こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ボール交換をする理由は?

プロ野球をテレビで観ていると、ちょっとしたことでボール交換します。
バットに当たったらもちろん、落ちるボールがバウンドした程度でも、キャッチャーは審判にボール交換を要求しています。
あれはなぜですか?
その程度でボールの性能が落ちるのでしょうか?
汚れた球を投げるのが嫌なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-08-14 21:36:03

QNo.4251569

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

そのチョッとした程度でも、傷が付いたり、砂が付きます。砂をこすり付けると傷が付きます。
投げた時、その傷が空気抵抗でボールが思わぬ変化をすると、バッターもなかなか打てなくなるし、キャッチャーも取り難い。
ワザと傷つけたり、ボールに何か塗って不正投球も昔はあったとか?
なのでチョッとした事でも交換します。
新品のボールでもピッチャーがおかしいと感じたら交換しますし。

投稿日時 - 2008-08-14 21:44:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

#1さんに補足と言ったらおこがましいですが・・・

>ワザと傷つけたり、ボールに何か塗って不正投球も昔はあったとか?
そんな昔の話しじゃありませんね。

ボールにヤスリ・指輪・爪などで傷を付けるスカフボール、唾、ワセリン、油分などを塗るスピットボール・・・傷や異物が空気抵抗を生み、予測のつかない変化球になるため、ルールで禁止されています。
この種のルール違反は、日本では滅多に聞きませんが、アメリカ野球などでは最近でも時々耳にしますね。

投稿日時 - 2008-08-14 22:00:38

ANo.2

ボールの性能が落ちるというよりはバッターの打撃、バウンドなどでボールに傷がつくと、ピッチャーがボールを投げたときに余計に曲がったり、あるいは曲がらなかったりと意図しない動きをボールがすることがあります。
それを防ぐためにボールを交換します。

日本では余り見られませんがアメリカ大リーグなどでは帽子の庇にワセリンなどを塗っておき、帽子を直す振りをして指にワセリンを塗り、カーブやスライダーなどの曲がりを鋭くする違法行為を働くものがいます。
こうした細工を施したボールをスピット・ボールといい、こうした違反行為は見つかると大変なペナルティーを受けます。

ボールを頻繁に交換するのは、このスピット・ボールと同じ効果がボールに生じるのを防ぐためです。

こうして交換されたボールは、チームがグラウンドでの練習のときに使います。

投稿日時 - 2008-08-14 21:47:42

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-