こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電気回路 正八面体の合成抵抗

以下の回路の合成抵抗を求めよ、という問題です。
正八面体abcdefを考え、各辺(稜)は抵抗でできている。
一応ここでは、aとfを接続端子としておきます。そして、aとfの位置関係は、aとfが正八面体において最も距離が大きくなる位置関係です。
さらに、正八面体の内側ではどの点もつながっていないとする。(つまり6点は、正八面体の縁取りの辺(稜)でしかつながっていない。)

ここで確認ですが、辺(稜)の数は12本つまり抵抗の数は12個です。

抵抗の値はa-b間、a-d間、c-f間、e-f間の抵抗は2R,
他の8つの抵抗はRとする。
ただし、bとd、cとeの位置関係も、aとfの位置関係と同じとする。

という問題です。

自分で解答を作ってみたのですが、よく考えたらデタラメで絶対間違っています。
そこで、皆さんに質問させていただきました。

まず、端子aへ電流がIが流れ込む。
点aで電流は4方向へ分流するが、a→b間に流れるのは、I/6であり、これは、b,c,d,eへ1:2:1:2の比で分流すると考えたからです。
次に、bからはc,e,fへの3方向へ分流するが、上と同じように考え、fへはI/3流れ込む。
よって、合成抵抗をRoとおいたとき、RoI=2R×I/6+R×I/3より、Ro=R/2となる。

しかし、上記のようにこれはデタラメです。なぜなら、a→c→fの経路でこのような考えを用いれば、値が違ってきます。

他にも考えてみましたが、何も考えが浮かびませんでした。

どなたか、助けてくださると幸いです。
ヒントだけでもいいのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-07-24 00:58:54

QNo.4199629

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

キルヒホッフの法則を使いましょう。

多分,Ro=11R/16かな。

投稿日時 - 2008-07-24 02:34:13

お礼

解けましたぁ~~~(汗
自分の計算も、Ro=11R/16でした。

夜遅くまで付き合わせてしまい申し訳ないです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-07-24 03:37:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

25人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(3)

ANo.3

すいません。
よく見たら、抵抗値が全て同じじゃないんですね。そういうことでしたか。
だとすると、真面目にキルヒホッフしかないかな。
ただ、それでも対称性はあるので
a→b、a→d、c→f、e→fの4つの枝を流れる電流は全て同じ
a→c、a→e、b→f、d→fの4つの枝を流れる電流は全て同じ
b→c、d→eの2つの枝を流れる電流は同じ
ていうのは言えるので、計算自体はかなり簡単になるとは思いますが

投稿日時 - 2008-07-24 03:38:23

お礼

ありがとうございました。

夜遅くまで、すいませんでした。

投稿日時 - 2008-07-24 03:53:09

ANo.2

対称性から、
a→b、a→c、a→d、a→e
の枝に流れる電流は同じです。
というわけで、b、c、d、e の電位は同じです。
なんで、b-c-d-e間には電流が全く流れません。というわけで、b-c-d-e間の4本の抵抗は取っ払ってしまってないものと思ってしまってよいです。

結局、a→b→f、a→c→f、a→d→f、a→e→f、というそれぞれ2Rの抵抗が4本並列にあるだけですから、合成抵抗は、2R/4 = R/2 です。
答えは、結局、質問者さんと同じになりましたね。

>これは、b,c,d,eへ1:2:1:2の比で分流すると考えたからです。
こう考えた理由はなんでしょうか?なぜ、a→cに流れる電流が、a→bに流れる電流の2倍になると考えたのか、ちょっとだけ興味があります。

投稿日時 - 2008-07-24 03:29:16

お礼

分流の考えは、勘です。
単純に、抵抗の逆比になるかと、無理矢理しました。

ところで、最初の方と答えが違っているんですが、どちらが正解なんでしょう。。。

お答え頂いて申し訳ないのですが、実際手計算で11R/16と出ましたので、11R/16が本当の解だと思うのですが。。。

投稿日時 - 2008-07-24 03:42:35

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-