こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネット通販における個人情報の保護

何度も取り上げられている事なのでは?とも思ったのですが、サイトを通じて買い物をする度に疑問が日増しに強くなり、質問させていただくことにしました。
サイトを通じてどこかのお店もしくは個人から買い物をした後、購入者である私の氏名、メール・アドレス、住所等といった個人情報はどうなってしまうのでしょうか?売り主であるお店(個人)の側で破棄されるか、流出を防ぐために顧客のデータ管理としてちゃんと保護されているのでしょうか。個人情報の保護や漏洩問題が叫ばれて長くなっている昨今ですが、やはり、本当に「安心して買い物できる」とは言い難いような気もしています。例えば、チェーン展開している中古ブックストア等から本やCDを購入したり個人レベルで何かを取引きするにいたるまで。PCのセキュリティということもあるでしょうが、ネットで買い物をしたその後、私の情報がどうなっているのかが気にかかります。たぶんに私の神経質な性格もあるのでしょうが、どうか、よきアドバイスをよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-08-11 00:32:50

QNo.4242737

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

私もサイトを通じてよくショッピングします。それぞれの規約を見ると分かります。役所の文書のようで非常に分かりづらいですよね。

>サイトを通じてどこかのお店もしくは個人から買い物をした後、購入者である私の氏名、メール・アドレス、住所等といった個人情報はどうなってしまうのでしょうか?

あとこちと共有されます。

有名な楽天のプライ針シーポリシー
http://privacy.rakuten.co.jp/

「個人情報の収集について」を読むと、利用情報のみではなく、「お客様のコンピュータがインターネットに接続するときに使用されるIPアドレス、携帯端末の機体識別に関する情報」まで書かれています。つまり、PCのMACアドレスを取得されているため、IPが変わっても、個人は特定できます。MACアドレスは同じもので、世界に一つしかない機種の識別番号ですから、IPよりも怖いです。

「利用目的について」を読むと、(6)サービス提供者への提供というのがあり、リンクがあります。http://privacy.rakuten.co.jp/#5 なども、「 個人情報等の取り扱いについて」は、「当グループ間で共有」となっています。ここでは、当グループとは、16社あります。この16の会社にもそれぞれプライバシーポリシーがあります。そして、同じように、またそれぞれの「当グループ間」があるわけです。そうなると、ネズミ講式的に、「グループ間」が莫大に拡がります。ましてや、IPなら個人は特定できないものの、PCを特定するMACアドレスまで取得されていると、ある懸賞サイトや、Webメールで、本当の氏名や生年月日、電話番号を書くと、無限大の「当グループ間」で情報をやり取りするため、個人の特定は簡単になります。gooのメールを取得するとき、本名を書いてあれば、OKwaveで偽名を使って登録しても、相手は全てを、お見通しということになります。また、怖いのは、懸賞サイトです。懸賞サイトは必ず本名などを書きますので、非常に危険です。

>やはり、本当に「安心して買い物できる」とは言い難いような気もしています
これはその通りだと思います。

>たぶんに私の神経質な性格もあるのでしょうが、どうか、よきアドバイスをよろしくお願いします。

いえ、決して神経質ではありません。むしろ、日本人のプライバシーに関する意識は、諸外国に比べて低いです。スパイウェアに対する意識も、日本人は、多分、ネット先進国の中でも最下位のような気がします。

私のアドバイスは、
1) 懸賞サイトに応募しない
2) むやみにWebメールをとらない
3) できれば、ルータは、MACアドレス偽装機能付きのものを購入する
4) ルーター接続でないならば、MACアドレス偽装のソフトを導入する
5) あるサイトにログインしたら(MSN,Yahoo, Goo、Googleなど)、そのあとはすぐにIPを変える習慣をつける
6)クッキーやキャッシュはできるだけ細かに削除する。(この点では、Firefoxの設定で自動的に削除できるので、IEよりは安心です)
7) Javascriptを必要最低限のみ許可する。
8) ネットで購入時に、電話番号は、プロバイダーのIP電話にする。090のものです。090には応答せず、固定か携帯にしか出ないようにする。荷物の配達時に、電話があったためしがないです。
9) 購入時、カード情報を覚えさせたりしない。不必要なメールもチェックをはずし、受信しない。できれば、カードより、振込のほうがよい。

googleが、車で町中を走って、写真を撮るサービスを始めましたね。いつ撮られるかわかりません。申し出た人しか削除されない。google曰く、「現代社会において、完全なプライバシーなどいうものは存在しない」。
これが本当のところでしょう。

そして恐ろしいことは、今の日本は、金がさえあればかなりの不正を行う状態にあるということです。ISPは警察や裁判所からの正当な開示要求がなければ、個人情報を外に漏らすことはないことになっています。しかし、このモラルなき社会では、袖の下を通して開示を依頼し、ISPの社員がコソッと端末を打つことも十分あり得ると私は考えています。食品偽装がこの状態です。IPを漏らすこともないとは言えません。国家機密を漏らす人間さえいるのですから。まさに、モラルなき社会です。疑い始めればキリがありませんが、これだけ様々な不正があると、ISPやネット通販会社、あらゆるサイト(Yahoo, MSN, Goo, Google など多くのサイト)を疑ってしまうのはやむを得ないでしょう。

長文失礼しました。誤字、乱文、お許しください。

投稿日時 - 2008-08-11 02:16:40

お礼

とても参考になりました。ありがとうございました。
「便利だから」と安易にwebでの買い物をついつい利用しがちになっていますが、何も知らずに世話になるというのは恐いものですよね。
ご返答を頂き、これで少し気持ちが晴れました。

投稿日時 - 2008-08-11 12:21:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(1)

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-