険金は贈与税の対象になります。
一度母親が受け取り子供に移動すれば贈与です。

これは不動産でも同じです。

投稿日時 - 2008-09-03 18:25:33

お礼

御返事ありがとうございます。贈与税では金額が多くなると苦しいですので何か方法が無いかと悩みますね。

投稿日時 - 2008-09-04 01:59:34

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-