こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学入試の過去問から

高校で過去問に色々と挑戦しているのですが、
問題の解答が腑に落ちないので質問させて頂きます。

(1)次の()内の語を並び替えて文章を完成させよ。
Long life in toyland(is/as/a mystery/as/is/in/much/is/real life)
【おもちゃの国での長生きは、実際の人生のそれと同じくらい不思議だ。】

これの授業での解答は
Long life in toyland is as much a mystery as it is in real life.
だったのですが、 much a mystery の a って何ですか!?
担当の先生に、a は要らないのでは? と質問しましたが、
『as much a ~ as』の表現は基本中の基本だと言われました。

(2)()に入る語を補え。
( )daily,vitamin pills can improve your health.
私的にはTakingが妥当だと考えたのですが、Yahoo知恵袋さんの方に
同じ質問していた方がいて、その方に解説していた人はTakenと答えて
いました。Takingではダメなのですか?

(そのページのリンク)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315910718


自分はまだまだ未熟ですが、英語にとても興味があります。
どなたか解説、宜しくお願い致します。 m(__)m

投稿日時 - 2008-07-16 13:56:17

QNo.4180870

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<much a mystery の a って何ですか!?>

「ある種」という意味で使われている不定冠詞です。

1.まず、不定冠詞aがつくのは可算名詞に限られます。

2.Mysteryが可算名詞だからaがつくのです。

3.不定冠詞aの用法はいろいろありますが、ここでは「種類」を表す用法として使われています。

4.つまり、このaは、同じような性質を持った物の中から、任意に1つだけを抽出して取り出した名詞につけられる不定冠詞なのです。

5.わかり易く言えば、世の中にある様々なmystery「不思議」、おもちゃの国での長生きは、そんな「不思議」の中の一つにあたる、というニュアンスがこのaに含まれるのです。


ご質問2:
<『as much a ~ as』の表現は基本中の基本だと言われました。>

それは説明にはなっていませんね。単なる逃げ口上です。


ご質問3:
<Takingではダメなのですか?>

ダメです。

1.理由は、takeの主語との関係が受身になるので、過去分詞にしなければならないからです。

2.この英文は分詞構文です。分詞構文では、副詞句の主語と主節の主語が同じ場合は、分詞の前に主語は明示されません。

3.ここではTakenで始まり、主語が明示されていませんから、Takenの主語は主節の主語vitamin pillsであることがわかります。

4.これを主語、Takenを動詞にして文を作ると、
vitamin pills take daily(X)
「ビタミン剤は毎日とる」
という能動関係は意味をなさず、

vitamin pills are taken daily(O)
「ビタミン剤は毎日とられる」
という受身の関係になります。

5.従って、分詞構文は本来は
Being taken daily,~
という、be動詞を現在分詞にした形になります。

6.ただ、過去分詞構文の場合は、このbeingが省略されて過去分詞だけが残ったものなのです。ご質問文は、この形になります。

以上ご参考までに。

投稿日時 - 2008-07-17 12:10:42

お礼

非常に分かり易く参考になりました!! ありがとうございます。
(2)に関しては日本語と混同していたので、解消できました。

(1)は、まだスッキリしないのですが・・
仮にas much mystery as や as many mysteries as とすれば
意味合いは どのように違ってくるのでしょうか??

投稿日時 - 2008-07-17 12:48:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

-広告-
-広告-

回答(2)

ANo.1

(1) 「基本中の基本」かどうかはともかく、mystery は可算名詞だから a は必要です。前後がないので日本語でも意味ははっきりしませんが、A is as much ~ as B で「Bと同程度にAも~である」という意味です。他の例文:
She is as much a friend to me as (she is ) a mother.
彼女は私にとって母親であると同時に友達でもある。

(2) 分詞構文は主節(この場合は 'vitamin pills can improve your health' )の主語と一致しますから、take の主語は 'vitamin pills' です。従って「薬」あくまで“飲まれる”のであって、“飲む”のではありません。で、Taking はあり得ません。
他の例:「ここから見るとその岩はライオンに見える。」
× Seeing from here, the rock looks like a lion.
○ Seen from here, the rock looks like a lion.
主語は 'the rock'「岩」ですから、「見る」のではなく「見られる」のです。日本語で判断しては間違えます。

投稿日時 - 2008-07-16 22:36:54

お礼

丁寧な有難うございます。
まだまだ自分にとって、英語は難しいですが、頑張っていきます、

投稿日時 - 2008-07-17 06:06:44

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-