こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

郵政の保険について教えてください。

簡易生命保険機構(郵便局?)の
「かんぽ生命保険」を利用しています。
種類は「普通養老保険」です。

毎月、月末に郵便局の人が集金?・・に来ますが。
効力発生年月日が・・平成17年の4月です。
毎月、18420円支払っています。
そして、平成33年 3月で「基本契約払込み満了」「特約払込満了」となっているのですが・・。

この契約内容については、申し込む時急いでいた為
母が郵便局の人と話し(家で)私が急ぎの仕事の時だったため
署名、捺印をしたと思います。
(自分の保険なのに曖昧で申しわけないです!)

この保険は積み立てだと思うのですが・・。
満了する前・・たとえば今すぐ・・みたいな感じで解約した場合は
どれくらいの金額が戻ってくるのでしょうか?

それというのも普通の「三井生命」の保険も入っているので、
(契約内容にもよりますが・・)

2つ加入している事は当たり前の事でしょうか?

その辺に関して・・
1つだけにするとか、こんな場合なら勿論2つとも・・など
アドバイスをお願い致します。
ちょっと曖昧な質問でご迷惑お掛けいたします!
宜しくお願い致します!

投稿日時 - 2008-08-30 10:07:50

QNo.4289773

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、その郵便局の保険は積み立てタイプです。平成33年に満期を迎え、保険証書に記載のある満期金(+配当金)を受け取ることができます。
解約については、郵便局の窓口に行くか集金の人に尋ねてみてください。電話では個人情報の問題で教えてくれないでしょう。

それから、三井生命との兼ね合いですが、二つの保険の「かぶり具合」によって判断されてはどうでしょうか。
大雑把に死亡保障(死んだ時)と医療保障(入院や手術をした時)にわけて、どの程度の金額の、どんな内容の保障があって、どの程度あなたが必要だと思う額と内容を満たしているのか、といった具合で見るといいと思います。
例えば、気楽な独り身なのに死亡保障が1億も入っているなら大幅に削ってみるとか、入院した時に1日1000円しか支払われないならもっと入院保障を手厚くしてみるとか。ガンのある家系ならガン保険を付け加えてみるとか。
要は手にする保障とそれに対する保険料のバランスです。いわゆる「フル装備」がいいのは当たり前ですが、その保険料を支払うために日々の生活が苦しいのでは意味がありませんよね?

まず最初に、自分の保険の内容をきちんと把握することです。それをしないと何にも始まりません。
契約される時にきちんと話を聞いていない(これ、本当は非常に大変な問題なんですが・・・・・・)ようですが、今からでも遅くはありませんのでもう一度きちんと説明を受けてください。

投稿日時 - 2008-08-31 02:37:54

お礼

とても細かく、丁寧に・・
ほんとにほんとにわかりやすく書いて頂き感謝しています!!
普通・・
>契約される時にきちんと話を聞いていない(これ、本当は非常に大変な問題なんですが・・・・・・)ようですが、今からでも遅くはありませんのでもう一度きちんと説明を受けてください。

・・というお答えに関しても「お叱り」を沢山頂いてもよいところなのにも関わらず、暖かくアドバイスとお説教(悪い意味ではないですので)
その他、一つ一つのたとえをもとに、本当に詳しく説明していただいたお答えです。
平日の昼間の休みが殆ど無いような状況の中でも・・。
何とか時間を作り「郵便局」「保険会社」に足を運び、
今一度、自分の事ですので、新たな気持ちと、はっきりとした判断により、きちんと決め直すつもりで頑張っていきたいと思っています!!

★自分の保険をしっかり把握する事★
この言葉を今一度頭に入れ、早速行動してみたいと思っております!!

本当に沢山の例からの、細かいお答え有難うございました。
心から感謝し、御礼を言わせて頂きます!!

投稿日時 - 2008-08-31 03:09:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

現時点での解約払戻金がどれだけあるのか、かんぽに聞くのが正しいと思います。
心積もりとして、7割ぐらいでしょう。
特約がどのようなものか分りませんが、特約によっては、もっと減る可能性があります。

保険にいくつ入るか、ではなくて、総額いくらの保障なのか、ということが重要です。
保険は貯蓄ではありません。かつてのように解約払戻金が大きいということもありませんから、不要な保障は削るべきです。

投稿日時 - 2008-08-30 16:57:38

お礼

お答え本当に有難うございます!!
全然わからない事が色々わかり、本当に助かります!
専門家の方という事から、更に有り難く思います!!
>保険にいくつ入るか、ではなくて、総額いくらの保障なのか、ということが重要です。
・・・そうなんですね~!!
有難うございました!!
また「不要な保障は削るべき」という部分においても、なるほど~!!
・・と教えていただきまして有難うございます!!

たとえば・・の例として・・こんなだったら、これは削る・・など
教えて頂けたら有り難いのですが・・よろしいでしょうか?
是非、ぜひ!!またお答えお待ちしています!!
本当に有難うございます!!

投稿日時 - 2008-08-30 19:01:45

あなたにオススメの質問